西浦颯大は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

西浦颯大




レギュラーを中々固定できていないオリックスの外野陣の中でも特に若く将来性の高い選手の一人、西浦颯大選手。昨シーズンは77試合に出場し、オリックスでは1993年の当時19歳のイチローさん以来となる10代での本塁打を記録するなど飛躍の一年となりました。

 

開幕スタメンを掴んだものの打率は.195に沈み、打撃面に課題を残しながら8盗塁、7補殺を記録しており走塁や守備では高い能力を発揮した西浦颯大選手。今回はそんな西浦颯大選手の学生時代について振り返ってみたいと思います(^-^)

Sponsored Link

西浦颯大とはどんな選手?小学、中学時代は?

まずは西浦颯大選手のプロフィールについて簡単にまとめてみました。西浦颯大選手は熊本県八代市出身で、1999年5月21日生まれの現在21歳です。身長178cm体重70kgと細身で、表情などはまだあどけなさの残る若々しい選手ですね♪

 

西浦颯大選手の特徴は50m5秒9を記録する俊足と遠投110mを記録する強肩ですね。打撃面での課題は多く打率や長打も少なめですが、守備走塁においては充分過ぎるほど成長していますし打撃面が伸びればすぐにでも外野のレギュラーを掴める素材だと思います♪

西浦颯大

昨年オフにはオーストラリアのウィンターリーグに派遣されており、12月1日時点では打率.310を記録するなど打撃面でも成績を残しています。この調子でオープン戦でも結果を残し、今年も開幕スタメンを掴みとれるように頑張って欲しいと思います^^

 

そんな西浦颯大選手が野球を始めたのは小学三年生の時で、小川キングリバーズというチームに所属していたそうです。六年生の時にはソフトバンクのジュニアチームでNPB12球団ジュニアトーナメントにも出場経験があるそうですよ♪

 

その後中学生になると部活には所属せず、西浦颯大選手は熊本北リトルシニアというチームで硬式野球を始めています。当時から身体能力は高く、三年生の時にはU-15W杯の日本代表にも選出され国際大会を経験しています

 

NPBのジュニアトーナメントや国際大会を経験できるのはひと握りの選手ですが、そのどちらにも選出されるなんてとても凄いことだと思います♪身体能力の高さやセンスもあると思いますが、想像を絶するような厳しい練習をしていたのかもしれませんね^^;

西浦颯大は高校時代どんな選手だった?甲子園出場経験はある?

甲子園

小学、中学時代から様々な大会で才能を発揮していた西浦颯大選手は、中学卒業後、高知県の名門である明光義塾高校に進学しています。西浦颯大選手は早くから明光義塾高校進学を目指しており、三学年上の現西武の岸潤一郎選手に特に憧れを抱いていたそうですよ^^

 

西浦颯大選手は進学後すぐに公式戦出場を果たしており、夏の県大会でもベンチ入りしています。その年の夏の甲子園では予選の不振によりベンチから外れてしまったものの、秋には再び調子を戻し右翼手としてレギュラーに定着しています。

 

二年春にはセンバツ大会に出場し甲子園出場を経験。惜しくも一回戦で敗れていまいましたが、三番右翼手として打線の核を担っています。そして二年夏にも甲子園に出場すると、主に三番一塁手として試合に出場し三回戦では満塁本塁打を放っています。

 

準決勝では現西武の今井達也選手率いる作新学院に敗れてしまったものの、攻守ともに大きな戦力としてチームのベスト4入りに貢献しています。二年生ながら三番を打ち、内外野も守って結果を残すなんて容易なことでは無いと思います(^-^)

 

そして三年春には再び三番右翼手としてセンバツ大会に出場しましたが、一回戦で清宮幸太郎選手率いる早実に敗れてしまいました。しかしその後の夏の県大会でも優勝を果たし、なんと四季連続の甲子園出場という偉業を果たしています。凄すぎますね…^^;

 

三年夏の甲子園も二回戦で前橋育英に敗れ本人も不完全燃焼だったと語っていますが、四季連続甲子園出場を経験出来たのは胸を張って自慢できますね^^甲子園に慣れすぎて緊張もしなさそうなイメージですが当時はどんな心境だったのか気になりますw

 

甲子園に数多く出場し、守備走塁で高い評価を受けただけでなく高校通算29本塁打を記録する長打力も持ち合わせた西浦颯大は走攻守揃った外野手として注目を浴び、2017年のドラフト会議でオリックスから6位指名を受け高卒でプロ入りを果たしました♪

 

プロの壁は高く、未だレギュラーは掴めていないものの、77試合に出場し貴重な経験をたくさん積むことができたのではないでしょうか。今年で高卒三年目とまだまだ伸び代のある西浦颯大選手。

 

今シーズンは課題のバッティングで結果を残し、将来はイチローさんのような球界を代表する打者へと成長することを期待したいですね(^-^)

 

西浦颯大選手と福田周平選手の足の速さを紹介した動画がありましたが、これを見ると本当に速いですね。オリックスは足の速い選手が多くなってきていますし、足でかき回すことで勝利を近づける野球ができそうですね!

Sponsored Link

西浦颯大に彼女はいる?結婚は?

彼女に関する情報はなく、結婚についても情報がありませんでした。まだ20歳ですし、現在は野球を中心として生活をしていて恋愛は後回しにしているのではないでしょうか。

 

将来有望な選手ということで、西浦颯大選手と付き合いたい女性は多そうですね^^。今後、どんな女性と付き合っていくのかにも注目ですね。ちなみに好きな女性芸能人は「深田恭子」さんとのことです。

西浦颯大の登場曲は?

西浦颯大選手の登場曲はかっこいいですね。調べてみたら、Novelbrightというグループの「Walking with you」という曲でした。

 

tikitokとかで流行っていて若い人から人気がすごいみたいですよ。疾走感があっていい曲ですね^^

 

西浦颯大は筋トレ好きで体脂肪がすごい?

西浦颯大選手は筋トレが昔から好きらしく、かなり引き締まった体をしているそうですよ。体脂肪はなんと5%台だったそうですよ。

 

腹筋もばきばきに割れているようですし、かなりストイックに鍛えているみたいですね。これからさらに鍛えて筋力がついて、技術力もついていけば、体の切れが増してすごい選手になっていく可能性もありそうですね。

 

2020年のオリックスの外野は吉田正尚選手、ジョーンズ選手がほぼ確定ということで、残り1枠を西浦颯大選手、佐野皓大選手、宗佑磨選手、などで争っていく感じになりそうですね。佐野皓大選手は足が速いですし、同じようなタイプということで、ライバルとして競っていくことになりそうですね。

 

レギュラー争いはかなり大変だと思いますが、西浦颯大選手には頑張ってもらいたいですね!今後の西浦颯大選手の活躍に注目していきたいと思います^^

 

オリックスの試合中継を安く見たいという方に向けた記事も書いていますので、興味があればこちらもぜひチェックしてみてください^-^b

↓    ↓   ↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です