森敬斗の性格、特徴は?両親(父・母)はどんなひと?兄弟は?

森敬斗 特徴 性格




フルスイングが持ち味で変化球にタイミングを外されても対応することができる高い技術力と、投げては遠投120m、50m走は5.8秒と走・攻・守、すべてを兼ね備えこれから成長が楽しみな森敬斗(もり・けいと)

 

2019年のドラフトで横浜ベイスターズで1位指名を受け、今後の活躍が期待されています。今回は森敬斗選手の性格や特徴などについて、紹介していきます。

Sponsored Link

森敬斗の特徴は?中学、高校時代がすごい?

小学3年生の頃から野球を始めた森敬斗選手。中学生の頃には地元では名の知れた選手となり、3年生の冬に静岡の選抜メンバーに選ばれ、台湾遠征に帯同しました。中学時代からすごい素質のある選手だったんですね!

 

高校は神奈川県の桐蔭学園に進学。桐蔭学園は神奈川県の強豪校で甲子園には春5回、夏6回出場しています。OBには元巨人の高橋由伸さんなどがいて、現役では楽天の鈴木大地選手、茂木栄五郎選手、巨の若林晃弘選手などがいます。

 

多数のプロを輩出してる強豪校で森敬斗選手は1年生の夏から公式戦に出場し、1年生の秋にはレギュラーとなります。レベルの高い高校で1年からレギュラーということですごいですよね^-^。1年の時から経験を積み、2年生の夏予選では主に3番を打ち打率は.526、6打点の大活躍を見せました。

 

森敬斗選手が一躍有名になったのはセンバツ出場の参考材料となる秋の関東大会の初戦、茨城の常総学院戦で2点リードされた9回2死満塁の場面で森敬斗選手に打席が回り、そのチャンスで森敬斗選手は見事にライトスタンドに突き刺さるサヨナラ満塁ホームランを放ちました。

 

打撃力と勝負強さを周囲に見せつけ、この活躍によりチームも勢いをつけて関東大会を制しました。

 

春の選抜では4打数3安打の活躍を見せるも、満塁の場面で打つことができずチームも敗退してしまいました。

 

夏の甲子園予選も4回戦で敗退してしまい、2季連続の甲子園とはなりませんでしたが、俊足好打の野球センスが目に留まりU18日本代表に選ばれました

 

U18のワールドカップでは1番センターとして活躍し、8試合に出場して25打数8安打1打点、打率は.320の活躍を見せます。

 

普段は内野を守る森敬斗選手ですが国際大会の舞台では慣れない外野を守りつつも、打撃で成績を残し高い野球センスを披露しました。森敬斗選手の評価はスカウトからも高く、6球団がリスアップし、4球団が上位指名の構えを見せていました。

 

中でも西武が熱心だったようです。結果的には横浜ベイスターズが1位指名をして、横浜ベイスターズに入団しました。

森敬斗 特徴 性格

森敬斗の性格

森敬斗の性格ですが、桐蔭学園の片桐健一監督は「勝利への執着心を包み隠さず出せる選手」と評しています。

 

試合中にパスボールをしたキャッチャーに対して、胸のプロテクターをグラブで叩いて叱咤するなど、野球に対しては真剣に厳しく取り組んでいることがうかがえます。けっこう熱い性格をしているようですね!

 

今のご時世、中々感情的になるのはよくないと言われてしまいますが、森選手のように一生懸命に取り組んでいるからこそ、周りにも同じものを求めてしまうのかもしれませんね。

 

森敬斗選手は年上だろうが気を遣わずに言いたいことを言ってしまう性格のようで、そこだけはプロの世界に行ったら少しは気を付けてもらえれば、先輩からも可愛がられる良き選手になるのではないかと思います。

 

また、桐蔭学園ではキャプテンも任されていたということなので、人望があってリーダーシップもある性格をしているのでしょうね。責任感があり、周囲からも慕われる性格をしていそうですね^^

 

家族について

森敬斗の家族については現段階では明らかにされていません。

 

しかし、小学3年生から野球を始め高校進学時には静岡県から神奈川県に進学するなど両親も森敬斗選手が野球をやることに対して応援をしてくれていることと思います。

 

いずれプロ野球選手になれば家族とのエピソードも聞こえてくることと思います。ご両親についての情報はありませんが兄弟については兄がいるそうです。

 

4歳年上の兄の勧めによって中学時代に野球一本に絞ることにしたという情報がありました。兄弟で野球をやっていることが多い気がしますので、お兄さんも野球をしていた可能性がありそうですね。

 

森敬斗に彼女はいる?

