【巨人】重信慎之介は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

重信慎之介 中学 高校




重信慎之介選手は巨人の若手選手ですね。最近では1軍でも活躍を見せている同選手の魅力といえば何と言っても俊足で、時にはスタメン、時には代走要員と幅広くチームの勝利に貢献しています。

 

強打や巧打の選手が多い巨人では俊足が持ち味の選手は希少な存在です。2019年シーズンではそれに加えて強い打撃を見せる場面も増えており、今後が楽しみな若手選手の1人でもあります。

 

そんな重信慎之介選手は学生時代は、どのような選手だったのでしょうか。今回はそんな重信慎之介選手の学生時代の活躍ぶりや成績についてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

現在の若手の主役!俊足巧打の重信慎之介選手の学生時代の特徴と活躍ぶりをご紹介

巨人に在籍している「重信慎之介」は千葉県出身のプロ野球選手です。小学生の頃から軟式野球を始めていました。臼井南中学校に進学時には佐倉シニアに在籍します。

 

佐倉シニアは硬式野球の関東連盟に所属しており、様々な大会に出場している中学野球の名門で、重信慎之介選手以外のプロ野球選手も輩出しているリトルクラブでもあります。中学時代から一流のクラブで練習を積んでいたんですね。

 

その後は、高校野球の強豪校でもある「早稲田実業」に進学します。早稲田実業も数多くのOBを輩出してる名門ですね。古くは王貞治さん、最近では斎藤佑樹選手、清宮幸太郎選手などを輩出しています。

 

そんな名門校で重信慎之介選手は類稀なる才能で一年生の頃からレギュラーを掴みとり、当時は内野手として活躍していました。初めての甲子園出場は2年生の頃でした。

 

前年の優勝校を破る旋風を巻き起こし、3回戦に「関東一高」と見事な接戦を繰り広げましたが、惜しくも敗戦しました。この年が重信慎之介選手にとっての甲子園でのハイシーズンとなりました。三年生の頃には決勝戦で名門の「日大三高」に敗れ、高校生の夏は終わりました。

重信慎之介 中学 高校

重信慎之介の大学時代は?

大学生時代は東京六大学野球の名門「早稲田大学」に進学します。大学時代でも入学当初から試合で活躍を見せます。この頃に内野手から現在の外野手に転向しました。転向後は、打撃成績も向上し守備の栄誉でもある「ベストナイン」に輝きます。大学通算で3割の打率と30以上の盗塁を記録します。

 

学生時代は野球の才能を活かし外野手への転向後に技術の向上で覚醒した重信慎之介選手。特に大学生時代は転向後の打率が一時は4割台まで跳ね上がり、プロでも注目の的となります。それに加え、機動力も身につけた重信慎之介選手は迎えるところ敵なしと言った感じだったのではないかと思います。

 

大学生とはいえ、リーグでの通算打率3割台を達成しながらの30盗塁は素晴らしい成績を残しているのではないでしょうか。

 

同時期に活躍した野手といえば、現在ロッテの「中村奨吾」選手や楽天の「茂木栄五郎」選手もいました。同時期に活躍した野手も現在共にプロ入りを果たしているからこそ技術の向上にも繋がっているのでしょう。今後の1軍定着とレギュラー獲りに期待しましょう!

Sponsored Link

鈴木2世となれるか!?一軍で活躍中の重信慎之介選手の魅力とは

2015年のドラフト会議で巨人からドラフト2位で指名された「重信慎之介選手」はシーズン1年目から開幕スタメンに名を連ねました。

 

しかしながら、プロの世界の洗礼なのかなかなか光った活躍を見せることができませんでした。初シーズンで初ヒットを残すこと自体は素晴らしいことなのですが、打率は1割台に盗塁も1桁台と大学時代には遠く及ばない成績でした。

 

翌年の2017年、持ち味を活かした走塁で出場の機会が増えます。前年までに代走のスペシャリストとして活躍した「鈴木尚広」さん(元巨人コーチ)が引退したのを機に代走枠の大本命となったのです。

 

しかしこの年は重信慎之介選手の明暗が分かれる年でした。このシーズンは主に代走要員での出場ながら昨年を大幅に超える74試合に出場し、盗塁もシーズン2桁の10盗塁を記録しました。

