佐野皓大は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

佐野皓大




オリックスの外野手の中でも特に苦労人で知られる佐野皓大選手。プロ入り時は投手として入団し将来のエース候補として期待されていましたが、成績を残せず一軍登板のないまま2017年に育成契約となり野手転向した経歴を持つ選手です。

 

野手転向二年目の昨シーズンは脚力を買われ一軍に定着。68試合に出場して打率.207、1本塁打、12盗塁という成績を残し今シーズンは更なる飛躍が期待されています。今回はそんな佐野皓大選手の学生時代について振り返ってみたいと思います(^-^)

Sponsored Link

佐野皓大とはどんな選手?小学、中学時代は?

まずは佐野皓大選手のプロフィールについて簡単にまとめてみました。佐野皓大選手は大分県佐伯市出身で、1996年9月2日生まれの現在23歳です。身長182cm体重73kgと細身ながら身長は高く、モデルのようなスタイリッシュな体型の選手です♪

 

佐野皓大選手の特徴は50m5秒8を記録する俊足と遠投124mを記録する強肩ですね。投手としても最速152kmを記録しており、オリックスの選手の中でも抜群に身体能力が高かったことから首脳陣も野手転向を勧めたそうです^^

佐野皓大

野手転向から二年ということで打撃面にはまだまだ課題がありますが、昨年オフには両打ちから成績のよかった右打ちに専念すると語っていた佐野皓大選手。今シーズンは打撃面でも成績を残し、一軍のレギュラーとして花開いて欲しいですね♪

 

そんな佐野皓大選手が野球を始めたのは小学四年生の時で、佐伯リトルヤンキースというチームに所属していたそうです。小学三年生まで陸上と柔道を兼任しており野球を始めたのは比較的遅めですが、メキメキと力をつけてすぐに中心選手に成長したそうですよ(^-^)

 

その後中学は鶴谷中学校に進学。野球部には所属せず、大分南リトルシニアというチームに所属しています。エースとして活躍していた佐野皓大選手は九州大会ベスト4を経験しており、野球と並行して陸上競技をやっていたという噂もあるみたいです。

 

野球でも成績をしっかり残し、陸上競技で脚力や体力強化も行っていたなんて凄いですよね(^-^)柔道の経験もあるのは意外でしたが、柔道をやっていたからこそ体幹も鍛えられて身体能力の高さに磨きがかかっていたのかもしれませんね♪

佐野皓大は高校時代どんな選手だった?甲子園出場経験はある?

中学時代から九州大会を経験し、エースとして頭角を現していた佐野皓大選手は中学卒業後大分高校に進学。大分高校は甲子園に2回の出場歴がある高校です。

 

佐野皓大選手は入学後、一年秋にはチームのエースに抜擢され、エースナンバーを背負うなど一年生ながら大きな期待をかけられていました(^-^)

 

二年生になると控え投手兼中堅手の二刀流として投打にわたって活躍し、春の県大会準優勝や夏の県大会ベスト4を経験。二年秋には投手兼四番打者としてチームを代表する選手へと成長しています。投手としてだけでなく打者としても凄い選手だったんですね♪

 

そして三年夏の県大会では最速152kmの直球を武器に準々決勝と準決勝で連続完封を達成。決勝戦でも先発投手として延長10回を投げ、5失点を喫しますが打者として4打数3安打を記録しチームも6-5で勝利。

 

大分高校初となる甲子園出場を果たしています。万年優勝候補といわれていて期待されていた高校ですが、なかなか甲子園に出場できず念願の初出場となったそうです。学校関係者の方もきっと大喜びだったでしょうね^-^

 

甲子園の一回戦でも四番投手として先発しましたが、8回を投げ13被安打5失点を喫し、打者としても無安打に終わり2-5で破れるという悔しい結果に終わります。それでもチームとして初めて甲子園に行けたのは佐野皓大選手の力あってこそだと思います♪

 

投手としてはもちろん、打者でも高校通算11本塁打を記録し、守備走塁においても高い評価を受けた佐野皓大選手はプロからも注目を浴び、2014年のドラフト会議でオリックスから三位指名を受け、高卒でプロ入りを果たしました(^-^)

 

投手では結果を残せませんでしたが、昨シーズンはプロ入り初の本塁打を記録するだけでなくチーム二位の盗塁数をマークした佐野皓大選手。投手では悔しい想いをした分、野手として活躍し現阪神の糸井嘉男選手のような走攻守で活躍する選手になって欲しいですね♪

Sponsored Link

佐野皓大は結婚してる?

佐野皓大選手はまだ23歳ですが、すでに結婚してるそうです!結婚相手は京都府出身で1歳年下の一般人女性とのことです。

 

知人の紹介で知り合って、交際から3か月のスピード結婚だったそうですよ。2019年10月に婚姻届けをだしたそうです。まだ若いのにすごい早い結婚ですね(^^;。まあでも早くに家庭をもって身を固めることができたので野球に集中できる環境になったのではないでしょうか。

 

奥さまのためにも頑張らないといけないという気持ちが湧いてくるでしょうし、野球に向き合う気持ちもまた変わってきそうですね。

 

結婚がはやいということでできちゃった結婚なのかなと思ったのですが、子供に関する情報はないようです。二人とも若いですし、ちかいうちにおめでたいニュースがあるかも^^

佐野皓大の通算成績は?

2019年終了時点での成績は、69試合出場、130打数、25安打、1本塁打、9打点、12盗塁、打率.207となっています。

 

打率があんまりよくないですが、これは両打席で打ったからということもありそうですね。2020年は右打席に専念するということなので、打率もあがっていくのではないでしょうか。

 

足が速くて盗塁成功率は.800でかなりいいということで、塁にでれば投手にプレッシャーを与えることができそうですね^-^。代走としての活躍できそうですし、2020年ブレイクする可能性も十分にありそうですね。

 

佐野皓大選手が3塁打を打ったときに動画があったのですが、これを見るとめちゃくちゃ速いですね。解説者の方も驚いてました(笑)。これを見ると球界トップクラスともいえるかもしれませんね!

佐野皓大選手は打撃面では課題があるものの、素質は十分だと思いますし、今シーズンはブレイクする可能性も十分ありそうですね^-^。

 

オリックスはここ最近、低迷していますが、佐野皓大選手のような若い選手がでてきているのは良い兆候ですね!オリックスの試合中継を見たいという方こちら↓の記事でも中継の視聴方法などを紹介していますので、こちらもチェックしてみてください^-^b

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です