【巨人】山口俊は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

山口俊 中学 高校




山口俊選手といえば、「どすこい」の愛称で親しまれているプロ野球選手です。今シーズンはチームトップの勝利数を収めるなど大活躍を見せています。

 

横浜からFA移籍をするときはファンからも大きな反感を買っていましたが、見返すほどの見事な活躍ぶりです。一時期はプライベートで不手際などがありましたが、見事に乗り越え復活を果たしましたね!

 

そんな山口俊選手の学生時代はどんな選手だったのでしょうか。持ち味のストレートやフォークが知られるようになったのはいつ頃だったのでしょうか。山口俊選手は魅力的な選手の1人なので知りたいことはたくさんありますが、今回は高校時代の活躍ぶりや甲子園での活躍と合わせて現在の特徴などをご紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

山口俊の中学、高校時代の活躍ぶりや大会成績についてご紹介

山口俊選手は大分県出身です。小さい頃には父親の影響で相撲をしていたようです。野球を始めたのは小学生の頃で、地域の野球チームに所属していたようです。その後は地元の「豊陽中学校」に進学し、エースとして地域の大会で大活躍します。

 

山口俊選手の父親は元関取だったようですね。自肩の強さや下半身の力強さは幼い頃の相撲の練習で培われていたのではないでしょうか。中学3年の頃には県大会で優勝を飾り、九州大会への出場に貢献しました。順風満帆の野球人生を送っていたこの頃から野球の楽しさに目覚めていたのではないでしょうか。

山口俊 中学 高校

その後は地元の私立校でもある「柳ヶ浦高校」に進学しました。1年目から甲子園大会に出場を果たしますが、茨城県の強豪「常総学院」に敗れ、敗戦します。しかし翌年には、2つの大会で優勝を果たします。

 

高校野球の最後の年である3年生の頃には、選抜大会に出場。この大会で当時としては異例の150キロ近い球速を出し、注目を集めます。その年の甲子園大会では準決勝まで駒を進めました。しかしながら、度重なる疲労もあったのか試合途中に怪我をしてしまい途中降板してしまいます。

 

この大会でプロ入りは難しいと思っていた方も多いと思いますが、その年のドラフト会議で現在の「横浜DeNA」に指名されます。球速150キロの魅力や各大会での成績が認められたのではないかと思います。

 

ちなみにその年のドラフト会議では、高校生ドラフトと大学・社会人ドラフトが別々で行われ、巨人の高校生1位指名は「辻内崇伸」で、同じく高校生ドラフトで西武に1位指名されたのは今年にFA加入した「炭谷銀仁朗』でした。現在でもかなりの実力者になっている選手が多かった中でのドラフト1位は素晴らしいですよね!

 

この2005年のドラフト会議でプロ入りを果たした山口俊選手。今なお大活躍を続ける秘訣や選手の魅力はなんだったのでしょうか。次はそんな山口俊選手の魅力と現在の特徴を合わせてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

FA移籍の大黒柱!山口俊の魅力や特徴をご紹介

山口俊選手は2005年の高校生ドラフト1巡目で指名され、プロ入りを果たしました。シーズン1年目の2006年、巨人戦で見事な活躍で初先発初勝利を挙げました。

 

そんな山口俊選手の魅力といえば、プロ野球ファンなら誰もが知る切れ味抜群のフォークではないでしょうか。それに加え、速球の威力も十分にあります。コントロールもよく横浜時代では抑えを務めていました。

 

その反面、性格面ではメンタル面が弱く、ピンチになると持ち味のキレやコントロールが定まらなくなるという特徴もあります。それは、例年の成績を見てみると一目瞭然です。

 

成績が良い年と悪い年がはっきりしています。その中でも、抑えとして出場した2008年から2013年は防御率が安定し始めました。翌年には再び先発へ挑戦するため再転向します。その後の先発でも安定した成績を残しエースとして活躍し始めた2016年、FA宣言をして巨人に入団しました。

 

自身の性格や特徴を把握して抑えなども経験し、現在は先発投手としての力を身につけた山口投手はまさに巨人の大黒柱の一角になっていますよね。特に今年はチームトップの成績で現在の首位を支えていることは間違いなしです。

 

横浜ファンとしては、エースになりつつある山口投手が育ててもらったチームを捨てて巨人へFA移籍したと考えているファンも少なからずいるのではないかと思います。

 

その現れが横浜戦で先発した時のブーイング現象に繋がっているのかもしれません。しかし、それは「山口俊選手」への期待の現れでもあります。

 

いつの日か、横浜スタジアムでの大歓声で迎えてくれるのも楽しみの1つでもありますね!今後の活躍もそうですが、巨人ファンと横浜ファンから大歓声に包まれる日を楽しみにしていきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は山口俊選手の魅力や甲子園での活躍ぶりをご紹介させていただきました。

 

横浜時代は先発や抑えと複数のポジションを経験し、今の山口投手の源を培ってきました。現在は巨人で先発投手のエースとして菅野投手とともに見事な活躍を見せています。これからはメンタル面なども克服し、ピンチに強い投手になりきって欲しいですね!

 

山口投手の今後に期待していきましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です