【阪神】島本浩也は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

島本浩也 中学 高校




阪神タイガースで育成契約から支配下登録に這い上がり徐々に頭角を現し、今や強力中継ぎ投手陣の一角を担っている左腕の島本浩也。そんな彼は中学、高校時代はどんな選手だったのでしょうか?

Sponsored Link

島本浩也は中学時代どんな選手だった?

まず出身地は奈良県大和高田市です。奈良県といえば、神社仏閣など多数ありますが、その中で大和高田市といえば、石園座多久虫玉神社(いわぞのにいますたくむしたまじんじゃ)や高田天神社、専立寺など、歴史観光スポットが数多くあります。

 

奈良県の北西部に位置しているので、特に、大阪との文化や経済的な関わりが深いところでもあります。

 

島本浩也選手は大和高田市立高田小学校1年時に「高田ヤマトイーグルス」で野球を始めると、大和高田市高田中学校在学時には、公益財団法人日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)奈良県支部に所属する名門、橿原コンドル(橿原ボーイズ)に所属していました。

 

「橿原コンドル」は、1974年、奈良県橿原市において小学部にて発足し、奈良県で一番最初に連盟加入し、2年後の1976年に中学部が発足されました。

 

現在までに全国大会出場は春、夏通じて23回(春9回、夏11回、ジャイアンツカップ3回)。うち全国優勝2回・準優勝3回(旧日刊選抜全国大会1回、選手権大会1回、ジャイアンツカップ1回)という輝かしい成績をのこしています。

 

その他、タイガースカップ中学生硬式野球関西NO.1決定戦出場3回、関西秋季大会優勝2回を誇ります。

 

毎年、全国各地の強豪校へ進学し、多くのOBが甲子園出場、現在も大学や社会人野球でも多くのOBが活躍しており、プロ野球選手も8名輩出し、その中には元阪神・関本選手やロッテ・荻野選手などを輩出しています。すごいチームに所属していたんですね。

 

島本浩也選手は阪神タイガースでは育成契約からのスタートでしたが、中学時代から名門の環境下で野球に取り組んでいたこともあり、彼にとってしっかりとした地力が備わった時期でもあったと言えますね。それが今の活躍に繋がっているのだと思います。

島本浩也 中学 高校

島本浩也は高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

さて、高校は京都府の福知山成美高校出身です。京都の学校で、高校野球の強豪校と言えば、真っ先に思い浮かぶのは龍谷大平安高校ですが、福知山成美高校も強い学校です。

 

甲子園にも、春3回、夏4回の出場があり、ベスト8の成績をおさめています。島本浩也選手は福知山成美高校進学後、2年春にベンチ入りし、投手として同年秋の京都大会準優勝に貢献。

 

その後の近畿大会1回戦のPL学園戦で、10奪三振1失点完投勝利を収めるなどの活躍でチームをベスト8進出に導きました。

 

その一方で3年時に他部員の不祥事によりチームが対外試合禁止処分を受けており、その影響もあって島本浩也選手は甲子園大会には縁がありませんでした


福知山成美高校はプロ野球選手も輩出しています。主な選手は、柳田殖生選手(元中日)、横山徹也選手(元楽天)、そして1学年後輩にあたる桑原将志選手(DeNA)です。

 

さて、そんな島本選手には、大きなドラマがあります。橿原コンドル時代にバッテリーを組んでいた吉川将聖捕手が、柳ヶ浦高等学校進学後の2009年に野球部のバス横転事故で急逝してしまいました。

 

ともに活躍を誓った仲だっただけに、ショックも大きく、一時期は自暴自棄になり、野球に対する情熱を失いかけていたそうです。そんな島本選手を救ったのは、やはり吉川選手との約束だったそうです。

 

甲子園への道は絶たれたものの、プロへの道はまだ残っていると考え直した島本選手は不屈の精神力で立ち直ります。

Sponsored Link

 

島本浩也選手の高校卒業後は?

甲子園に縁がなく、目立った活躍ができなかったために、ドラフトでは上位に指名されることはなく、育成ドラフトで2位の指名でした。

 

支度金200万円、年俸300万円で背番号「126」という状況でプロ生活がスタートしました。プロ1年目は1試合1イニングのみの登板という苦しい状況でした。しかし、そこから徐々に頭角を現していき、2015年には中継ぎ候補として春季キャンプに参加しました。

 

そこで同じ奈良県の生まれで、現役時代に高卒の左腕投手として、活躍した名投手である江夏豊から高く評価され、2015年の春季キャンプで江夏氏から直々に指導を受けることができ、そこで飛躍のきっかけを掴みました。

 

江夏氏からは「体は小さいけど投げっぷりがいい」と評されました。2015年は18試合に出場し18.1回を投げて防御率は8.84という成績でした。かなり打たれてしまい1軍の厳しさ知ったのではないでしょうか。

 

しかし、その後は着実に成績を伸ばしていき2019年には中継ぎとして63試合に登板59.1回を投げて防御率1.67、11ホールドという素晴らしい成績を残しています。勝っている試合だけではなく、接戦の試合でも任されるなどチームに大きく貢献しました。

 

本当に阪神ファンにとっては頼もしい存在といえますね。

 

通算成績は2019年終了時点で、105試合登板104.1回を投げて5勝0敗1セーブ、14ホールド、防御率3.54となっています。2020年開幕に向けて順調に調整が進んでいるようですし、今年も期待できそうですね。

 

最速150km/hのストレートを軸に、スライダー、フォーク、シュート、チェンジアップなどの球種を持ち、中継ぎには欠かせない度胸も併せ持つ。そんな彼の今後のますますの活躍に注目していきたいと思います!

 

島本浩也は結婚してる?子供はいる?

島本浩也選手は2018年の3月に結婚しています。奥さんは福岡出身の同い年の一般人女性とのことです。

 

2013年の8月に知人の紹介で知り合い、その後、交際をスタート。食事や栄養の管理をしてくれて、マネージャーのように島本浩也選手の野球生活をサポートしてくれたそうですよ。

 

奥様のお顔の画像は公開されていないようですが、タレント・皆藤愛子似のスレンダー美女なんだそうですよ。美人で家庭的でサポートもしてくれるということで本当に素敵な奥さんなのでしょうね。

 

奥さんと結婚してから体も大きくなっていき、成績も残せるようになってきたということで奥様のサポートも大きかったのではないでしょうか。

 

お子さんについては2020年3月時点では情報がないようなので、子供はまだ誕生していないようです。まだ若いですし、これからでしょうかね(^^;

 

島本浩也選手は手術をした?

島本浩也選手選手は2019年10月に手術を受けたそうです。その後の経過は順調で調整も進んでいるようです。3月中に打撃投手をつとめ、実践復帰を目指しているようです。

 

新型コロナウイルスの影響でプロ野球の開幕が伸びていて、いつ開催されるかも見通しが立たない状況ですが、順調にいけば開幕に間に合う可能性もありそうですね。

 

昨シーズンは登板が多かったのでちょっと心配なところもありますが、無理せずに調整して2020年も去年のような活躍を見せてほしいですね!

 

 

阪神戦を見逃さず見たいという方はDAZNの利用を検討してみてはいかがでしょうか。DAZNの評価、評判やデメリットに関する情報を紹介した記事も書いていますので、興味があればこちらもどうぞ

↓   ↓   ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です