笠島尚樹の球種、球速は?どんな性格、特徴をもった選手?

笠島尚樹




今回ご紹介する選手は2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる笠島尚樹(かさしま・なおき)選手です!

 

福井県の敦賀気比高校に在籍する笠島尚樹選手は1年生の夏から甲子園のマウンドを踏み、2年生になってからエースとしてチームをけん引し、春の北信越大会準優勝・夏の甲子園出場と素晴らしい成績を収めています。

 

今年の夏の甲子園でも活躍が期待され、秋のドラフト会議で指名されてプロの世界に進むことが期待されている笠島尚樹選手についてまとめました

Sponsored Link

笠島尚樹選手の球速・球種

敦賀気比高校に在籍する笠島尚樹選手は身長177センチ、体重71キロ、右投げ右打ちの投手でスリークォーターから最速145キロのストレートを投げ込みます。

 

セットポジションから上体を傾けながら重心を下げ、インステップ気味に足を踏み出し球持ちの良い腕の振りから投げ込む最速145キロのストレートはキレが良く打者から空振りが奪えるボールです。

笠島尚樹

そのストレートに加え、変化球はカーブ、2種類のスライダー、チェンジアップを投げ分け、カーブは110キロ台、スライダーは120キロと最速145キロのストレートとの緩急を有効に使い打者を打ち取ります。

 

中でもスライダーは切れ味も良く、状況に応じて曲がり幅を調整することができるボールで、カウントを整えるボールと決め球に使うボールと状況に応じて投げ分けることができ、打者にとっては非常に厄介だと思います。

 

制球面も良いことから四死球で崩れることもなく、安定感が高くテンポよく投げることができるため、試合を作る投球ができる投手であることがわかります。

 

コロナウイルスの影響で練習試合の自粛や大会の中止が決まり、一冬超えた笠島尚樹選手がどんなボールを投げれるようになったかまだ見れていませんが、これからが非常に楽しみですね!

笠島尚樹選手の特徴

福井県出身の笠島尚樹選手は小学生のころに鳥羽野球部に所属していて、当時からポジションは投手としてプレーし、5年生になるとエースとしてマウンドを任されるようになりました。

 

蛇足ですが、鳥羽野球部は学童軟式野球の全国大会で優勝をしたことがある名門で、5年生のころからエースとしてマウンドに上がっていた笠島尚樹選手が周囲と比べてもずば抜けた選手であったことがわかりますね!

 

中学生に上がると鯖江ボーイズでプレーをした笠島尚樹選手は1年生の時にボーイズ選手権で優勝・ボーイズリーグの福井県選抜にも選ばれるなど実力を発揮して、中学時代には最速135キロを投げれるまでに成長しました。

 

高校は福井県の強豪校、敦賀気比に進学すると1年生の春からベンチ入りを果たして夏の福井県予選では2試合に登板して5イニングを投げて5奪三振、無失点の好投でチームの福井県大会優勝に貢献しました。

 

甲子園では木更津総合戦で1年生ながらリリーフとして登板し、1イニングを投げて3失点と打ち込まれ、ほろ苦いデビュー戦となりました。

 

秋の福井県大秋では準決勝でチームは敗退してしまい、春のセンバツ出場はかないませんでしたが冬場に足の上げ方を変えるなどフォーム固めに時間をかけ、冬場の努力は春になって花を咲かせました。

 

2年生の春の大会は福井県大会準優勝に輝き、笠島尚樹選手はエースとしてチームをけん引し北信越大会では3試合に登板して22回イニングを投げて14奪三振、被安打率6.14、四死球率2.05、防御率0.62の成績でチームを北信越大会でも準優勝に導きました。

 

夏の大会もエースとして試合に臨み、福井県予選では4試合に登板して24回を投げて被安打率6.29、奪三振率6.66、防御率2.22の成績を残し、決勝戦では9回を一人で投げぬき甲子園出場を決めました。

 

エースとして甲子園に戻ってきた笠島尚樹選手は1年前の雪辱を晴らすべく初戦の富島高校選では一人で9回を投げ抜き、7奪三振、2四死球、自責点1の完ぺきな投球内容で甲子園初勝利を上げました。

 

甲子園では全試合で先発登板を果たし、22イニングを投げて被安打17本、15奪三振、6四死球、自責点7でチームを3回戦進出まで導く活躍を見せました。

 

甲子園後は最上級生となり、今まで以上にメンバーを引っ張っていく存在となった笠島尚樹選手は秋の福井県大会で3試合に登板して14奪三振、3失点の内容でチームを勝利に導き、福井県大会制覇の原動力となりました。

 

続く北信越大会では準々決勝で敗退してしまい、選抜の代表校に選ばれることはありませんでしたが、北信越大会の初戦では5回を投げて被安打1本、4奪三振、無失点の好投を見せました。

 

北信越大会や甲子園など、各県を勝ち抜いてきた高校を相手を抑える投球を見せる笠島尚樹選手が一冬超えてどこまで成長しているのか非常に楽しみですね!

 

今年も笠島尚樹選手の投球でチームを夏の甲子園出場に導いてくれると信じています!

Sponsored Link

笠島尚樹選手の性格

笠島尚樹選手の性格ですが非常に度胸がある人のようです。

 

2019年夏の福井県予選の決勝戦で登板した笠島尚樹選手は5安打完封の完ぺきな投球を披露して、試合後に「緊張はしなかった。甲子園でも自分の投球を貫く」と答えていました。

 

甲子園が決まる大一番の試合で緊張しないのは凄いなと思いました。

 

筆者も野球が好きで様々な試合を見ていますが、決勝戦ともなればどこのチームも初回は緊張が感じ取れるのですが、笠島尚樹選手からはコメントにあるように全く緊張感が伝わってきませんでした。

 

絶対に勝てる自信と、そのための努力をしてきた裏返しだとは思いますが、さすがとしか言いようがありません。

 

ぜひ、その強気な投球で今後も勝利を重ねていってほしいと思います!

まとめ

今回は2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる笠島尚樹選手についてご紹介しました。

 

昨年、笠島尚樹選手は将来の進路について「プロへの憧れはありますけど、春と夏に結果を残してからだと思っているので、まだそこまでは考えていません」と気持ちが固まっていないようでした。

 

しかし将来について聞かれると「最多勝を取れるような投手になりたい」と目標を語っていて、高卒でのプロ入りか、大学、社会人を経由してのプロ入りかはわかりませんが最終的な目標はプロに入ることのようです!

 

ぜひとも夏の大会でよい結果を残して、今年のドラフト会議で笠島尚樹選手が指名されるのを楽しみにしています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です