井端弘和の中日退団理由とは?落合博満と不仲?中日監督になる可能性は?

井端弘和




 

栗山英樹さんの跡をついでサムライジャパンの監督に就任したのが井端弘和監督ですね!

 

現役時代には、中日ドラゴンズで長くプレイしていて、荒木雅博さんとともに「アライバコンビ」として鉄壁の二遊間を誇っていましたね。

 

今回は、井端弘和さんが中日ドラゴンズを退団した理由や落合博満さんとの関係などについて調べてみました。

Sponsored Link

井端弘和の中日退団理由とは?

井端弘和さんは、神奈川県川崎市川崎区出身で1975年5月12日生まれの48歳です。

井端弘和

堀越高等学校、亜細亜大学を経てドラフト5位で中日ドラゴンズに入団しています。プロ3年目の2000年あたりから出場機会を増やしていき、その後はショートでレギュラーを獲得しています。

 

ベストナイン5回、ゴールデングラブ賞7回獲得するなど守備で大きくチームに貢献し、チームの要として活躍してきました。

 

その後、2013年オフに中日ドラゴンズを退団しています。

 

退団の理由については、年俸の限度額を超える大幅減俸の提示を受けたからではないかと言われているようです。

 

当時の井端弘和さんの年俸は推定1億9000万円だったそうですが、3000~2300万円くらいの提示だったそうです。

 

これを不服として、退団したのではないかということみたいですね。それまでの球団の減額制限は40%だったそうですが、いきなり、88%の減額を提示されてしまったそうです。

 

当時、井端弘和さんは右足首、右肘と手術をしていて、戦力的に厳しいとの判断で大幅減額になったみたいです。ある程度の減額は覚悟していたようですが、想定以上の減額提示であったため、退団を決めたようです。

 

球団に対する不信感とかもあったのかもしれませんね。

 

当時のGMは落合博満さんでしたが、その関係性などもいろいろ噂があったようです。

Sponsored Link

井端弘和と落合博満は不仲?

落合博満さんが井端弘和さんの年俸大幅減額提示に関与したのかなと思ったのですが、落合博満さん本人はとくに井端弘和さんと交渉をしたりもしていないということをYou Tubeで話していました。

 

あくまでも球団側が様々な情報から判断して、大幅減額を提示したということみたいです。

 

井端弘和さんの大幅減額の理由としては、怪我や視力の低下、若手の起用による出場機会の減少、チームの低迷などがあったのではないかといわれているようです。

 

井端弘和さんには、大幅減棒の提示を受け入れて中日でプレイする、引退してコーチなどになる、退団して他球団でプレイするという選択肢があり、他球団への移籍という選択肢を選んだということですね。

 

井端弘和さんは落合博満さんが監督だった時代に確執みたいなのがあったのではないかといわれているようです。

 

落合博満さんは、「アライバコンビ」をコンバートして、ショートとセカンドを入れ替えることをしましたが、これに対して、井端弘和さんは不服だったようです。

当時の落合博満監督はチームを立て直して、優勝に導いていますし、絶対的な権力があったということもあり、強権的なところもあったではないかと言われているそうです。

 

内心では不服を感じながらも従わざるを得ず、鬱憤が溜まっていたのかもしれませんね。

 

その後、井端弘和さんが高木監督に直訴してショートに戻してもらいましたが、このことに対して、落合博満さんが怒ったのではないかという噂もあったようです。

 

また、落合博満さんはWBCに選手を出すことに対しては、あまり好ましく思っていなかったようですが、そこで、井端弘和さんがWBCに出場し、シーズンが不振に陥ったため、これもよく思っていなかったようです。

 

落合博満さんが監督だった頃は蜜月みたいな関係だったようですが、こういったことがあって徐々に関係がこじれたのではないかともいわれているようです。

 

ただ、引退後は、お互いに、相手の話をYou Tubeとかでしていますし、落合博満さんは「アライバコンビ」について、「あの2人でどれだけ助かったか」と話していて、高く評価しているようですし、お互いに嫌っているということはないみたいです。

 

師匠と弟子みたいな関係のようなので、そこまでベッタリではないようですが、お互いに敬意を持っていると思いますし、不仲ということはなさそうですね。

井端弘和はなぜ巨人に入団したのか?理由は高橋由伸?

井端弘和さんは中日ドラゴンズ時代、打倒巨人という思いをもってプレイしてきたそうですが、そんな井端弘和さんがライバル球団である巨人に入団したのはなぜなのでしょうか?

 

これについては、関東の球団を希望していた、巨人の強さの秘密を知りたかった、仲が良い同級生の高橋由伸がいたから、といった理由などがあるのではないかといわれているようです。

 

高橋由伸さんとは仲がよくて、一緒にゴルフなどにも行ったりしているようです。

 

高橋由伸さんが引退したときには、井端弘和さんも引退を決めて、巨人のコーチとして高橋由伸さんを支えるという決断をしています。

 

井端弘和さんは、通算2000本安打まであと88本というところで引退を決めて、親友である高橋由伸さんを支えると決断したことに対して、ネット上では称賛する声も多かったようです。

 

井端弘和が中日監督、コーチになる可能性は?

井端弘和さんは侍ジャパンの監督に就任していて、契約期間は、2024年11月の第3回プレミア12までが前提となっているようです。

 

結果によって、契約期間が伸びることも考えられているようですね。

 

井端弘和さんが、サムライジャパンの監督の契約終了後に、中日ドラゴンズの監督、コーチなどになる可能性はゼロではないかもしれませんね。

 

中日ドラゴンズとの間に、深刻な確執があるということではなく、まだ48歳と若いので、今後、中日ドラゴンズの監督に就任する可能性はありそうですね。

 

中日ドラゴンズの監督候補としては、ほかに、和田一浩さん、福留孝介さん、山本昌さん、川上憲伸さんなどの名前がネット上にはあがっているようです。

 

中日ドラゴンズの黄金期を支えてきた方々が集結するようなことがあれば、いまの中日ドラゴンズの低迷を脱却できるかも。

 

井端弘和さんが侍ジャパンの監督として、どういった指揮、采配をしてくれるのか今から楽しみですね^ー^

立浪和義の凄さとは?なぜ人気?天才と言われていた理由は?

立浪和義の嫁の名前、年齢、職業は?子供は何人いる?学校はどこ?





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です