近藤健介は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

近藤健介




先日、行われたプレミア12で見事、日本は優勝を果たしましたね!私もとってもワクワクしてしまいました。ラグビーワールドカップほど日本中が盛り上がったかと言われれば、微妙なところですが・・・(笑)

 

しかし、優勝した瞬間のベンチから出てくる稲葉監督の涙はグッとくるものがありました!

 

そのプレミア12に選ばれた唯一の日本ハムファイターズ選手といえば近藤健介選手です。スター選手だらけの日ハム。しかも、侍ジャパンの監督は元日本ハムの稲葉監督だが、近藤健介選手だけ選出というのが意外というか不思議~といった感じでしょうか。

 

近藤健介選手はファンからは”コンスケ”という可愛いニックネームで呼ばれています。

 

なぜ、健介と呼ばれていないのか?日本ハムにはレジェンド田中賢介選手がいました。お気付きの通り、”けんすけ”被り!そのため、近藤健介選手が”コンスケ”なのです。田中賢介選手がバッターボックスに立つときの「け~んすけ~!!」には盛り上がるし、鳥肌が立ちますよね。

 

では、近藤健介選手は侍ジャパンに選ばれるまでどのような野球人生を歩んで来たのでしょうか?さっそくコンスケこと近藤健介選手について調べてみようと思います♪

Sponsored Link

近藤健介は中学時代どんな選手だった?

まずは、近藤健介選手のプロフィールからチェックしてみましょう。

 

近藤健介選手は千葉県千葉市緑区の出身で1993年8月9日生まれの26歳です!野球を始めたのは千葉市立泉谷小学校4年生の時。泉谷メッツというチームで軟式野球を始めました。

近藤健介

野球を始めたきっかけは、父親が中学校の教員で野球部顧問だったため、中学校の練習に参加したことがだそう。父親と7歳上のお兄さんともよくキャッチボールやバッティングセンターにも行っていたそうです。父親が野球部顧問だと幼い頃から野球に触れる機会も自然と多かったでしょうね。

 

小学校6年生になると千葉ロッテマリーンズジュニアに選出され第1回のNPB12球団ジュニアトーナメントで準優勝という結果を残しています。小学校時代から成績を残した近藤健介選手は、中学校は修徳学園中学校に進学し軟式野球部に入部しました。

 

中学校2年生になると全国中学校軟式野球大会に出場しました。

 

中学生の頃から近藤健介選手はプロに行こうと決めていたそうです。そのため、甲子園の常連である横浜高校に進学したいと思っていた近藤健介選手。

 

横浜高校は硬式野球チームから選手を探していたそうですが、近藤健介選手は自ら横浜高校に自らを売り込み横浜高校野球部に入部することとなります。

Sponsored Link

近藤健介の高校時代は?甲子園の出場歴は?

プロに行くためのステップとして選んだ横浜高校野球部で近藤健介選手は、入部当初は遊撃手として活躍します。この頃のキャプテンは来季メジャーリーグ移籍がほぼ決定的な現在、横浜DeNAベイスターズの筒香選手

 

筒香選手に近藤健介選手と横浜高校のレベルの高さを感じますよね。初めての夏の県大会から打率は4割をマークした近藤健介選手。1年生の秋からは、肩の強さが認められキャッチャーへポジションを転向しました。

 

2年生になると夏の県大会では準優勝。一時的に横浜高校野球部のキャプテンを務めるも成績不振もあり副主将となっています。

 

3年生では春に続き、最後の夏にも県大会優勝し、甲子園出場を決めました。その後、アジア野球選手権の日本代表にも選ばれました。

高校を卒業した近藤健介のその後は?

高校3年生でプロに向けてのアピールを精一杯やってきた近藤健介選手。ドラフト会議にて4位で日本ハムファイターズに指名され、プロの世界に足を踏み入れました。

 

入団後はなかなか1軍で結果を残すことができず、プロ3年目で初めて1軍で開幕を迎えました。本職の捕手だけでなく、三塁手や遊撃手としても出場しました。今では、外野手もこなすなど器用な選手であることが分かりますね!

近藤健介は天才?

近藤健介選手の名前で検索していたら関連ワードに「天才」というのがありました。天才的なバッターとして高く評価されているようですね。

 

3年連続、打率は3割超えていますし、出塁率も非常に高いです。2019年シーズンは強打者、巧打者が揃っているパリーグで1位となる.422の出塁率を記録しました。通算成績でも打率が.304、出塁率が.403ということで素晴らしい成績です。

 

このあたりの選球眼のよさ、バットコントロールのうまさから天才と呼ぶ声があるみたいですね。本当にすごいですね。

近藤健介はメジャー志望している?

近藤健介選手の活躍を見ているとメジャーでも活躍できそうな感じもしますね。本人にメジャー志望があるのかなと気になって調べてみたのですが、とくにその情報はありませんでした。

 

プレミア12の時のアメリカの記者がきて、近藤健介選手を高く評価していたみたいなので、もしかすると今後、メジャーに行くという話がでる可能性はあるかもしれませんね。これからさらに活躍してメジャーから声がかかるような選手に成長していってほしいですね。

まとめ

ここまで、近藤健介選手について調べてみました。年齢的にもまだまだ、これからという選手ですね。ポジションもいくつも守れるので、非常に起用方法がたくさんある選手なのではないかと思います。

 

これからの近藤健介選手の活躍が楽しみですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です