2020年5月時点では彼女に関する情報はないようです。まだプロに入ったばかりの18歳ですからいまは野球に集中しているのではないでしょうか。

 

イケメンでかっこいいし、将来有望と言われていますので、女性からはかなりモテるのではないでしょうかね^-^

 

ちなみに好きな女性芸能人は小芝風花さんと長澤まさみさんとのことです。小芝風花さんは私も好きなので親近感が湧きました^-^。私の場合は、バナナマンの日村さんがやっていたパシフィックヒムに小芝風花さんが出演して、それを見てファンになりました(笑)

 

森敬斗選手は将来的にスター選手になりそうな雰囲気がありますし、今後、どんな女性と付き合っていくのかも注目ですね^-^

 

森敬斗は2020年活躍できる?

ドラフト1位で素質も高いということで、1年目から活躍できるのではないかという期待の声もあるみたいですよ。走攻守、顔、華と5拍子揃っていてスター性があると評価する人もいるみたいです。

 

高卒ですが、1年目から活躍できる可能性も十分にありそうですね。横浜ベイスターズのショートには大和選手がいますが、大和選手はバッティングがあまり良くなくて2019年は打率が.237と低めだったということもあり、森敬斗がバッティングの良さをアピールできれば出場機会も増えていくのではないでしょうか。

 

ラミレス監督も「間違いなく、将来のスーパースター候補」と言っているそうですし、起用の機会はけっこうもらえるのではないでしょうか。やや守備に課題があるといわれているようですが、そのあたりの課題をクリアしていけば将来的には横浜ベイスターズの顔になりそうな選手ですね^-^

 

横浜のショートの名手といえば、石井琢朗さんがいますが、石井琢朗さんのような素晴らしい選手になれる素質もあるのではないでしょうか。本当に今後が楽しみですね!

 

高卒野手については1年目で結果を残すのはかなり難しいみたいですね。参考までに過去に注目されていた高卒野手の1年目の成績を紹介しておきます。これを見るとかなり厳しいというのがわかりますね。

 

ちなみに平成のドラフト入団高卒選手で1年目に規定打席に到達した選手はいないそうです。高卒ですぐに野手として活躍するのは並大抵ではなくかなり難しいんですね。

 

これを見てしまうと1年目から森敬斗選手に過度な期待をしてしまうのは酷なきがしますね(^^;

清宮幸太郎(’18年) 53試合 .200 7本塁打 18打点

森知哉(’14年) 41試合 .275 6本塁打 15打点

坂本勇人(’07年)4試合 .333 0本塁打 2打点 1盗塁

松井秀喜(’93年) 57試合 .223 11本塁打 27打点 1盗塁

鈴木一朗(’92年) 40試合 .253 0本塁打 5打点 3盗塁

立浪和義(’88年) 110試合 .223 4本塁打 18打点 22盗塁

清原和博(’86年) 126試合 .304 31本塁打 78打点 6盗塁

Sponsored Link

まとめ

走攻守そろった将来性抜群の森敬斗選手。

 

一時期は大学進学も視野に入れていましたが、U18から帰国後に周囲と協議を重ね、最終的にプロ志望届を出し、横浜ベイスターズに入団しました。

 

2020年の開幕に向けて順調に調整が進んでいるようですし、今後、プロの世界でどんな活躍を見せてくれるのか今から楽しみです。頑張れ森敬斗選手!

 

 

横浜ベイスターズの試合を見るならスカパープロ野球セットがおすすめです。12球団の試合を見ることができ、アプリでスマホとかでも見ることができますし、プロ野球ファンが最高に楽しめコンテンツだと思います^-^

 

スカパーアプリの通信容量などについて紹介した記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

↓    ↓    ↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です