【ソフトバンク】モイネロの球種、球速は?どんな性格、特徴をもった選手?

ソフトバンク モイネロ




今回ご紹介する選手は2020年の活躍が期待されるソフトバンクの外国人選手、リバン・モイネロ・ピタ投手です。

 

2017年に来日して、当初は育成契約でしたが1ヵ月あまりで支配下登録を勝ち取ると3年間で143試合に登板して62ホールドを記録するなど、ソフトバンクになくてはならない選手へと成長しました。

 

年々成長を重ね、昨年はキャリアハイの60試合に登板するなど、今年も活躍が期待されるモイネロ選手についてまとめました。

Sponsored Link

モイネロ選手の球種・球速

モイネロ選手はキューバ出身の24歳、身長178センチ、体重69キロ左投げ両打の投手でオーバースローから最速155キロのストレートを投げ込み、シーズンを通してセットアッパーとしてフル回転の活躍を見せています。

 

変化球はチェンジアップ、スライダー、カーブを投げ分け、変化の大きなカーブは打者の目線をそらし、ストレートと同じ腕の振りから投げられるチェンジアップが一番の武器で、緩急をうまく使えることから奪三振を多く奪える投手です。

ソフトバンク モイネロ

チェンジアップに関してはモイネロ選手独特の投げ方、指の抜き方をしていて、しっかりと腕を振れているため打者にとっては見分けがつきにくく、タイミングを崩しやすいとバッテリーを組む甲斐捕手が絶賛していました。

 

2019年の球種別の配球割合を見るとストレートが58%、スライダー22%、チェンジアップ10%、カーブ10%と投球の7割近くをストレートとチェンジアップが占めています。

 

この配球割合からもわかるように、ストレートとチェンジアップがモイネロ選手の軸になるボールで、2019年シーズンは59回1/3を投げて86個の三振を奪うなど、制球力も良く打者を翻弄し三振の山を築きました。

 

2018年シーズンは安定感を欠きましたが、2019年シーズンには文句なしの成績を収めていて、今シーズンもモイネロ選手の好投が期待されます。

 

2017年シーズン以来、西武に阻まれリーグ制覇はできていませんが、日本シリーズには3年連続出場、3年連続制覇とまさに常勝軍団の中で、今年もモイネロ選手が好投を披露して日本一に貢献してくれると信じています!

モイネロ選手の特徴

1995年生まれのモイネロ選手はキューバ共和国出身で、8歳のころから野球をはじめ、2人の従兄弟は元キューバ代表選手、おじの2人も元プロ野球選手とアスリートの家系で育ちました。

 

そんなモイネロ選手も12歳の頃から本格的に野球を始めると徐々に頭角を現し始め、16歳の時にはキューバのU-23リーグでプレーし、2013年、17歳の時に国内プロリーグ入りを果たし、同年に行われたワールド・ベースボール・クラシックにキューバ代表として出場しました。

 

2017年シーズン開幕後の5月10日に派遣という形でソフトバンクに育成選手として入団し、5月28日の練習試合でデビューを飾ると、その後も順調に活躍を重ねてデビューから3週間と経たない6月16日には支配下登録を勝ち取りました。

 

6月27日の日ハム戦でデビューをすると、そのまま左の中継ぎ陣として1軍に定着し34試合で4勝3敗15ホールド1セーブ、防御率2.52の好成績を上げ、モイネロ選手の好投もあり2年ぶりの日本一に貢献しました。

 

2018年シーズンはワンポイントリリーフやセットアッパーとして起用され、シーズンを通して中継ぎ投手陣の一角を担い、49試合に登板して5勝1敗、13ホールドを記録し、防御率は前年よりも低下して4.53となりましたが、チームの2年連続日本一に貢献しました。

 

2019年シーズンは前年以上の活躍が期待される中で、開幕から14試合連続無失点をマークするなど好投を披露して、夏場に左膝痛、キューバ代表として国際大会出場などでチームを離れる時期がありましたが年間で60試合に登板しました。

 

離脱はあったもののシーズンを通して1軍の試合に出場し続けリーグ3位の34ホールド、防御率1.52、奪三振率13.04とキャリアハイの成績を残し、3年連続日本一に大きく貢献し、チームになくてはならない選手へとなりました。

 

シーズンも開幕せず、オリンピックも延期になってしまいましたが、ソフトバンクの一員として、キューバ代表選手としてモイネロ選手が活躍してくれるの楽しみにしています!

モイネロ選手の性格

ソフトバンクホークスの公式Twitterでモイネロ選手が紹介されたときに「明るい性格でチームを盛り上げてくれる左腕。日本語も上手になっています」と紹介されていました。

 

まだまだ24歳と若いモイネロ選手は、試合以外の場面ではきっと若者らしい表情や行動でチームメイトを和ませてくれていることだと思います!

 

また、以前からキューバ代表でチームメイトのデスパイネ選手と仲が良く、グランド内外でモイネロ選手を支え、時には自宅に招いて料理をふるまったり非常に仲良くしているようです。

 

異国の地に来て活躍できているのもこうした周囲の支えや、モイネロ選手の人柄で周囲が支えてくれるので結果を残せているのかもしれませんね。

Sponsored Link

まとめ

今シーズンに活躍の期待がかかるモイネロ選手についてまとめました。

 

3月には米大陸予選に出場予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で予選は延期になるなど、モイネロ選手も試合に出れず厳しい日々を送っているようです。

 

キューバ代表としてオリンピックに出場予定だったモイネロ選手は延期について「コロナウイルスは怖い。だけど1年間伸びることで時間ができるので出場に向けていい準備ができる」と前向きに話していました。

 

今シーズンもいつ開幕するのかわかりませんが、モイネロ選手が前年以上の好投を披露してくれると信じています!

 

モイネロ選手をはじめソフトバンク選手活躍をたっぷりみるなら楽天パリーグがおすすめです。楽天パリーグはコスパも良くて、快適に見れるということで人気のサービスとなっています。

 

楽天パリーグの評判、評価などを紹介している記事がありますのでぜひチェックしてみてください^-^b

↓    ↓   ↓


 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です