藤井聖の球種、球速は?どんな性格、特徴をもった選手?

藤井聖 球種 球速




今回ご紹介する選手は2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる藤井聖(ふじい・まさる)選手です!

 

東洋大学出身の藤井聖選手は2018年のドラフト会議で上位指名されたソフトバンクの甲斐野選手、横浜の上茶谷選手、中日の梅津選手に囲まれて登板機会に恵まれませんでしたが、社会人に進んでから活躍しプロ注目選手として評価が高まっています。

 

ドラフト指名解禁となる社会人野球2年目を迎えた藤井聖選手についてまとめました。

Sponsored Link

藤井聖選手の球速・球種

JX-ENEOS野球部に在籍する藤井聖選手は身長176センチ、体重78キロ、左投げ左打ちの投手でオーバースローから最速150キロのストレートを投げ込む本格派投手です。

 

セットポジションからタメを作ってグラブを下げながら重心を下げ、右足を着地させた後は左ひじを柔らかく使いながらも力のこもった切れ味の良いストレートを投げこみます。

藤井聖 球種 球速

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップを投げ分けスライダーは常時120キロ前後、カーブは110キロ、チェンジアップも110キロと、最速150キロのストレートと緩急を有効に使い、三振を奪う投手です。

 

社会人になってから公式戦四死球率は2.83、日本代表として臨んだ第29回BFAアジア選手権大会では1.80と安定した成績を収めていて、内角・外角を広く使って三振を奪い、四死球で自滅することもないのでリリーフとしてはもちろんですが、先発としてゲームを作ることもできる投手です。

 

昨年のBFAアジア選手権では3試合に登板して5イニングを投げ、被安打0本の10奪三振、無失点と好投を披露してプロのスカウトから高い評価を得ました。

 

今年も昨年と同様に好調を維持して、大会で良い結果を残せば秋のドラフト会議で指名されることは確実だと思いますので今後が非常に楽しみですね!

Sponsored Link

藤井聖選手の特徴

神奈川県出身の藤井聖選手は小学3年生から野球を始め、中学生の時にはリトルシニアで外野手としてプレーし、高校は静岡県の富士市立高校に進学して外野手から投手へと転向しました。

 

2年生の夏にチームは4強へと進出しますが藤井聖選手は登板の機会に恵まれず、秋の大会からエースとしてチームを牽引すると、3年生の春の予選では磐田東高校と対戦し、ドラフト候補との投げ合いで延長11回を投げて15奪三振、2失点の完投勝利をおさめ、視察に来ていた中日のスカウトから高い評価を得ました。

 

夏の大会も藤井聖選手は好投し、初戦では9回を投げて18奪三振のノーヒットノーランを記録するなど活躍しましたが甲子園の出場は叶わず、高校卒業後は東洋大学へと進学しました。

 

東洋大学では後にプロに行く東洋大三人衆と呼ばれた甲斐野選手・上茶谷選手・梅津選手といった好投手に囲まれてしまったので登板機会に恵まれず4年間で10試合、14回2/3、0勝1敗、防御率2.45の成績に終わりました。

 

しかし、親交の深い上茶谷選手からは「東洋大学ではなかったら一番手だ」と当時から言われていて、藤井聖選手が劣っていたわけではなく上記の3選手の存在でなかなか機会に恵まれなかっただけで、大学でも好投を披露していました。

 

大学卒業後はJX-ENEOSに入社すると1年目から公式戦に出場し8試合に登板して28回2/3を投げて38奪三振、6失点、奪三振率11.93、防御率1.88の好成績を収め、チームに欠かせない投手へとなりました。

 

大久保監督からは「藤井が一番頑張っている。プロの夢も叶えてほしいが、素材だけで行くのではなくチームを勝ちに導いてから次のステップへ行ってほしい」と藤井聖選手への信頼は厚く、評価が高いことから求めるものも大きくなっています。

 

今年はエースとして活躍が期待される藤井聖選手は「ストレートはもちろんですが、繊細なコントロールと変化球の向上が課題。私生活からすべてを変えていきたい」と更なるレベルアップを目指しています。

 

2019年シーズンはがむしゃらに進んできたシーズンだとは思いますが、今年は更なる飛躍と昨年以上の結果を残してプロの世界に進んでほしいですね!

藤井聖選手の性格

藤井聖選手の性格ですが過去のインタビューで「単純な性格なので褒められると状態が良くなるタイプ」と語っていて、単純かどうかはわかりませんが褒められることによって伸びるタイプの選手のようです。

 

インタビューの時にはちょっとした冗談を言ったのかとは思いますが、藤井聖選手のモットーは「あきらめなければいつか絶対に輝ける」を大切にしていて、大学時代に好投手に囲まれて登板機会の少ない中で、あきらめずに練習を続けた結果の今があると思います。

 

高校でエースとして活躍し、大学時代はあまり結果を残せなかった藤井聖選手が社会人になり再び輝き始めたのは常にあきらめず努力をしてきたからだと思います。

 

今後もプロ入りの目標の為に頑張ってほしいと思います!

まとめ

今回は2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる藤井聖選手についてご紹介しました。

 

2019年シーズンは結果も残し、国際舞台でも通用することを証明した藤井聖選手が今年はどんな活躍をしてくれるのか楽しみですね。

 

秋のドラフト会議で指名され、プロの世界で躍動する藤井聖選手を楽しみにしています!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です