【巨人】岡本和真は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

岡本和真 中学 高校




最近の巨人では、若手もどんどん力を付けて来ていますね。育成面が弱点と言われていた巨人が嘘のように新しい選手が出てきています。そんな若手選手の筆頭と言われるのが、今大活躍中の「岡本和真」選手ではないでしょうか!?

 

岡本和真選手といえば、少しおとなしめの性格ながらお茶目な一面もあります。2019年、広島から加入した「丸」選手からは「岡本様」と呼ばれており、チーム内でも「岡本和真」の存在が浸透しているようですね!

 

そんな岡本和真選手の学生時代はどのような選手だったのでしょうか。甲子園での出場などはあったのでしょうか!?今回は、そんな岡本和真選手の気になる一面をご紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

巨人 岡本和真の中学、高校時代はどんな選手!?

岡本和真選手は、奈良県出身のプロ野球選手です。五条東中学校在籍時には、「橿原磯城リトルシニア」に所属していました。当時は三塁手の他に、主に投手も務めていました。

 

卒業後は、地元の強豪「智辯学園」に進学。智辯学園は天理高校と並び、奈良県の2強と言われる強豪校ですね。甲子園には春11回、夏18回も出場しています。地元の少年野球、中学野球を指導してるOBも多いということで地元出身の選手がたくさん入部しているそうです。

 

岡本和真選手はそんな強豪高校で、一年生の頃から試合に出場しており、二年生の頃にはレギュラーを掴み試合ではホームランを量産しました。三年時の選抜大会では、大会タイ記録となる1試合2HRを放っています。

 

甲子園大会には出場しましたが、初戦の高知代表の名門「明徳義塾」に敗れ、敗退しました。高校通算のHR数は、73本です。

 

こんだけ打ちまくるってすごいですね。この記録は高校通算本塁打の歴代トップ10くらいに入っているのかなと思ったのですが、入っていませんでした。やっぱり上には上がいるものですね(^^;。ちなみに高校通算本塁打の1位は日ハム清宮幸太郎選手の111本です。

 

岡本和真選手は高校時代に日本代表として国際大会にも出場し、大活躍をみせました。その後、2014年のドラフト会議で巨人に1位指名され、入団しました。

 

学生時代は、順風満帆な野球人生を送っていた岡本和真選手。では、巨人に入団後のプロ野球人生はどうだったのでしょうか。次は、プロ野球に入ってからの「岡本和真」についてご紹介していきたいと思います。

岡本和真 中学 高校

岡本和真の特徴とは!?現在の成績と今後の活躍を予想!

「岡本和真」選手は2014年のドラフト会議で巨人にドラフト1位で単独指名を受けました。プロ初シーズンの2015年に、一軍出場を果たしました。

 

さらにプロ初ホームランを記録し、将来が楽しみな選手の1人として人気がありました。しかしその後の2シーズン(2016―2017年)は出場機会も減り本塁打は0となりました。

 

現在は日本ハムに所属してる「大田泰示」と並んで巨人の4番候補として期待されていましたが、成績が思ったように上がらず悩む時期が続きます。

 

そんな中、2018年には成績が右肩上がりで伸び始めます。体も大きくなりプロ野球選手としての体格が身につき、安定した成績を残せるようになりました。

Sponsored Link

そんなプロに入って1番の絶好調期だった2018年は、プロ野球史上最年少で打率3割・30HR・100打点を記録しました。今年2019年は昨年とまではいきませんが、他チームにマークされながらも安定した成績を残しています。

 

巨人の4番という重責がある立場ながらしっかりと成績を残してきたのはすごいですね。2019年、序盤は苦しんだものの、最終的には31本塁打94打点ということで見事な成績だと思います。今後は日本を代表するようなスラッガーに成長していってほしいですね!

 

岡本和真の通算成績は?

2019年終了時点での通算成績は321試合出場、327安打、65本塁打、200打点、7盗塁、打率.281となっています。

 

これからさらに活躍しまくって本塁打を量産していってほしいですね!2020年は通算100本塁打も不可能ではないと思いますし、達成してほしいですね。

 

ちなみに巨人の歴代の100号到達の試合数を見ると1位が原辰徳さんの453試合、2位が松井秀喜さんの468試合、3位が高橋由伸さんの473試合、4位が長嶋茂雄さんの504試合となっています。

 

2020年、岡本和真選手が132試合までに35本打てればトップになるようです。けっこう厳しそうではありますが、頑張ってこの記録を樹立してほしいですね!

まとめ

今回は、今話題の注目選手「岡本和真」の中学、高校時代の経歴や過去の成績についてご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか!?

 

岡本和真選手は、巨人の生え抜きとして4番をしっかり守っていってほしいですね!

 

2020年の巨人は優勝を狙える位置にいると思いますし、4番としてシーズンで結果を残し、クライマックスシリーズ、日本シリーズと結果をし常勝巨人の中心選手として活躍し続けてほしいですね!岡本和真選手の今後の成績と活躍に期待しましょう!


 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です