平川裕太の球種、球速は?どんな性格、特徴をもった選手?

平川裕太 球種 球速




今回ご紹介する選手は2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる平川裕太(ひらかわ・ゆうた)選手です!

 

社会人野球の鷲宮製作所に所属していて、大学時代は全日本大学野球選手権で2年連続準優勝に大きく貢献し、マウンド上では気迫たっぷりで強気に打者に立ち向かう投球が持ち味の選手です。

 

小柄ながら150キロを超えるストレートを投げる本格派投手で、秋のドラフト会議で指名されてプロの世界に進むことが期待されている平川裕太選手についてまとめました

Sponsored Link

平川裕太選手の球速・球種

鷲宮製作所に在籍する平川裕太選手は1996年生まれの23才、身長172センチ、体重75キロ、右投げ右打ちの投手でオーバースローから最速151キロのストレートを投げ込む本格派投手です。

 

セットポジションからタメを作り早めに着地して、小さめのテイクバックから投げ込むストレートは常時140キロ台中盤と比較的早いボールを投げ込み、球速以上にノビがあり、空振りを奪えるボールです。

平川裕太 球種 球速

変化球はスライダー、カーブ、シンカー、スプリットを投げ分け、平川裕太選手はコントロールが良く、内角・外角に丁寧に投げ込めることから四死球が少なくゲームを作れる投手であることがわかります。

 

大学生の時の成績はリーグ戦89イニングを投げて四死球はわずかに9個と安定した制球が持ち味で、ストレート、スライダー、スプリットを中心とした投球で三振を奪うことができ、先発としてよりもリリーフとして登板する機会が多いようです。

 

目良宏監督からも「気持ちが強いし、球の質の良さもトップレベル」と評価されていて、全幅の信頼を置かれている平川裕太選手が一冬超えて今年はどんな投球を披露してくれるのか楽しみですね!

平川裕太選手の特徴

千葉県出身の平川裕太選手は小学生の頃から野球をはじめ、高校は東海大学付属浦安高校に進学して2年生の秋からエースとして活躍し、3年生の春には防御率0.90の好投で千葉県大会準優勝を経験し、続く関東大会でも初戦で完投勝利を収めました。

 

完投の舞台でも平川裕太選手の投球は通用し、3年夏の千葉県大会では甲子園の出場が期待されていましたが、東海大望洋との準決勝で敗退してしまい甲子園の出場はかないませんでした。

 

高校の3年間で甲子園の出場が一度も無く、悔しい経験をした平川裕太選手は高校卒業後、国際武道大学に進学して大学では1年生の春からリーグ戦に出場を果たし、2年生の春のリーグ戦からはリリーフエースの座をつかみました。

 

大学時代の通算成績は45試合に登板して14勝3敗、161イニングを投げて自責点はわずかに12点、通算防御率は0.67の好成績を残し、MVP2回、ベストナイン2回、最多勝1回、奪三振王2回と多くのタイトルを獲得しました。

 

全国大会には3年生の春・4年生の春の2回出場していて、先発・リリーフとして平川裕太選手は起用され、8試合中6試合に登板して27イニングを投げて29奪三振、防御率0.99の好投でどちらの大会も準優勝に輝きました。

大学卒業後はプロ志望届を提出せず、鷲宮製作所に入社すると1年目からリリーフとして登板を重ね9試合に出場して、19イニングを投げて22奪三振、防御率3.22の安定した成績を収めました。

 

全国大会には夏の都市対抗野球・秋の日本選手権に出場していて、秋の日本選手権では2試合にリリーフで登板を果たしていて、初戦のシティライト岡山戦では勝利投手になるなど、安定した投球を披露しました。

 

社会人2年目となる今年ドラフト会議での指名も解禁され、平川裕太選手がプロの世界に進むかどうか注目が集まります。

 

ぜひ良い成績を収めてプロの世界に進んでほしいですね!

平川裕太選手の性格

平川裕太選手の性格ですが非常に度胸がある人のようです。

 

あまり緊張するタイプではないです」と語る平川裕太選手はピンチの場面でも臆することなく、普段通りの投球ができる投手のようです。

 

精神的に安定しているので試合中に自分のリズムを崩さず、四死球も出さずにゲームを作れているのはこの性格のおかげかもしれませんね

 

今はまだ情報があまりない平川裕太選手ですが、今後プロ入りすればメディアへの露出も増えて様々な表情を見せてくれると思いますので今後がますます楽しみですね!

 

そのためにも、ぜひプロの世界で活躍してほしいと思います!

まとめ

今回は2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる平川裕太選手についてご紹介しました。

 

平川裕太選手は「大卒の同期がプロで活躍しているのが刺激になっている。もしプロに入れた時に彼らと差がつかないように、まだまだ成長したい」と将来的にプロの世界に進みたい気持ちがあるようです。

 

現段階でプロのスカウトから平川裕太選手に寄せられたコメントは見当たりませんが、表に出てきていないだけでマークされていることは間違いないと思います。

 

今年のドラフト会議で平川裕太選手が指名されて、プロのマウンドで投げる日を楽しみにしています!

 

 

2020年のドラフトで注目されている社会人投手としてはトヨタ自動車の栗林選手もいますね。栗林選手に関する記事も書いていますので、興味があればこちらもどうぞ
↓   ↓   ↓


Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です