山崎伊織の球種、球速は?どんな性格、特徴をもった選手?

山崎伊織 球種 球速




ドラフト会議で毎年、話題になるのは豊作か不作かということが議論されていますが、2020年のドラフト会議はかなりの豊作が期待されます。

 

高校生ではスラッガータイプ、大学・社会人では150キロオーバーの本格派投手が揃い、2020年のドラフト会議では大豊作な気がします!

 

そんな中で今回は東海大学に在籍する山崎伊織(やまざき・いおり)選手をご紹介します!

Sponsored Link

山崎伊織選手の球速・球種

東海大学に在籍する山崎伊織選手は身長181センチ、体重72キロ、右投げ左打ちの投手でスリークォーターから最速153キロのストレートを投げ込む本格派投手です。

 

細身の体ながら、投げ込むストレートは腕を下げている分、若干のシュート回転気味ながら常時145キロ前後を記録していて、追い込んだ時には150キロを越えるボールを投げ込み、三振を奪うより打ち取るタイプのピッチングをします。

山崎伊織 球種 球速

変化球はカットボール、ツーシーム、スライダー、チェンジアップ、スプリット、シュートを投げ分け、変化球の中でもスライダーとカットボールは評価が高く、ストレートの速さが注目されていますが、変化球の制度が高くテンポよく投げ込み打者を翻弄します。

 

ストレート・変化球の質は良いものを持っていますが、制球力に若干の課題を抱えていて、試合中、時折、逆球や高めに抜けるケースが散見されるのでそこを改善できるようになれば、もっとすごい投手へと成長すると思います!

山崎伊織選手の特徴

兵庫県出身の山崎伊織選手は小学1年生の頃から野球を始め、高校は明石商業高校に入学して1年秋からベンチ入りを果たしました。

 

2年夏の県大会で控え投手ながら3試合11イニングに登板し、3回戦では明石西戦で5-0、9奪三振の完封勝利をおさめたことから注目を集め、秋の大会では山崎伊織選手の好投もあり、県大会優勝・近畿大会ベスト4を達成しました。

 

3年の春にチームは甲子園に出場しましたが、調子を崩していた山崎伊織選手は登板の機会がないまま甲子園を去り、春の県大会で復調の兆しを見せましたが肘痛を発症し、近畿大会でのベンチ入りを逃しました。

 

3年夏の大会は前述の怪我の影響で投手としての出場はありませんでしたが、1番・外野手で出場し、ランニングホームランを放つなど打撃が好調で、打率.429の活躍をみせチームを決勝戦まで導きましたが敗退して甲子園の出場は叶いませんでした。

 

高校卒業後は東海大学に進学し、2年春からリーグ戦に出場すると無傷の3勝・防御率0.68、防御率ランキング3位に入る活躍を見せ、3年生の秋からエースとしてチームを牽引しています。

 

大学のリーグ戦の成績は17試合に登板して11勝1敗、107回を投げて91奪三振、被安打率6.27、奪三振率7.61、四死球率1.42、防御率1.09の安定した成績を収めています。

 

国際大会には3年夏の日米大学野球に出場していて、すべての試合に中継ぎとして登板し、3イニングを投げて5奪三振、被安打2本、1四死球、無失点の好投を披露しました。

 

大学日本代表の合宿で行われた紅白戦で5者連続空振り三振を奪ったことから、大学日本代表の守護神候補として名前が挙がっており、ますます今後の活躍が期待されます!

 

3年秋のリーグ戦終了後の関東地区大学野球選手権大会は右肘を痛め、明治神宮大会のマウンドに上がれなかったことがあり、春先の肘の状態が気になりますが今のところ何も聞こえてこないため、心配はいらないと思います!

 

高校・大学と肘を怪我しているので、今後の状態が少し気になりますが、大学在学中にトレーニングを積んでもらって怪我に強い体を手に入れるとともに、プロの世界でも通用する体作りをしてほしいと思います!

Sponsored Link

山崎伊織選手の性格

山崎伊織選手の性格ですが負けず嫌いな性格のようです。

 

今年の抱負を聞かれた山崎伊織選手は「4年春は大事。投げられるか投げられないかでだいぶ変わる、プロの世界に行きたい」と語った後に「やるからには一番すごいと言われたい」と話していました。

 

やるからには一番になりたい誰にも負けたくないという思いが強く、高校生の頃は控え投手、大学で掴んだエースの座もケガで明け渡すなど、大事な時に投げられないことが何度もありました。

 

その悔しい思いを晴らすべく、今年の春にかける思いはすごいものがあると思いますので、体の調子を見ながら焦らずに調整を重ね、圧倒的な投球を披露してくれるのを楽しみにしています!

まとめ

大学日本代表の合宿で圧倒的な投球を見せ、プロのスカウトも注目する山崎伊織選手。

 

中日ドラゴンズが非常に高い関心を示していて、1月に行われたスカウト会議で2020年のドラフト会議で1位指名候補12人を挙げた中に山崎伊織選手の名前も含まれていました。

 

中日のほかに広島も上位指名候補としてリストアップをしているので今後の成績で山崎伊織選手のドラフト会議での指名も濃厚になってくると思います。

 

今まで、怪我に悩まされてきた山崎伊織選手ですが今年は十分に気を付けてもらいマウンド上で躍動してもらいたいと思います!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です