篠木健太郎の球種、球速は?どんな性格、特徴をもった選手?

篠木健太郎




今回ご紹介する選手は2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる篠木健太郎(しのぎ・けんたろう)選手です!

 

木更津総合高校に在籍する篠木健太郎選手は最速146キロのストレートを武器に1年生の夏から甲子園の舞台を経験するなど、実績もあり変化球も良いことから複数球団が興味を示していて、プロ志望届を提出すれば今年のドラフト会議で注目選手になると思います。

 

1年生の夏以降は甲子園に出場できていませんが、3年生となる今年は甲子園の出場と活躍、そしてその先のプロ入りへと期待が高まる篠木健太郎選手についてまとめました。

Sponsored Link

篠木健太郎選手の球速・球種

木更津総合高校に在籍する篠木健太郎選手は身長175センチ、体重68キロ右投げ左打ちの投手でスリークォーターから最速146キロのストレートを投げ込みます。

 

セットポジションから上体を傾けて重心を下げ、インステップして柔らかい腕の振りから投げ込むストレートはコントロールも良く常時140キロ前後と球威があり、手元でぐっと伸びるボールは高校生トップレベルだと思います。

篠木健太郎

変化球はカーブ、スライダー、スプリットを投げ分け、カーブは100キロ前後、スライダーは120キロ前後で曲がりが鋭く、スプリットは120キロ後半で変化し、変化球で追い込んでから得意のストレートで打者と対戦します。

 

高校2年生までは縦の変化球がなく、若干の苦戦を強いられた篠木健太郎選手ですが、スプリットを習得し、ストレートと同じ腕の振りから投げることができ打者にとっては非常に厄介なボールのようです。

 

配球にも年々変化が見られ、コントロールが良い篠木健太郎選手は110キロ前後のカーブを投げる割合を多くして、一番自信のあるストレートを早く見せたり、ピッチングのテンポを変えるなど打者を打ち取るために様々な工夫をします。

 

試合では自分の間合いで投げることができるメンタルの強さも魅力的ですが、スタミナも十分にあり昨年秋に行われた千葉県大会準々決勝では8回になってからその日の最速を更新するなど完投できる体力も持ち合わせています。

 

全国大会になかなか進めていませんが、篠木健太郎選手は高校生投手の中ではトップレベルだと思いますので今年の夏の大会の活躍が期待されます。

 

1年生の夏以来、甲子園に出場できていませんが篠木健太郎選手のピッチングを全国の舞台で見られる日を楽しみにしています!

篠木健太郎選手の特徴

群馬県出身の篠木健太郎選手は幼稚園の頃より父親とキャッチボールなどをしていて、小学3年生になってから地元の明和ヒーローズに入団して本格的に野球を始めました。

 

野球を始めた当初の頃はピッチャーだけではなく、サードやショートを兼任していて中学生になってからは硬式野球の舘林ボーイズに入団しましたが、同じ学年の中でも3番手、4番手の投手で、主に外野として試合に出場する日々が続きました。

 

そんな中でストレートを磨くことに重点を置いて練習していた篠木健太郎選手は親指と人差し指、中指の3本を使ってボールに回転をかける練習に取り組んだ結果、ボールの切れやノビなどの球の質が向上し、3年生の夏にはエースになることができました。

 

高校は千葉県の木更津総合に進学し、部員60人前後を抱える同校で1年生の春から背番号11でベンチ入りを果たすと関東大会準決勝で3番手で登板すると1回1/3を投げて1失点の内容でデビュー戦を飾りました。

 

夏の大会では1年生ながら5試合にすべてリリーフとして登板し、3回戦の検見川高戦では2イニングを投げて5奪三振などパーフェクトな投球を披露し、最速142キロ、奪三振率21.60、防御率0.00の圧倒的な成績でチームの県大会優勝に貢献しました。

 

甲子園では3回戦に2番手投手として登板しましたが、制球難に苦しみ2回を投げて2失点の不本意な結果に終わってしまいました。

 

新チームになってからはエースとして、2年秋からは主将としてチームをけん引してきましたが、2年夏・3年春ともに甲子園の出場は叶わず、最後に残されたのは3年の夏の大会のみとなりました。

 

まだまだ全国的には無名な投手かもしれませんが、実力は高校生トップレベルだと思いますので、今後の活躍で篠木健太郎選手の名を全国に轟かせてほしいですね!

Sponsored Link

篠木健太郎選手の性格

木更津総合高校の五島卓道監督は篠木健太郎選手の事を「負けん気の強さは人一倍ある」と評価しています。

 

エースとして主将として、チームを引っ張らないといけない立場にいるのでぴったりな性格かもしれませんね!その気持ちを源に、今後もトレーニングを重ねてさらなる高みを目指してほしいですね!

まとめ

今回は2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる篠木健太郎選手についてご紹介しました。

 

昨年の秋にはロッテのスカウトが「球も速いし、スライダーもいい」と評価を寄せていて、その他の球団のスカウトも篠木健太郎選手をマークしていることだと思います。

 

木更津総合高校から毎年と言っていいほど好選手が出てきますが、プロに進む前に大学に進学する選手が多いような気もしますので、まだ進路について公表していない篠木健太郎選手がどの道を選ぶのか楽しみですね!

 

秋のドラフト会議を前にコロナウイルスも収束して、夏の甲子園が無事に開かれて篠木健太郎選手が甲子園のマウンドで躍動するのを楽しみにしています!

 

 


 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です