 

それと同時に同年の中日戦での延長戦で”ある出来事“が起こります。簡単に言うと「走塁ミス」を犯してしまうのですが、前打者の外野フライ時に2塁ベースを回っていた同選手はベースの踏み直しをせずに1塁へ帰塁します。

 

これに気付いた相手選手が次打者への投球開始前に2塁ベースへ送球。併殺プレイが完成し、試合終了となってしまいました。

 

試合でのエラーやミスはどの選手にでも起こることで、一概に「重信慎之介選手」だけを責めることはできませんが、次世代の「走塁のスペシャリスト」を目指す同選手には大きいプレイとなってしまいました。現に同シーズンでは、この試合以降に代走で出場する機会が少なくなりました。

 

とはいえそれ以降には確実なプレイの上に走塁(好走塁)を心がけているように感じ、魅力的な選手になっているようにもみえます。

さらにその翌年には、もう1つの持ち味である打撃技術が大幅に向上しました。広角に強い打球を打つ技術が向上し、同シーズンではプロ初本塁打も記録しています。学生時代の持ち味の持ち味をプロの技術で存分に発揮し始めた「重信慎之介選手」の今後の活躍に期待したいですね!

 

ちなみに2019年シーズンは盗塁を14個成功させています。打率も.266と結構打っていますし、これからさらに出塁率が増えていけば相手チームにとっては大きな脅威になりそうですね。

 

実際に重信慎之介選手が塁にでると投手は盗塁を警戒してバッターに集中しにくそうにしていますし、数字以上のチームへの貢献があるのではないでしょうか。

 

重信慎之介の通算成績は?

2019年終了時点で、265試合出場、523打席、115安打、4本塁打、33打点、盗塁35、通算打率.243となっています。

 

走塁、盗塁ができる選手ということで、代走起用が多くなっていますが、重信慎之介選手自身は打撃力を高めてレギュラーとして数多くの試合に出場したいという強い思いがあるそうです。

 

巨人の外野手は丸選手、亀井選手、陽選手、そして新加入したパーラ選手など力のある選手が多いということで、ライバルは強力ですが、頑張ってレギュラーを獲得してほしいですね。

重信慎之介の登場曲の曲名、歌手は?

2020年の登場曲はQueenの「We Will Rock You」と Survivorの「Eye of the Tiger」です。両方ともイントロが有名で気持ちが盛り上がり、テンションのあがる曲ですね。

 

 

重信慎之介は結婚してる?彼女は?

重信慎之介選手は2020年4月時点で結婚はしておらず、彼女についての情報もないようです。まだ若いですし、結婚を焦っているという感じではないかもしれませんね。

 

プロでまだ十分な成績を残せていませんし、野球に集中しているということかもしれませんね。ちなみに好きな女性芸能人は「吉瀬美智子」さんとのことです。なんかちょっと意外ですね。

 

吉瀬美智子さんは現在、45歳一回り以上年齢が重信慎之介選手よりも上ですね。年上の姉さん女房が好みなのかもしれませんね^-^;。野球選手は姉さん女房とかのほうが良かったりますからね。素敵な女性を見つけてほしいですね!

 

ちなみに吉瀬美智子さんは2010年に一般人男性と結婚しています(^^;

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は重信慎之介選手の学生時代の特徴と現在の重信慎之介選手の今後の活躍についてご紹介してきました。

 

学生時代には内野手から外野手への転向と野球選手として大きな転機になったのは間違いなしですが、プロ入り後の技術の向上ぶりには素晴らしいものを感じましたね。

 

広角に打てる打撃技術と確実な走塁で「足のスペシャリスト」や「チャンスに強い打者」になる日も近いのではないでしょうか。

 

選手時代の「鈴木コーチ」を見ていたからこその技術もあると思います。2020年シーズンの活躍にも期待して応援していきましょう!

 

 

巨人の試合を見逃したくないという方はDAZNやスカパーを利用してみてはいかがでしょうか。両者を比較した記事も書いていますので興味があればこちらもぜひチェックしてみてください。

↓   ↓   ↓


 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です