西武ライオンズの試合中継をネットで安く見るおすすめ方法を紹介!

西武ライオンズ




西武ライオンズの試合中継をネットで安く見たいという方に向けての情報を紹介していきます。

 

最近はいろんなネット中継がありますが、一体どこがいいのでしょうか。プロ野球のネット中継を行っているサービスの中で特におすすめのサイトを紹介していきます。

Sponsored Link

西武ライオンズの試合中継をネットで見る方法とは?

西武ライオンズ

プロ野球をネット中継で見る方法はいろいろありますが、とくに人気なのはDAZN、Rakutenパリーグspecial、スカパープロ野球セットの3つです。

 

この3つのサービスはどれもプロ野球ファンからの評判良くて、利用者も多いサービスとなっています。それではまずは、それぞれのサービスのメリット、デメリットを確認していきましょう。

・DAZN

・DAZNのメリット

DAZN

DAZNのメリットは数多くの球団の試合が見れるという点です。広島カープ以外の11球団の試合を見ることができます。パリーグだけではなく、セリーグの試合についても見ることができますので、セリーグに好きなチームがあるという方には最適です^-^

 

また、プロ野球以外にもサッカー、ゴルフ、テニス、バスケといったほかのスポーツコンテンツも充実していますので、野球だけではなく、ほかのスポーツが楽しめるのもメリットといえます。

 

また、メジャーの試合も日本人選手が所属してるチームを中心に中継されたり、見逃し配信で視聴できます。秋山翔吾選手のメジャーでの活躍をしっかりチェックすることもできますので、これは大きなメリットですね!

 

ほかにも見逃し配信やハイライト機能があり、仕事が忙しくて中継を見ることができないという方でも時間があるときに試合をみることができます。ハイライトはスポーツニュースで見るよりも詳しくまとまっていて、見どころもしっかり写っているので、ライオンズ以外のほかの球団の試合を軽くチェックするということもできます。

 

料金は月額1925円(税込)です。野球以外にも数多くのスポーツが見れてこの金額なのでコスパはいいですね。

・DAZNのデメリット

デメリットとしては視聴による使用容量が多いというのがあります。通信環境などによっても異なるようですが、1時間で2~3GBくらいの容量が消費されるので、スマホの使用できる容量が少なかったりすると容量を超えてしまい速度制限にかかってしまう可能性があります。

 

自宅での光回線などの場合は、容量をたくさん使っても問題ないですが、スマホをメインに使うという場合には、この容量が問題になってしまうケースもあるので注意が必要です。ただ、データーセーブ機能というのがあり、それを利用すれば消費量は抑えれるので、こういったものを活用すると容量は減少して速度制限にもなりにくくなります。

 

ほかにはアクセスが殺到することによって、配信が止まったり、カクついてしまうという現象があります。ただ、これについても以前よりはだいぶ良くなっているようです。この点はけっこう不満や不平が多かったということもありDAZN側もしっかり滞欧して、サーバーを強化したりして、対応しているようです。

・Rakutenパリーグspecial

・Rakutenパリーグspecialのメリット

楽天パリーグ
Rakutenパリーグspecialではパリーグ6球団の試合をみることができます。西武ライオンズの試合だけ見れればいいという方には最適ですね。Rakutenパリーグspecialの最大の魅力は何といっても料金の安さですね。月額料金は702円(税込)となっています。

 

年額の場合には5,602円(税込)となり、さらに安くなります。プロ野球の場合にはオフシーズンがあるので年払いがお得かどうかは微妙なところですが、それでも月払いでの月額料金が安いですし、かなりコスパが良いと思います^-^b

 

また、動画をダウンロードしてオフラインで見ることができるというメリットもあります。この方法であればデータの通信料を気にすることなく利用できますので安心ですね!

 

他には再生機能が充実していて、利用しやすいというのもメリットといえます。イニング再生、スロー再生、スコア表示など操作性も良くて、ストレスなく利用できると好評です。

 

そのほかのメリットとしては、Rakutenパリーグspecialは楽天のSPUの対象となっているので、楽天のポイント倍率があがります。これによって楽天市場を利用したときにポイントが貯まりやすくなります。楽天ユーザーで楽天市場でよくお買い物をするという方にとってはこれはけっこう大きなメリットではないでしょうか!

