吉田正尚は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

吉田正尚




今やオリックスを代表する打者として成長した吉田正尚選手。プロ入り直後は腰の怪我などで思うような結果を残せていませんでしたが、昨シーズンは全試合に出場し打率.321、26本塁打、86打点を記録して一躍ブレイクを果たしました。

 

2019年シーズンも初めこそ苦しんだものの、最終的には打率.322、29本塁打、85打点の好成績を残しており、西武の森友哉選手と白熱した首位打者争いを繰り広げていました^^今回はそんな吉田正尚選手の学生時代について振り返ってみたいと思います(^-^)

Sponsored Link

吉田正尚は中学時代どんな選手だった?

まずは吉田正尚選手のプロフィールについて簡単にまとめてみました。吉田正尚選手は福井県福井市出身で、1993年7月15日生まれの現在26歳です。

 

身長は173cmとそこまで高くはありませんが、身体はしっかり鍛え上げられていて外国人選手に負けないくらいの筋肉の持ち主です♪自身でもマッチョを売りにしていて、ダンベルが応援グッズとして浸透しておりもはや吉田正尚選手=筋肉と言えるかもしれませんw

吉田正尚

吉田正尚選手の特徴はなんといっても日本人離れしたフルスイングですね。メジャーリーグのホームランバッターのような打ち方で特大のホームランを量産しています。その上でミート力も高く、選球眼も良いので長距離砲でありながら高い打率も残しています♪

 

そんな吉田正尚選手が野球を始めたのは小学生の時で、地元の麻生津ヤンキースというチームに所属していたそうです。その頃からメジャーリーグの試合をよく見ており、メジャーリーガーのフルスイングに影響を受けて自己流でスイングを作りあげたみたいですよ(^-^)

 

その後中学は福井市足羽中学校に進学し、鯖江ボーイズというボーイズリーグのチームに所属。当時の吉田正尚選手は身長170cmにも満たなかったそうですが、見る人を圧巻する強いスイングで体の大きい選手に負けない長打力を誇っていたみたいですね^^

 

小さい頃から強く振ることを心がけて練習してきた結果が今の吉田正尚選手を作りあげているんでしょうね♪足腰に強い負担はかかりますが、これからも球場にどよめきを生むフルスイングでファンを魅了し続けて欲しいと思います(^-^)

吉田正尚の甲子園出場経験は?高校卒業後の進路についても紹介!

中学時代から長打力に定評のあった吉田正尚選手は、中学卒業後敦賀気比高校に進学。入学前の中学時代に吉田正尚選手を見た監督が「一年ですぐに4番を打つ準備をしておいてくれ」と伝えるほどの期待をかけられての入学だったそうですよ^^

 

入学直後の春から4番右翼手としてレギュラーを掴み、夏には甲子園にも出場。初めての甲子園は初戦で破れてしまいましたが、秋には福井県大会優勝、北信越大会準優勝を果たすなど一年生でありながら主戦力として大きな活躍を見せています。

 

二年春には春のセンバツに出場し二季連続の甲子園出場を果たすと、打率3割を超える活躍を見せチームのベスト8入りに貢献しています。高校入学前から監督に認められていた高い実力を期待通りに存分に発揮しているのが素晴らしいですよね♪

 

高校通算で52本塁打を記録し並外れた長打力を見せていた吉田正尚選手ですが、その後は甲子園に出場することは出来ませんでした。それでも二季連続の甲子園出場を経験しただけでなく甲子園通算で打率.313という成績を残しているのは凄いことだと思います^^

 

Sponsored Link

高校卒業後吉田正尚選手はプロには進まず、青山学院大学に進学します。一年春から4番指名打者としてレギュラーを獲得し、春季リーグでは打率.311、1本塁打、7打点を記録しベストナインにも選ばれ入学直後から素晴らしい成績を残しています。

 

秋季リーグ以降は二学年上で現在同じチームメイトの杉本裕太郎選手が4番に座ったことで3番打者として活躍。指名打者として二季連続のベストナインに輝くと、二年春のリーグでは外野手に転向し再びベストナインに輝くほどの大活躍を見せています♪

 

三年秋のリーグでも外野手として二度目のベストナインに輝いただけでなく、二年時の日米大学野球や三年時のハーレムベースボールウィーク、四年時のユニバーシアード大会といった国際大会にも出場し結果を残すなど圧倒的な実力を見せつけています(^-^)

 

大学のリーグだけでなく国際大会やNPB選抜相手でも結果を残した吉田正尚選手は当然プロからも注目される存在となり、2015年のドラフト会議にて長打力不足に悩んでいたオリックスから一位指名を受けプロ入りを果たしました♪

 

持ち味のフルスイングでヒットやホームランを量産し三冠王も狙えるのではないかとも言われている吉田正尚選手。これからもその魅力的なフルスイングで沢山のアーチを描き、将来はオリックスだけでなく日本を代表する和製大砲として活躍して欲しいですね(^-^)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です