平間隼人は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

平間隼人 中学 高校




皆さんは平間隼人というプロ野球選手をご存知でしょうか。平間隼人選手は徳島県出身のプロ野球選手です。2019年のドラフト巨人から育成1位で指名されました。四国一の快足との呼び声もあり走力が高い選手です。

 

平間隼人とはいったいどのような選手なのでしょうか?甲子園の出場歴や独立リーグ時代の成績なども気になるところですね。そこで今回は、平間隼人選手の学生時代や今後の将来性などについてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

平間隼人は中学時代どんな選手だった?

平間隼人選手は徳島県の出身です。1996年12月16日生まれで右投げ左打ちの選手です。身長171㎝、体重76㎏ということなので、小柄な選手ですね。ちなみに「プロ野球選手 平均身長」で検索してみたら181㎝と出たので、平均よりも10㎝も低いんですね。

 

中学生の頃から野球を始めていたようで地元の牟岐中学校に在学していました。当時は軟式野球をしていたようですね。そんな地元からプロ野球選手が誕生したこともあり、地元住民からは熱烈に応援されています。

 

同校に表敬訪問した際にはグラウンドに横断幕のようなものも飾られていたようです。高校時代、独立リーグ時代とずっと地元で活躍してきた平間隼人選手にとって大切な故郷であることは間違いありません。

平間隼人 中学 高校

平間隼人の高校時代は?甲子園の出場歴は?

平間隼人選手の出身高校は鳴門渦潮高校です。徳島県の歴史ある高校で、これまでに多くのプロ野球選手を輩出してきた名門校ですね。ロッテで活躍した里崎智也さんなどがOBにいます。

 

平間隼人選手は高校3年間で甲子園への出場は叶いませんでした。しかしながら、3年のうち2年間は県大会の決勝戦まで勝ち進み、1年間は準決勝まで進んでいます。甲子園まであと一歩のところまでいっていんですね。

 

ちなみに敗れた相手はいづれも鳴門高校で最後の2年間は「8-7」,「6-5」と僅差での敗戦でした。2年時の大会では準決勝でしたが序盤から接戦でした。2回には一時リードを奪うも直後に同点にされ、終盤に粘りを見せるも惜しくも1点差で敗戦。

 

最後の3年時は1年の頃と同じ決勝戦、同カードでぶつかります。この試合でも試合終盤に得点を重ねるも1歩届かず。結果は甲子園未出場でしたがこの頃の悔しさが独立リーグでも活かされ、プロ入りにつながったのではないかと思います。

 

高校時代は3番、5番を任されることが多く、巧打の選手として活躍し、チームを引っ張っていました。3年夏には主将で3番、ショートを任されてチームの主軸として活躍していました。甲子園に出場できませんでしたが、素質は高校時代から高かったみたいですね。

 

主将を任されていたということですし、人望もあって、チームを引っ張る存在だったのではないでしょうか。

平間隼人の高校卒業後は?

平間隼人選手は高校卒業後、四国アイランドリーグという独立リーグでプレイしており、地元の「徳島インディゴソックス」という球団に所属していました。

 

独立リーグの活動は日本全国でも盛んで徳島県のある四国のアイランドリーグを始め、BCリーグと今年からスタートを切った北海道ベースボールリーグの3つがあり、プロ野球を目指す学生や社会人の窓口のような存在になっています。

 

独立リーグはNPBに所属する球団のプロ野球チームのように一つの企業が球団を所有するのではなく、複数の一般企業が共同でリーグを運営・管理しているのが特徴です。

 

そのため予算なども限られており、NPBの選手と比べても収入差が大きく、リーグ開催時以外はスポンサー球団で勤務をしたりする場合もあるようで環境面の違いもかなり大きいです。平間隼人選手はそうした厳しい状況の中で練習や試合を経験して着実に成長していったようですね。

 

独立リーグ時代には、広範囲な守備力に加えて脚力にも定評があり、同リーグで最多となる43盗塁を記録しています。

Sponsored Link

 

メインポジションは遊撃手です。現在、巨人の一軍には言わずと知れた球界を代表する名遊撃手「坂本勇人選手」がいます。しかしながら、坂本勇人選手は30を超えていて腰痛もあるということで、ずっと安泰というわけではなく、次世代の遊撃手が求められています。

 

坂本勇人選手の後釜になる遊撃手の候補の1人に、平間隼人選手はなるのではないでしょうか。

 

そんな平間隼人選手ですが、2019年一軍出場を果たした増田選手と同じチームでプレイしていました。同じ内野手でタイプも似ている2人ですが、平間隼人選手にとって増田選手は憧れの存在のようです。オフには一緒に自主トレをこなすなど仲の良さが伺えます。

 

そんな2人が将来のジャイアンツを背負っていってくれると思うとなんだか頼もしく見えてきますよね。今後の活躍に期待しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は平間隼人選手についてご紹介してきました。選手の能力はまさにプロレベルで今後の活躍が楽しみな選手でしたね。

 

選手個人の能力も高く、独立リーグでの日本一に貢献しています。遊撃手意外にも二塁手もこなすことができ複数ポジションができるユーティリティプレイヤーの1人です。安定した守備は増田二世との呼び声も高く、高評価となっています。

 

特徴はやはりその脚力で、俊敏性が今回の指名に繋がったのではないでしょうか。今後のポジション争いを勝ち取り、支配下登録を目指して欲しいですね!

 

高校時代に味わった悔しさや反骨精神・独立リーグでの経験は今後のプロ生活に活かされるでしょう。そして何よりも地元での長年の活躍や貢献は今後の若い選手にとって憧れの存在に映ったに違いありません。

 

スタートはこれからです。まずは支配下登録を目指して、地元の人たちの憧れの的になって欲しいですね。今後の活躍に期待しましょう!

 

 

巨人の試合をネットで視聴したいという方は、安くネットで視聴する方法を紹介していますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

↓    ↓    ↓


 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です