・Rakutenパリーグspecialのデメリット

セリーグの試合を見ることができないというのがデメリットですね。パリーグだけ見れればいいという方にとっては気にならない部分ですが、セリーグの試合をチェックしたいという方にとっては不便ですね。

 

あとはDAZNと違い、プロ野球しか見れないというのもデメリットですね。プロ野球以外のスポーツも見たいという方には向いていません。

・スカパープロ野球セット

・スカパープロ野球セットのメリット

スカパー
最大のメリットは12球団の試合が見れるという点ですね。西武ライオンズ以外にセリーグにも好きなチームがあり、そのチームの試合を見たいといいう方には最適です^-^

 

また、衛星放送で視聴できるので、遅延などもなく、画質もきれいで、臨場感のある画質でプロ野球を堪能できます。自宅でのんびりとプロ野球中継を見たいという比較的、時間に余裕があるという方に向いているといえそうですね。

 

また、アプリもあるので、外出先でもスマホを利用してみることができます。ほかには野球関係の番組が充実していて、凝った作りの番組が多いのも特徴です。また、野球以外のアニメ、ドラマ、映画などのチャンネルもあるので、プロ野球以外にも楽しむことができます。

・スカパープロ野球セットのデメリット

最大のデメリットは料金の高さです。基本料金を含めて月額4483円(税込)かかります。毎月、これだけの金額がかかるというのはけっこう厳しいと感じる方も多いのではないでしょうか。

 

ほかの配信サービスと比べても料金が倍以上なので、けっこうコスパが良くないですね。

 

また、アンテナがない場合には取り付けなどの工事費用がかかってしまうというのもデメリットとして大きいですね。混雑している場合には工事までに時間がかかることもありますし、アンテナがない場合にはすぐに見れないというデメリットがあります。

Sponsored Link

西武ライオンズの試合中継をネットで安く見るには?

西武ライオンズの試合をとにかく安く見たい場合にはRakutenパリーグspecialが一番おすすめですね。

 

DAZNも魅力的ですが金額が倍以上になりますので、とにかく安く見たい場合にはRakutenパリーグspecialが一番ではないでしょうか。

 

特に楽天ユーザーで楽天でよくお買い物をするという場合には断然、Rakutenパリーグspecialがお得だと思います。楽天ポイントの倍率が上がってポイントが貯まりやすくなりますし、さらにお得感があります。

 

まずは安いRakutenパリーグspecialを利用してみて、不満を感じたり、ほかのスポーツが見たいと思ったら、DAZNを利用したりするのが良いと思います^-^b

↓     ↓    ↓

Rakuten パ・リーグ Special
DAZNは1か月の無料期間があるので、それを最初に利用してみるというのもいいと思います!
↓     ↓    ↓

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

2020年の西武ライオンズについて

2020年は秋山選手が抜けた穴を誰が埋めるのかがカギになってくるのではないでしょうか。

 

新加入したスパンジェンバーグ選手が1番に起用される可能性というのも浮上しているようです。スパンジェンバーグ選手がどれだけ活躍してくれるのかによってチームの勢いが変わってきそうですね。

 

森友哉選手、山川穂高選手、中村剛也選手という中軸に外崎選手やメヒア選手という強力なバッターがいますし、山賊打線は2020年も十分機能しそうですね。

 

野手では個人的に西川愛也選手の活躍を期待しています。1軍での試合経験はないものの2軍戦ではけっこう打っており、バッティングセンスがあると思いますし、1軍の試合で見てみたい選手ですね。

 

あとは投手陣ですが、高橋光成、今井達也、松本航というドラフト1位トリオが試合を作ってくれれば安定しそうですね。ニールや、ノリンといった外国人選手も期待できますし、中継ぎでは平良海馬選手のような若い選手も頑張っていますので、厚みもでてきているのではないでしょうか。

 

戦力が充実していますし、2020年も西武ライオンズは優勝争いをしていく可能性が高そうですね^-^b

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です