鈴木博志は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

鈴木博志 中学 高校




皆さんは鈴木博志というプロ野球選手を知っているでしょうか。鈴木博志は静岡県出身のプロ野球選手で技巧派と豪腕を兼ね備えた中日ドラゴンズのリリーフの要でもありますよね。

 

そんな鈴木博志選手の学生時代はどんな少年だったのでしょうか。甲子園での出場歴や社会人での活躍ぶりなどプロ入りまでの成績も気になるところですね!そこで今回はそんな鈴木博志選手の学生時代や今後の期待したいポイントと合わせてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

鈴木博志の中学生時代はどんな選手だった!?

鈴木博志選手は小学生の頃野球を始めた当初は捕手として活動していました。その後に投手へ転向し、主に変化球で投球を組み立てる技巧派投手への道を進みます。その後は「大浜中学校」へ進学し、軟式野球部で活動をし始めます。

 

中学時代の終盤には直球に力を入れ始めるようになります。そしてこの頃から「軟式野球」から「硬式野球」へとシフトチェンジをすることになります。その際に学校の野球部では軟式野球しかなかったため、地域の野球クラブ「アプロス菊川」へ通っていたようです。

 

そのクラブでも活躍を果たし、高校からの勧誘も盛んに行われていたようです。その頃、熱烈なラブコールを受けた「磐田東高校」への進学を決めることになりました。その決断が後の鈴木博志選手の野球人生に大きな影響を与えることになります。

 

次は鈴木博志選手の高校時代についてご紹介していきたいと思います。

鈴木博志 中学 高校

鈴木博志の高校時代は!?甲子園の出場歴や大会での成績をご紹介

鈴木博志選手は「磐田東高校」の熱烈な勧誘を受けて入学を決意します。その高校では運命的な出会いが待っていました。

 

高校入学後の1年時からベンチ入りメンバーに名を連ねていたことから当時の期待の高さも伺えますね。その頃には社会人野球の名門校の一つでもある「ヤマハ硬式野球部」の練習にも参加していたようです。

 

球速は最速となる140キロ台にまで伸ばしましたが、翌年の高校2年の頃から怪我に苦しみ始めます。3年生の頃には試合ができる状態では無く、チームも県大会で敗戦し甲子園の出場は叶いませんでした

 

これからという時に試合どころか練習にも参加できず悔しいをしたことと思います。しかしプロになる夢をどうしても諦めることができなかった鈴木博志選手は高校1年時に通っていたヤマハの公式野球部に入り社会人野球からプロ入りを目指すことにしたようです

 

高校では公式戦での活躍ができなかった鈴木博志選手はどのような社会人野球をしていくのでしょうか。次はそんな社会人時代からプロ入りまでのストーリーをご紹介していきます。

鈴木博志の社会人野球での活躍は!?プロ入りまでの道のりをご紹介

高校での悔しさをバネに社会人からプロを目指すことにした鈴木博志選手ですが、社会人野球に進んだ直後はリハビリの生活が待っていました。野球を一からのスタートで迎えることになったのです。

 

リハビリ中には体力強化や体幹トレーニングなど怪我をしない体づくりに力を入れていきました。そのトレーニングの成果もあり体も強くなりました。野球ができるまでに回復した鈴木博志選手は、高校時代の球速を超える140キロ台後半にまでスピードを上げたのです。

 

その後は調整期間を得て社会人2年目にようやく公式戦初登板を飾り主にリリーフ登板で活躍しますが、その後にはまたしても怪我に苦しみます。しかしながら社会人3年目には社会人野球の日本代表に選ばれ、アジア選手権大会でリリーフ投手として優勝に貢献しました。

 

その結果プロからも注目され始め、2017年のドラフト会議で中日ドラゴンズから1位指名を受けました。何度も怪我から復帰を果たし、目標デアあったプロの世界に進んだ鈴木博志選手はまるでアニメの主人公のような存在なのかもしれません。今後の鈴木博志選手の活躍にますます期待が膨らみますね!今後の活躍に期待しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は中日ドラゴンズの鈴木博志選手のプロへの道のりをご紹介してきました。

高校時代では怪我に苦しみ学生時代は活躍ができなかった鈴木博志選手ですが、社会人では見事な復活劇を遂げています。いま怪我に苦しみながらもプロ野球の世界を夢見ている選手の方たちの憧れでもあり目標にもなっている鈴木博志選手の今後の活躍から目が離せなくなりそうですね!

ちなみに鈴木博志選手の現在の最高球速は150キロ台後半になっているようです。年々進化し続ける鈴木博志選手はどこまで進化するのか、来シーズンは中日ドラゴンズの守護神として活躍しているかもしれませんね!今後の活躍を期待しましょう!

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です