増田珠は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

増田珠




増田珠選手はソフトバンクに所属してる若手の選手で今後の活躍が期待されている選手ですね!元気がいい明るい選手でチームのムードメーカーとしての役割も期待されています^-^

 

今回はそんな増田珠選手の中学、高校時代に関する情報を中心に紹介していきます。

Sponsored Link

増田珠はどんな選手?中学時代は?

増田珠選手は長崎県出身、1999年5月21日生まれの21歳です。「珠(しゅう)」という名前は珍しいですね(^^;。珠という字には宝物という意味があるようです。きっとご両親にとって宝物ということでつけたのでしょうね。

 

増田珠選手は右投げ右打ちの内野手で身長は179㎝、体重は85㎏です。プロ野球選手の平均は平均身長は181cm、平均体重は84kgくらいなので、ちょうど平均くらいの体格ですね!

増田珠

増田珠選手は長崎市立稲佐小学校の1年のときからソフトボールを開始したそうです。その後、中学は長崎市立淵中学校に進学しています。「長崎シニア」というチームに所属し、投手兼外野手として活躍してそうです。

 

「長崎シニア」は硬式のチームでサイトをみると、全国大会出場などの実力のあるチームのようです。増田珠選手も中学時代には全国大会に出場したことがあるそうです。中学時代から凄い選手だったんですね^-^

 

そして、WBSC U-15ワールドカップにU-15野球日本代表に選出されたそうですよ!中学時代は同年代でトップクラスの実力を持っていたんですね!やっぱりプロになるような選手は違いますね(^^。しかも4番、キャプテンを任されていたそうですよ。

 

身体能力が高くて、バランスがよく、打つのも投げるのも得意だったみたいですね。きっと中学時代から将来プロになれると思われていたのではないでしょうか。

Sponsored Link

増田珠の高校時代は?甲子園の出場歴は?

増田珠選手は中学を卒業後、地元の高校ではなく、甲子園常連の横浜高校に進学しました。横浜高校は高校野球ファンなら誰もが知っている高校ですね^-^

 

春15回、夏18回の甲子園出場歴を誇りプロ野球選手を数多く輩出している強豪校です。そんな強豪校で、増田珠選手は1年の春からベンチ入りを果たしています。夏には1年ながら外野のレギュラーを獲得していたそうなので、レベルの高さがうかがえますね。

 

1年の夏の県大会では東海大相模高校に敗れてしまい、甲子園の出場は叶いませんでした。「神奈川を制するものは全国を制する」と言わてた時代もありますし、神奈川で代表となるのはかなり厳しい戦いが多かったみたいですね。

 

2年の夏には甲子園の出場を果たしました。2回戦まで進みましたが、履正社高校に敗退してしまいました。しかし、増田珠8打数4安打という素晴らしい結果を残しました。きっと、この活躍によってスカウトからも注目されたのでしょうね^-^

 

3年の夏にも県大会で5本塁打の大活躍を見せて、チームを甲子園に導きます。4番センターとして出場し、安打を放ち、盗塁を決めるなどしますが、残念ながら秀岳館高校に敗れてしまいました。

 

高校3年間で甲子園通算3試合、打率.455(11打数5安打)、1盗塁という好成績を残しています。甲子園でこれだけ素晴らしい成績を残したということで本当にすごいですね。大舞台で強い性格をしているのでしょうね!

 

U-18野球日本代表に選出されるなどして国際大会にも出場しています。

 

中学、高校と素晴らしい成績を収めてきたんですね!中学で全国大会、高校で甲子園に2度出場しているということですごいですね^-^

 

高校通算で33本塁打で走攻守揃っていて、三振も非常に少ないということで、野球センスの塊のような選手ですね!

増田珠の高校卒業後は?

増田珠選手は高校卒業後、ソフトバンクからドラフト3位で指名をうけます。長崎出身ということで、同じ九州のチームからの指名ということで嬉しかったのではないでしょうか。

 

ちなみに増田珠選手は昔から千葉ロッテのファンだったそうで、千葉ロッテに希望していたといわれていたそうです。父親が昔からロッテファンだったということもあり、千葉ロッテが好きだったみたいですね(^^;

 

千葉ロッテには入れませんでしたが、ソフトバンクは育成も上手い球団でしたし、いまはソフトバンクに馴染んでいるようですし、結果的には良かったといえそうですね^-^

 

プロに入団後はまだ活躍できておらず、1軍では2年間で2試合の出場、4打数0安打、1三振となっています。中学、高校でいくら活躍していてもプロはレベルが違うということで厳しい世界ですね。

 

2019年はウエスタンリーグで111試合に出場し、規定打席にも到達し、打率.278・53打点・7本塁打という成績を残しています。着実に成績を伸ばしていて、今後の活躍が期待されています。

増田珠は手術した?全治は?復帰はいつ?

増田珠選手は2019年のオフに右手の骨移植手術を受けました。全治は6か月と診断されたそうです。2019年11月に手術したそうなので、2020年の5~6月くらいに復帰するのかもしれませんね。

 

2020年5月現在は、まだ復帰に関する情報はないようです。新型コロナの影響で開幕が伸びていますし、開幕までに状態が良くなれば、2020年シーズンは1軍での出場機会が増えていき、活躍する姿が見れるかもしれませんね。

 

ソフトバンクは選手層が厚く、ライバルとの争いもかなり大変だと思いますが、なんとか頑張って、出場機会を増やしていき、活躍してほしいですね!

増田珠の性格は?

増田珠選手の性格は明るくて元気があるそうですよ。ホームランを打った時には松田選手の「熱男ーー!」のオマージュである「増男ーー!」というパフォーマンスをしているそうです(^^;

 

スカウトからも「あの元気はダイヤモンドの中で生きる。内川聖一や松田宣浩の姿を見て学んで、ファンにも愛される選手になってほしい」

 

といわれていたそうですし、学生時代から明るいキャラで仲間からも慕われていたようですね!

 

また、増田珠選手は父親が厳しかったということもあり、礼儀正しい性格をしているそうですよ。高校時代に甲子園に出場した際にセンターの守備位置についたときにバックスクリーンに一礼するということを習慣にしていたそうです。

 

甲子園のセンターの神様にあいさつしていたそうですよ。感謝の気持ちを忘れない心を持っているということですごい好青年という感じですね^-^

 

場の雰囲気をよくすることができる力を持っていて、取材する記者からも、「野球を心から楽しんでいるように見える」などといわれているそうですし、明るいキャラで周囲から愛されているようです。

 

松田選手の後継者になっていきそうな選手ですね^-^b

 

ここまで順調な野球人生を送ってきましたが、手首の手術ということで、今は大変な状況とは思いますが、頑張って成績を残して、将来はソフトバンクを背負っていくバッターに成長していってほしいですね!

 

増田珠選手をはじめ、ソフトバンク選手が活躍する試合をたくさん見たい方は「楽天パリーグスペシャル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

コスパも良くて、見逃し配信などもあり、快適に見ることができますよ^-^。楽天パリーグスペシャルについてはこちら↓の記事でも評価、評判などを紹介していますので興味があればこちらもどうぞ

↓   ↓    ↓


 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です