中川颯の球種、球速は?どんな性格、特徴をもった選手?

中川颯




今回ご紹介する選手は投打の二刀流として高校時代から注目を集め、球界でも数少ないアンダースローの投手、中川颯(なかがわ・はやて)選手です!

 

渡辺俊介投手に憧れ、中学時代からアンダースローを始め、高校生の時には投手としても素晴らしい成績を収めつつ打者としても活躍し、プロのスカウトから打撃面でも高評価を得た選手です。

 

大学に進学し、日本代表に選ばれた実績もあり、チームの守護神として日本一を経験するなど活躍を続ける中川颯選手についてまとめました。

Sponsored Link

中川颯選手の球速・球種

立教大学に在籍する中川颯選手は身長184センチ、体重80キロ、右投げ左打ちの投手で、サブマリンとも呼ばれるアンダースローから最速136キロのストレートを投げ込みます。

 

かつてアンダースローで球界を沸かせた元ロッテの渡辺俊介投手の最速が132キロ、楽天の牧田和久選手の最速が137キロであることから中川颯選手のストレートもプロの世界で十分に戦える球速だということがわかります。

中川颯

昨年、球界を沸かせたソフトバンクの高橋礼投手の最速が146キロですが、高橋選手が特別な存在であるだけで、オーバースローと違い下手投げの独特な軌道を描くボールなので、球速がそこまで速くなくても戦えるのがアンダースローの魅力の一つでもあります。

 

変化球はスライダー、シュート、シンカーを持っていて、浮き上がるストレートに加えて変化球を内角、外角に丁寧に投げ込むことで凡打の山を築きます。

 

現在のNPBでも数えるほどしかいないアンダースローの投手ということで、プロの世界でも貴重な存在として重宝されると思います。

 

今後も良い成績を収めて、ドラフトでの指名を勝ち取りプロのマウンドで投げる中川颯選手を見るのが楽しみですね!

中川颯選手の特徴

神奈川出身の中川颯選手は小学1年生の頃より野球を始め、幼いころから怪物と呼ばれる上手な選手ではありませんでしたが、父親の熱心な指導と子供離れした目的意識をもって練習をしていたことから徐々に頭角を現してきました。

 

渡辺俊介選手に憧れを抱いて中学1年生の頃からアンダースローに挑戦し始め、中学生の頃はショート兼投手としてプレーをしていた中川颯選手は中学卒業後に桐光学園に進学しました。

 

高校入学後は「エース格ではなかったが体ができてくればきっといい選手になる」と感じた野呂監督の方針のもと、経験を積むために試合の出場機会を増やしていき、1年生の夏からベンチ入りを果たすと予選5試合中4試合に登板して経験を積みました。

 

夏の甲子園に出場することができず、迎えた秋の県大会ではピッチャー兼ショート、打順は4番を任され神奈川県大会準優勝に輝くなど、チームの主力としての活躍を見せ、在学中の最高成績は県大会準優勝・関東大会1回戦が最高成績でした。

 

残念ながら高校の3年間で甲子園の出場は叶いませんでしたが、4番として高校通算26本塁打、東海大相模高校の門馬監督からも県内ナンバーワンと評された打力がプロのスカウトからも高評価を得て、高校生の頃は投手としてよりも打者として注目を集めていました。

 

高校生の時にプロ志望届を提出していれば打者として指名された可能性があった中川颯選手ですが、プロ志望届は提出せずに高校卒業後は立教大学へと進学し、大学では投手に専念することになりました。

 

大学進学後は1年生ながら守護神として抑えの座を掴み、1年生の春のリーグ戦から登板を重ね、開幕戦の法政大学戦では4回を投げて無失点の好デビューを飾り、リーグ戦全体では2勝0敗、防御率2.57の成績で35季ぶりの優勝に貢献しました。

 

全国大会には1年春の第66回大学野球選手権に出場していて、4試合中3試合に抑えとして登板して2勝を挙げ、12回を投げて9奪三振、1四死球、被安打6本、防御率は0.00の好成績を収めて最優秀投手賞を受賞しました。

 

大学日本代表には2018年のFISU世界大学野球選手権大会で選ばれていて、決勝戦の舞台にも登板した中川颯選手は無失点の好投で日本の優勝に貢献し、新型コロナウイルスの影響で選考合宿が中止されてしまいましたが、2020年の6月に開催される国際大会の代表候補にも選ばれました。

 

今までは守護神として抑えで登板する機会の多かった中川颯選手ですが、今年からは先発に転向し「今年は自分がチームを引っ張ると」と意気込んでいます。

 

シーズンの開幕が不透明なままですが、先発に転向したことによって今後は打席に立つ機会も増えることから高校生以来の二刀流も期待されますが、今年はエースとして中川颯選手がどんな投球を披露してくれるのか楽しみですね!

Sponsored Link

中川颯選手の性格

中川颯選手ですがピンチにも動じない強心臓が魅力で、中川颯選手本人も「プレッシャーに強いのが僕の持ち味」と語っています。

 

その性格が評価され大学入学直後から守護神を任され、1年春の慶応大学戦では9回から登板し2-2の同点、1死満塁でフルカウントの場面から3者連続三振を奪うなど、ピンチの場面でも思い切り腕を振ることができる選手です。

 

立教大学の溝口監督は「思い切りと腕の振りの良さ、強心臓がある。中川じゃないとロングリリーフはできないし、平然と投げられない」と絶大なる信頼とピンチに動じない性格を評価しています。

 

ぜひプロの世界に行ってもこの強心臓を武器に結果を残してほしいと思います!

まとめ

今回は2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる中川颯選手についてご紹介しました。

 

今秋のドラフト会議について中川颯選手は「上位指名を目指したい。完璧を目指さないと中途半端に終わってしまう」と語っていて、来年はプロの世界で戦う決意を口にしました。

 

高校生の頃から注目を集めていた中川颯選手が今年のドラフト会議で指名され、プロの世界に入って活躍する日を楽しみにしています!

 

 

プロ野球界でアンダースローといえば高橋礼選手ですね。高橋礼選手の記事も書いていますので興味があればこちらもどうぞ

↓   ↓  ↓


 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です