井上温大は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

井上温大 中学 高校




皆さんは、井上温大という選手をご存知でしょうか?井上温大選手は今年読売ジャインアンツにドラフト4位で指名された高校卒の新人選手の1人です。

 

希少な左腕投手で140キロ台中盤のストレートと多彩な変化球が持ち味です。中でもスライダーは2種類操り、制球力も持ち合わせています。

 

ちなみに過去にドラフト4位で指名された有名人といえば、イチロー選手ですね!言わずと知れた日米で大活躍をした選手です。同じ巨人の現役選手でドラフト4位の選手は亀井義行選手がいます。今ではジャイアンツに無くてはならない選手の1人ですね。

 

このようにドラフト4位で活躍した選手は数多く存在するので井上温大選手にもぜひ活躍してほしいと思います。

 

そんな将来が楽しみな井上温大選手の高校時代や甲子園の出場歴などについて今回はお話ししていきたいと思います。

Sponsored Link

井上温大は中学時代どんな選手だった?学生時代の成績、特徴をご紹介

井上温大選手は幼い頃からリトルリーグに所属するなど野球漬けの日々を過ごしていたようです。

 

中学は 前橋市立大胡(おおご)中学校に在籍し、中学生の頃から投手として活躍していました。中学では軟式野球部に所属していたそうです。中学時代はあまり情報がないようなので、そこまで目立った活躍はしていないようです。

 

井上選手は群馬県の出身で両親と兄の4人家族です。性格は負けん気が強いようで、同じドラフトで1位指名された堀田選手の名を挙げ、ライバル視をしているようです。同じドラフト世代で切磋琢磨をもとめる姿は頼もしく感じますよね。今後が楽しみです。

 

高校は前橋商業高校に進学。高校時代にストレートは145キロ前後を記録し、縦横に曲がるスライダーに加えチェンジアアップなど多彩な変化球を操ります。

井上温大 中学 高校

投球の魔術師と呼ばれる、変幻自在の投球術はまさに歴代の工藤公康さん(現ソフトバンク監督)や杉内俊哉さん(現ジャイアンツ2軍投手コーチ)を彷彿させます。ジャイアンツでいうと内海哲也投手(現西武)の全盛期を思い浮かべる方も多いのではないかと思います。

 

井上温大選手にはそのくらいの魅力を感じさせてくれるとても楽しみな選手です。それは学生時代の成績にも現れています。

 

一年時からベンチ入りを果たし、二年生の頃には県大会の8強、三年生の頃には50イニング近くを投げ45個の三振を奪っています。三振を奪える能力に加え、制球力も備わっているまさに好逸材の選手です。

 

これからプロ入りを果たしプロのレベルに適応できるか、さらに変化球のキレや制球力を磨き上げることができるかが注目です。

井上温大の甲子園の出場歴は!?今後の注目ポイントと合わせてご紹介

甲子園

井上温大選手は高校時代に甲子園へ出場した経験はありませんでした。しかしながら県大会でのベスト8や準優勝を果たすなど注目の的になりました。指名したジャイアンツを含めて複数球団のスカウトの目に留まっており、期待の高さが伺えます。

 

ジャイアンツからも注目されているのは事実で、田口投手がつけていた「90」番が背番号になることが有力視されています。田口投手も変化球やキレで勝負する同じ左腕投手の1人です。以前つけていた先輩投手である田口投手を「追いつけ追い越せ」の気持ちで同じ投手同士でも先輩後輩関係なく切磋琢磨して欲しいと思います。

 

井上温大に彼女はいる?

井上温大選手に彼女がいるのかなと気になったのですが、現時点では情報がないようです。野球漬けで生活をしてきたようですし、恋愛を後回しにしていて、彼女を作っていない可能性もありそうですね。

 

プロ野球選手は活躍次第ですごい美人の女性との出会いも増えていきますし、井上温大選手も活躍しまくって、素敵な女性とお付き合いできたりするといいですね^^

 

ちなみに好きな女性芸能人は石原さとみさんとのことです(^^

井上温大の契約金、年俸、背番号は?

2019年11月10日に群馬県前橋で契約がおこなわれ年俸540万、契約金4,000万[推定]で仮契約が行われたそうです。

 

背番号は予想通り、田口選手がつけていた「90」となりました。高卒左腕の出世番号ということで期待されている証拠ですね。田口選手のように1軍で早く活躍し、年俸もどんどんあげていってほしいですね。

 

追記

背番号は90から91に変更されました。後藤孝志が90になったことに伴って変更されたようです。

 

ジャイアンの公式youtubeに井上温大選手が登場していました。2:05から投球を披露しています。原監督はやっぱりオーラがありますね(^^;

Sponsored Link

まとめ

今回は今話題で旬な井上投手についてご紹介してきました。今後の期待と同時に学生時代の成績もしっかりと残している投手であることが伺えましたね!今後の井上温大選手はさらに制球力・変化球の精度を磨いていけるかが注目です。

 

2020年シーズンから一軍で活躍するのも夢では無いと思います。ただ、体が細いので、1~2年目は二軍で経験を積んでいく可能性が高そうですね。

 

くしくも工藤公康さんや杉内俊哉さんといったジャイアンツで期待をされしっかりと成績を残してきた投手がたくさんいます。特に杉内俊哉さんはコーチとして身近に接してくれる存在でもあるので、現役選手からもそうですがたくさん吸収して自分の糧にしていって欲しいと思います。

 

本人曰く、タイプが似ている工藤公康さんの投球フォームを動画でチェックなどをして勉強をしているようです。勉強熱心な姿もお応援したくなる要素ですよね!今後の活躍に期待していきましょう!!

 

 

巨人の試合をたくさん見たい場合にはスカパープロ野球セットを利用するのもいいと思います。全12球団の試合を見ることができて、アプリとかもあるので外出先でも試合を見ることができます。

 

スカパープロ野球セットのアプリについての情報も紹介していますので、興味があればこちらもチェックしてみてください^^

↓   ↓    ↓


 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です