入江大生の球種、球速は?どんな性格、特徴をもった選手?

入江大生




今回も2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる選手についてご紹介します!

 

今回ご紹介する選手は高校3年生の時に全国制覇を経験し、現在は明治大学に在籍する入江大生(いりえ・たいせい)選手です!

Sponsored Link

入江大生選手の球種・球速

明治大学に在籍する入江大生選手は身長187センチ、体重82キロ、右投げ右打ちの投手でオーバースローから最速150キロのストレートを投げ込みます。

 

大学3年生の昨年、投球フォームの変更と食事トレーニングで体重が5キロ増えた結果、最速を150キロにまで伸ばして安定した投球ができるようになりました。

 

フォームを変更するまで制球も安定せず球速も伸びないなど、かなり苦労をしてきた入江大生選手ですが、先輩で広島からドラフト1位指名を受けた森下投手の練習や投球内容を参考にして成長を遂げました。

入江大生

変化球はカットボール、カーブ、スライダー、フォークを投げ分け、常時140前半のストレートに加え、一番遅いカーブは110キロほどと、緩急を友好的に使い打者から三振を奪える投手のようです。

 

大学での通算奪三振率は9.64の数字を残していて、登板イニングより多い三振を奪える入江大生選手は変化球の中でも縦スライダーを得意球としているようで、打者を打ち取るためだけではなく、空振りも奪えるボールです。

 

もともとポテンシャルの高かった入江大生選手ですが、昨年に急成長を遂げて球速、制球が安定したことから今年はエースとしての活躍が期待されています!

 

昨年、最速を更新したことから今年の冬の期間で入江大生選手がどこまで成長したのか楽しみですね!

Sponsored Link

入江大生選手の特徴

栃木県出身の入江大生選手は小学3年生時から野球をはじめ、中学生の時にはボーイズで投手兼外野手としてプレーして全国大会8強を経験した後に作新学院高校へ進学しました。

 

作新学院高校に進学後は1年生の秋からベンチ入りを果たすと、2年夏の甲子園3回戦、九国大付戦で1回無失点の投球内容で全国デビューを果たしました。

 

3年生春の栃木県大会でエースナンバーを付けた入江大生選手ですが、準々決勝戦で8失点の内容で敗退したことから、夏の大会では一塁手兼投手として試合に出場しました。

 

3年生の夏も栃木県大会で入江大生選手は4番打者として打率.571、1本塁打、15打点と打撃でチームをけん引し、投手としては10回を投げて11奪三振、1失点の内容で栃木県大会優勝に貢献しました。

 

甲子園では打撃が好調で、2回戦から準々決勝までの3試合連続本塁打を放つ活躍を見せ、準決勝の明徳義塾高校戦では最終回の1イニングを投げて145キロをマークして抑え込むなど、投打で大活躍を見せました。

 

入江大生選手の活躍もあり作新学院は54年ぶりの甲子園優勝を果たし、甲子園での活躍が評価されてU18日本代表に選出されレフト兼DHとして試合に出場し、インドネシア戦では本塁打を放つ活躍を見せ、アジア選手権優勝に貢献しました。

 

高校卒業後は明治大学に進学し、入江大生選手の希望で大学生の時は投手としてプレーをしていくことが決まり1年春のリーグ戦からリリーフとしてベンチ入りを果たしました。

 

リリーフとして登板を重ねた入江大生選手は3年秋までの6季で26試合に登板して2勝5敗、60イニングを投げて防御率は2.69、奪三振率9.64の成績を収めています。

 

26試合で先発のマウンドを踏んだのは2試合のみですが、今年の春からは新エースとしての活躍の期待が高まり、春のリーグ戦からは先発として活躍することが期待されています。

 

先発に変更し、打席に立つ機会も増えることから入江大生選手は二刀流への挑戦を宣言し「投手で結果を残したら両方やりたかった。これまでバットを持たなかったから、年明けから振り込んでいきたい」と活躍を誓いました。

 

高校生の頃も打撃が好調だった入江大生選手ですが、大学の舞台でも同じように好調な打撃を披露してくれることだと思います!

 

投手としても魅力たっぷりな入江大生選手ですが、打撃も結果を残せればU18の時に代表に選ばれた経験から、野手としてドラフト会議で指名される可能性もあるかと思います。

 

入江大生選手が今年はどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね!

入江大生選手の性格

入江大生選手の性格ですがお調子者のようです。

 

高校3年生の頃のインタビューで自分はどんな性格か?との問いに対して「お調子者」と回答していました。

 

試合中の真剣な表情の入江大生選手しか見たことがないので、普段はどんな感じなのか想像は尽きませんが、きっと自分でそう答えるくらいなので、笑うことが好きでみんなの輪の中心にいるような感じでしょうか?

 

今後、様々な入江大生選手の素顔が見れるようになると思いますので今後が楽しみですね!

まとめ

今回は2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる入江大生選手についてご紹介しました。

 

大学日本代表の候補選手にも選ばれている入江大生選手が今年はどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね!

 

投手としてプロに行くのか野手としていくのかはわかりませんが、今年の活躍次第で様々な道が開けてくると思います。頑張れ入江大生選手!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です