森原康平の球速、変化球がすごい?投球スタイルや性格、甲子園の出場歴などを紹介!

森原康平




楽天イーグルスのリリーフとして活躍している森原康平選手。2019年は64試合に登板し、侍ジャパンにも選出されるなどして、大活躍している選手ですね^-^

 

今回は森原康平選手について、球種や球速の情報、投球スタイルの情報など様々な情報を紹介していきます。森原康平選手をあまり知らないという方にも森原康平選手の魅力が伝わるような情報を紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください^-^

Sponsored Link

森原康平の最高球速は?変化球がすごい?

森原康平選手は広島県出身で1991年12月26日生まれの28歳です。身長は185㎝88㎏とがっちりとし体格で力強い投球が持ち味の選手です。

 

球速は最速154キロです。平均は149キロ前後で伸びがあるストレートが武器となっています。ストレートでもしっかりと空振りが狙える選手ですね^-^

 

変化球はフォーク、スライダー、カットボール、チェンジアップを投げることができます。多彩な変化球を持っていますが、基本はフォークとスライダーを使っています。

森原康平

得意としている変化球はフォークです。腕の振りが良くて、球速も早く、変化量も多いということで、ストレートだと思ってバッタはー空振りしやすいようです。

 

youtubeに森原康平選手フォークで三振をとる動画があったのですが、このフォークは素晴らしい切れと落差ですね^-^b。フォークの平均球速は140キロ前後のことが多いようです。これはバッターも苦戦するのは当然ですね(^^;

野村克也さんも森原康平選手のフォークについては「史上最高」と絶賛していたそうです!

森原康平の投球スタイルは?

森原康平選手は基本的に力で押していくタイプで、ストレートでぐいぐいと追い込んでいき、スライダーでカウントも整えつつ、最後はフォークやストレートで仕留めるというスタイルですね。

 

森原康平選手は四球も少なくて安定感があり、フォークのコントロールもいいので、暴投とかもほとんどないので、この点も投手としてのスキルが高いといえますね。

 

フォークは力むと叩きつけるようになってベース前で落ちてしまうことも多い球種ですが、森原康平選手の場合はそういうこともないですし、狙ったところにフォークを投げられるということで高い技術があるといえます。

 

ホップするような直球とこのフォークが組み合わさることで、空振り率が高くなるのでしょうね。ネット上でも「ストレートの伸びがえぐい!」とか「フォークの落ちがやばいなあ」みたいな感想を持つ人が多いですし、本当にすごい選手ですね!

 

球威のあるストレートとフォークで抑えまくる様は横浜ベイスターズにいた大魔神佐々木に似たものがありますね(^^;。森原康平選手は投げっぷりが良くて貫禄もあるし、今後、楽天イーグルスの守護神としてさらに活躍していきそうですね!

 

スライダーもたまに投げることで緩急もつけられていますし、右打者も左打者も苦手意識がなく、走者がいてもあまり崩れることがないということでかなり優秀な投手ですね。

 

2020年はブセニッツ、シャギワと抑えの座を争うことになりそうですが、素質的には森原康平選手が抑えに向いている感じがしますね。本人も抑えをやりたいという気持ちが強いようですし、結果を残して、楽天イーグルスの守護神として活躍してほしいですね^-^

森原康平の性格は?

森原康平選手は強きでストイックな性格をしているようです。どんな状況であってもマウンド上では堂々として、貫禄がでてきていますし、自分に自信があるように見えますよね。

 

ストイックに練習を続けて、投球技術が向上してきているということで、強きでしっかり投げられているのではないでしょうか。

 

2019年、中継ぎとして素晴らしい成績を残しましたが、それに甘んじることなく研鑽をつづけていて、自分には伸びしろがまだまだあると考えているようです。

 

全球種の球速を2キロアップさせたいという思いもあり、さらにレベルアップを図っているそうですよ。さらに球速が速くなったらバッターにとってはかなり嫌でしょうね(^^;

 

常に上を見続けて努力を続けられる性格ということなので、ストイックな性格なのでしょうね!

 

あとは森原康平選手はインスタやツイッターをやっていて、ファンとの交流も大事にしているようです。ファン思いで優しい性格の持ち主であるともいえますね^-^。ファンからの質問とかにも真摯に答えているようですし、すごい性格がよさそうですね!

森原康平の甲子園の出場歴は?

森原康平選手の出身高校は広島県の山陽高校です。山陽高校はそこまで強い高校ではないようですが、甲子園には1990年と1994年に出場しています。

 

ちなみに森原康平選手の2学年後輩には中川皓太選手がいます。数年で2人の素晴らしい投手を輩出してるということで、指導力の高い高校なのでしょうね。

 

森原康平選手は高校時代にはあまり目立つような活躍できなかったそうです。3年夏の選手権広島大会で準決勝まで行ったものの、敗退してしまい、3年間をとおして甲子園には届きませんでした

 

高校卒業後は、近畿大学、新日鐵住金広畑を経て、楽天にドラフト5位で入団しています。社会人3年で即戦力として期待されての入団でした。それでもドラフト5位ということで、当時はそれほど評価が高くなかったみたいですね。

森原康平の通算成績は?

森原康平選手の2019年終了時点での通算成績は123試合登板、7勝8敗43ホールド、120.1回、105三振、与四球34、暴投1、防御率3.44です。

 

通算の与四球率2.543ということで、コントロールもいいですね。通算での奪三振率は7.852ですが、2019年の奪三振率は9.141ということでかなりいいですね。四球が少なくて、三振も多いということで素晴らしい投手ですね!

 

2019年に覚醒し、球界屈指の投手に成長したということで、今後の活躍が楽しみですね。楽天イーグルスの守護神としてチームの優勝に貢献してほしいですね^-^

 

楽天イーグルスの試合中継をネットで見るためのおすすめの方法を別の記事で紹介していますので、興味があればこちらもぜひチェックしてみてくださいね!
↓    ↓    ↓

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です