元木大介の高校時代がすごい?隠し玉使った?甲子園の成績は?

元木大介 高校時代




元木大介さんは巨人のコーチとして活躍していますね。明るい性格でベンチを盛り上げているようですし、いいチームの雰囲気を作っているみたいですね^^

 

今回はそんな元木大介さんの高校時代について気になったので調べてみました。

Sponsored Link

元木大介の高校時代がすごい?

元木大介さんは大阪府豊中市出身で1971年12月30日生れの48歳です。現在は読売ジャイアンツの一軍内野守備兼打撃コーチとして活躍しています。コーチとしてかなり有能で、チームの雰囲気をよくしたり、外国人選手とかにも積極的に声をかけたりして、選手のモチベーションアップにも寄与しているようです。

 

元木コーチが加入してから巨人は本当に雰囲気がいいですよね^^。好調なので盛り上がっているというのもあるでしょうけど、元木コーチの人柄とかもチームの明るさに影響を与えていそうですね。

 

さて、本題の元木大介さんの高校時代ですが、出身高校は大阪にある上宮高校です。上宮高校は昭和55年春の選抜に出場して以降、甲子園の成績は22勝8敗という成績を残しています。ただ、平成9年春以降は甲子園に出場していないということで苦戦しているみたいですね。

 

ちなみに上宮高校のOBには広島カープ、メジャーで活躍した黒田博樹さん、ロッテで活躍した薮田安彦さんなどがいます。著名なプロ野球選手を輩出していますし、かなり強い高校なんですね。

 

元木大介さんは高校時代からかなり注目されていて人気もすごかったそうです。

 

イケメンでスターの風貌を持っていて、キャラも愛されキャラで明るくてチームメイトからも慕われていたそうです。キャプテンにも選ばれてチームを引っ張っていく存在だったそうですよ。当時は女性からの人気もすごかったらしいですよ^^

元木大介 高校時代

元木大介の甲子園の成績は?

元木大介さんは甲子園に3度出場しています。春の選抜2回と3年の夏の甲子園に出場しています。とくに3年夏の甲子園は大きな注目を集めて、女性やマスコミからの注目がすごかったそうです。

 

元木大介さんは甲子園の舞台が得意で、高校通算24本塁打のうち6本塁打を甲子園で打っています。これは清原和博さんに次いで歴代2位タイの記録です。大舞台であるほど活躍したということでスター性がある選手だったんですね。

 

高校時代の打率などの詳しい情報は分かりませんが、走攻守揃った大型遊撃手ということでスカウトからの評価も高く、世間からも大きな注目を集めていました。

 

応援にきたファンに対して笑顔で手を振ったり、別の高校に進学した先輩に対してあいさつに行くなど礼儀もしっかりしていて、その人柄なども愛される要因となったみたいですね^^。元木大介さんはタレントとしても活躍しましたし、人を引きつける魅力は当時から高かったんですね。

 

高校時代にはスラッガーとして強打が特徴でしたが、プロに入ってからはつなぐ打撃に徹していたそうです。正直、プロではそこまでものすごい記録を残したわけではないですが、多くの方の印象に残る人気の選手でしたね。

Sponsored Link

元木大介は隠し玉を使った?

元木大介さんといえば隠し玉の印象を持っている方も多いのではないでしょうか。プロでも隠し玉をしていましたが、甲子園でも隠し玉を使っていたそうです。1988年の3回戦、上宮vs高知商戦で隠し玉でアウトをとったそうです。

 

youtubeでその動画を探してみたのですが、ありませんでした(´・ω・`)

 

元木大介さんはプロに入っても隠し玉をつかったり意表をついたプレイが多くて曲者って言われていましたが、高校時代から曲者だったんですね(^^;

 

そういえば最近は隠し玉をやる選手ってみないですね。やっぱりみんな警戒してひかっからなくなっているのでしょうかね?進行が遅くなるから慎むようにとか言われていたりするのかも。

 

あとは隠し玉は卑怯でスポーツマンシップに反するといわれたり、投手がボークをとられるなどデメリットがあるのでやらないようになったという話もあるみたいです。ちょっとこういったトリッキーなプレイはまた見てみたい気もしますけどね(^^;

元木大介の現役時代の通算成績は?

元木大介選手は巨人にドラフト1位で入団し、その後、ずっと巨人一筋で引退しました。巨人を戦力外になったときに

 

「ジャイアンツが好きだから、入団したときからこのチームでいらないと言われたら辞めようと決めていた」と33歳で現役を引退しました。

 

通算成績は1205試合に出場、891安打、66本塁打、378打点、21盗塁、312四球、508三振、通算打率.262という成績です。

 

正直、そこまですごい成績というわけではないですが、印象に残るプレイが多く、ここぞというときに打っていた選手という思い出がありますね。

 

元木大介はコーチとして有能or無能?

元木大介さんはコーチとしてはかなり有能なのではないないでしょうかね。ゲレーロを復活させたともいわれていますし、チームの雰囲気を明るくしていますので、チームに与える影響はよさそうですよね。

 

元木大介さんは選手時代から野球を熟知していて、相手選手やチームが嫌がることをしていて、星野仙一さんからは「巨人で一番嫌だったのはオマエだ」と言われたそうです(^^;

 

相手の心理とか駆け引きがうまくて野球についての知識、経験が豊富なんだそうです。相手の癖や配球を読んだりするのもうまいみたいですね。

 

カル・リプケンU12世界少年野球大会における日本代表監督に就任し、チームも優勝に導いたということで指導力も高くて、人心掌握術にも長けているということでかなり有能なコーチなのではないでしょうか。

 

チームも結果を残していますし、無能ということはなさそうですね。元木大介さんがコーチになったことで雰囲気もいいし、この調子で巨人を常勝チームに育てていってほしいですね。

 

2020年にヘッドコーチに昇格した元木大介さん。常に勝つことが求められる巨人のヘッドコーチということでプレッシャーもあるでしょうけど、そういった声に負けずに頑張ってほしいですね。個人的にも元木大介さんは好きなので応援しています^-^

 

 

巨人の2020年は先発がしっかり踏ん張ってくれるかにかかってきそうですね。山口選手が抜けたことで柱が1本なくなってしまいましたし、ここに新しい選手がはいってくれるとチーム力もアップしそうですね。

 

巨人の試合をたくさん見たい場合にはDAZNやスカパーを利用するのが良いと思います。DAZNとスカパーを比較した記事を書いていますので、こちらも参考にしてみてください!

↓   ↓   ↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です