ラーズ・ヌートバーの特徴、強みとは?性格、人柄は?なぜ日本代表?

ラーズ・ヌートバー




 

2023年はWBCがありますね。注目選手はいろいろいますが、ラーズ・ヌートバー選手も注目されていますね。

 

MLBのセントルイス・カージナルス所属の選手で、日本代表に初選出ということで気になったので、どういう選手なのかいろいろ調べてみました。

Sponsored Link

 

ラーズ・ヌートバーの特徴、強みとは?

ラーズ・ヌートバー選手は、カリフォルニア州ロサンゼルス郡エルセグンド出身で1997年9月8日生まれの25歳です。

 

父親がオランダ系アメリカ人で、母親が日本人です。

ラーズ・ヌートバー

身長が約190.5 cm、体重が約95.3 kg。日本のプロ野球選手の平均身長は180.8cm、平均体重は84.2kgということで、日本の選手よりも一回り大きな恵まれた体格を持っていますね。

 

右投左打の外野手であり、2018年にMLBドラフト8巡目(全体243位)でセントルイス・カージナルスに入団しています。

 

ラーズ・ヌートバー選手の特徴としては、一言で言うと、走攻守揃ったタイプのようです。

 

直近の2022年のメジャーでの成績は次のとおりです。

 

試合数108 打席347 打数290 安打66 本塁打14 打点40 打率.228 出塁率.340 長打率.448 OPS.788

 

そこまで打率は高くなく、規定打席にも到達しなかったものの、選球眼が良くて出塁率も高く、長打力もあるタイプのようです。

 

四球をしっかり選んでくれるので、チームへの貢献力も高いといえそうですね。ボール球をしっかり見逃して、甘い球がくれば長打にできるパワーもあり、チャンスにも強いということで、かなり強力な選手といえるのではないでしょうか。

 

去年は三塁打3本、二塁打16本も打っているので、走力もあるようです。盗塁は4つなので、そこまですごい走れるというわけではないようです。

 

大学時代には野球とアメフトをしていて、フィジカルがかなり強い選手ということでこういう選手がいると打線に厚みがでるといえそうですね。

 

プレーオフでは打率3割を超えていたそうですし、ここ一番の大勝負にも強いようなので、日本にとっても大きな戦力になるのではないでしょうか。

 

守備面の特徴としては、外野ならどこでも守れる選手であり、守備力も安定しているようです。際どい球をダイビングキャッチして、チームを救ったりしますし、強肩でランナーを刺すこともできるので、安心して守備を見ていられる選手といえそうですね。

 

WBCの日本代表は外野手が少ないのではと言われているので、外野のどこでも守れるラーズ・ヌートバー選手は貴重な存在といえるのではないでしょうか。

ラーズ・ヌートバーの性格、人柄は?

ラーズ・ヌートバー選手は、明るくて陽気な性格をしているようです。チームメイトとも上手くコミュニケーションをとっていて、愛されキャラという感じのようです。

 

前向きでエネルギッシュで元気のあるプレイをしてくれるということで、チームのムードメーカー的な役割も担うことができるタイプの選手のようです。

 

日本人の母親から、「時間厳守」、「気持ちのいい挨拶をする」というのを言い聞かされてきたということで、日本人っぽい気質も持ち合わせているようです。

 

外国でプレイしてきた選手が日本代表になることについては、「チームから浮いてしまうのでは」という心配の声もあるようですが、そういったこともなさそうです。

 

ラーズ・ヌートバー選手は、日本人に対する理解もあり、リスペクトもしているようですし、どんなチームにも馴染むのが早いようなので、日本代表にすんなり受け入れられるのではないでしょうか。

 

性格的な欠点とかもなさそうですし、ファンサービスもしっかりしていて、人懐っこい明るいナイスガイという感じのタイプみたいなので、すぐに日本代表に馴染んで活躍してくれるのではないでしょうかね。

Sponsored Link

 

ラーズ・ヌートバーはなぜ日本代表になった?

ラーズ・ヌートバー選手の国籍は、アメリカですが、母親が日本国籍を持っているということで、日本代表の選出要件に当てはまるということで選出されたということらしいです。

 

今回のWBCは、アメリカが本腰を入れて強い選手を揃えているということもあり、メジャーで多くの投手と対戦経験があり、知識ももっているラーズ・ヌートバー選手を選んだというのもあるようです。

 

対戦相手の情報とかもチームで共有できますし、現役メジャー選手というのは大きな強みといえるのでしょうね。

 

あとは、栗山監督は野球のグローバル化を重要視していて、こういう選手が日本代表に入ることで、いろんな波及効果がでることも期待しているのではないでしょうか。

 

日系アメリカ人の選手に対して、日本代表への門戸が開かれているということをアピールすることにもなりますし、日本代表入りを希望する選手が増えれば、チームも強くなり、日本の野球の発展につながるという考えもありそうですね。

 

日系選手初のサムライジャパン入りということで、話題性もあるので、今回のラーズ・ヌートバー選手の日本代表入は、非常にいい効果があるといえるのではないでしょうか。

 

日本語については、昔は話せたようですが、現在は、かんたんな日本語と挨拶くらいしかできないようですが、持ち前の人懐っこさと、明るさで、チームにすぐに馴染んでくれると思いますし、日本代表での活躍を期待したいですね^ー^

 

サムライジャパンの初戦は3月9日に東京ドームで行われるということで、楽しみに待ちましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です