【楽天】則本昂大の球種、球速は?どんな性格、特徴をもった選手?

則本昂大 球種 球速




2012年のドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受けて大卒で入団した則本昂大選手(のりもと・たかひろ)

 

2019年の3月に肘のクリーニング手術をして、2019年シーズンは12登板となりましたが、2020年はチームのエースとしての活躍が期待される則本昂大選手についてまとめました

Sponsored Link

則本昂大選手の球種・球速は?三振が多い理由は?

則本昂大選手は身長178センチ、体重82キロの体格で右投げのスリークォーターから最速158キロのストレートを投げ、変化球はスライダー、フォーク、チェンジアップ、カーブを投げ分けます。

 

則本昂大選手といえばストレートで押して、フォークを決め球に三振を奪い、スライダーも使い打者を翻弄し5年連続の最多奪三振のタイトルを獲得しました。

 

則本昂大選手の強みの一つが、決め球に使えるボールが3球種あり、2018年の50個以上、三振を奪った球種はストレート、フォーク、スライダーになります。

 

決め球に使えるボールが多いということは打者にとって狙い球を絞りづらく、対応できずに三振となってしまう場合が多いということですね。5年連続で最多奪三振のタイトルを取っていた秘密はこの3球種なんですね

 

あとは四球が少なくてコントロールもいいので狙ったコースに投げることができて三振を奪えるというのもありそうです。ストレートの伸び、変化球、コントロールともにレベルが高いということで三振も多く奪えているのでしょうね^^。本当に完成度が高く素晴らしい投手ですね!

則本昂大 球種 球速

則本昂大選手の特徴

小学生の頃から野球を始めた則本昂大選手。

 

甲子園の出場経験がない則本昂大選手は、現在は廃校となっている三重中京大学に進学し、1年生の秋からリーグ戦に出場していました。4年生で出場した全日本大学選手権では大阪体育大学戦で20奪三振の大会記録を樹立し、特別賞を受賞しました。

 

大学通算ではリーグMVP1回、ベストナイン2回、三重県リーグ成績33勝0敗と圧倒的な成績を残し、2012年のドラフト会議で楽天から2位指名を受けて入団しました。それにしても大学時代のリーグ戦で無敗とはさすがですね

 

新人選手で唯一の1軍キャンプに参加した則本昂大選手は開幕投手を務めるも敗戦投手になってしまいましたが、2度目の登板となる4月5日の千葉ロッテ戦でパリーグの新人最速でプロ初勝利をあげました。

 

Sponsored Link

入団初年度から活躍した則本昂大選手は1年目から15勝を挙げる活躍を見せ、新人王も獲得しました。開幕投手を務め、入団1年目に15勝、チームは初の日本一と則本昂大選手のプロ生活は最高のスタートを切りましたね。

 

則本昂大選手といえば、チームのエースですがそれを裏付けるのが開幕投手で、2017年にWBCに出場したことによる影響を考慮して外れるまで、新人から4年連続で開幕投手を務めました。

 

2017年シーズンはNPB新記録となる8試合連続での二桁奪三振を記録し、シーズンを通しての奪三振は自己最多の222個、4年連続で最多奪三振のタイトルを獲得しました。

 

ちなみにそれまでの記録は野茂茂雄さんが記録した6試合連続が最高で記録を2試合延ばしました。則本昂大選手といえば気迫のこもった投球で三振を奪うイメージですが、数字としても素晴らしい成績を収めていますね。本当にすごい選手ですよね^^

 

2019年シーズンは右肘のクリーニング手術を受けることになり、開幕を出遅れるものの7月には1軍に復帰すると、敗れればクライマックスシリーズが消滅する9月19日の千葉ロッテ戦で8回を無失点に抑え球数は100球を超えても150キロを超えるなど、完全復帰を果たしました。

 

則本昂大選手は2018年に3085球も投げたということで、今年の不調や怪我はその負担とかあったのかもしれませんね。巨人の菅野選手も2018年に3000球を超えて投げていましたが今年故障などがありましたね。

 

2018年に3000球を超えたのはこの二人ということで、この3000球を超えるとけっこう翌年に怪我とか不調になることが多いみたいです。則本昂大選手は2014~2016までも3000球を超えて投げていたということなので、疲労が蓄積している可能性もあるのではないでしょうか。

 

あんまり投げすぎると選手としての寿命が短くなってしまう可能性があるので、無理なのない程度に調整して投げていってほしいですね。怪我には気を付けつつ、来年はエースとしてチームを引っ張っていってほしいですね期待しています!

則本昂大選手の性格

マウンド上では強気の気迫あふれる闘志をみせる則本昂大選手。

 

意外にもプライベートでは控えめな性格のようで高校時代の監督には「野球をしていないとおおらかで穏やかな性格、授業も真面目に受けていた」と話しています。

 

大学時代の監督からは「ユニフォームを着ていないと、どこにいるかわからないくらい目立たない選手だった」と語っていて、野球をしていないと大人しく温厚な性格の持ち主であることがうかがえますね(^^;

 

野球では一番になりたい、勝ちたいという思いが人一倍強くて、マウンド上では感情を前面に出した投球になるのかもしれませんね。ポーカーフェイスもいいですが、気迫あふれる投球でチームを引っ張るエースも僕は好きです!

則本昂大がFAを行使!

則本昂大選手がFA権を行使して、楽天に残留することを表明しました!今季の開幕前に、7年契約をしているということで、生涯楽天で現役を終えようと考えているみたいですね^^。

 

楽天ファンとしては最高にうれしいニュースではないでしょうか!これからも楽天のエースとして大活躍してくれそうですね( ´∀`)b

 

則本昂大は結婚してる?子供は?

則本昂大選手は 2013年12月24日に結婚しています。23歳のときに入籍したということでけっこう早い年齢での結婚だったんですね。奥様は紋華さんという一般人の女性です。

 

紋華さんはお付き合いしているときから料理の勉強をするなどして栄養の管理とかもしっかりしてくれていたそうですよ。やっぱりプロ野球選手の奥さんというのは料理が上手くないとなかなか務まらないのでしょうね。

 

奥さんとの出会いは高校時代で、1年下のマネージャーだったそうですよ。すぐには付き合うことはなかったそうですが、のちに野球部の忘年会で再開して則本選手が猛アタックし、交際に発展、無事にゴールインしたそうです!

 

そして、2016年3月8日に長女が、2018年9月に次女が誕生しています。かわいい女の子二人ということで則本昂大選手はお子さんを溺愛しているそうですよ!お子さんについての名前、画像などの情報は非公開にしているようです。

 

美人と噂の素敵な奥さんとかわいい二人の娘さんがいるということでモチベーションも非常に高いのではないでしょうか。家族のためにも今後も怪我無く活躍してほしいですね。

 

奪三振の日本記録を持ち、チームのエースとして活躍する則本昂大選手。6度目の最多奪三振を目指して、2020年も楽天のエースとして活躍を期待しています。頑張れ則本昂大選手!

 

 

則本昂大選手を含め、楽天の試合をすべてチェックしたいという方はDAZNやスカパーを利用してみてはいかがでしょうか。DAZNとスカパーの比較をして、どっちがいいか紹介した記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

↓   ↓   ↓


 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です