東妻純平の性格、特徴は?両親(父・母)はどんなひと?兄弟は?

東妻純平 特徴 性格




和歌山県出身で智辯和歌山高校野球部の捕手として活躍してきた東妻純平(あづま・じゅんぺい)。2019年、横浜DeNAベイスターズにドラフト4位で指名を受けて入団しました。

 

遠投125mの強肩を武器に高校1年生の頃からベンチ入りを果たし、5季連続で甲子園に出場して甲子園では2本の本塁打も放ち、今後の活躍が期待されている東妻純平選手についてまとめました。

Sponsored Link

東妻純平の特徴は?学生時代について紹介!

智辯和歌山高校出身、身長172センチ、体重74キロ、右投げ右打ちの東妻純平選手は、中学生時代はショートのポジションを守っていましたが、遠投125mの強肩をかわれて高校からキャッチャーのポジションにコンバートしました。

 

甲斐キャノンで知られるソフトバンクの甲斐拓也選手が遠投で115m、大リーグ、シアトルマリナーズで活躍した城島健司さんが遠投で120mと、東妻純平選手の肩がいかに強いかがわかると思います。

 

捕手に肩の強さが大切なのはもちろんですが、盗塁を刺すための2塁送球タイムが2秒を切るとプロの世界では強肩の部類に入りますが、高校時代の東妻純平選手の2塁送球タイムは1.8秒と遠投・2塁送球タイム共にプロの世界でも十分に活躍できる数値となっています

東妻純平 特徴 性格

東妻純平選手の魅力が肩の強さはもちろんですが打撃センスも抜群で、高校での公式戦通算成績は37試合、打率.415、4本塁打、43打点、出塁率は.497とまさに強肩強打のスラッガータイプの捕手であることがわかります。

 

甲子園での通算打率も3割を超えていて、地方大会だけではなく全国レベルの投手と対戦してもしっかりと結果を残し、三振の数も少なく選球眼も良くて、打点が多いことから勝負強いバッティングができる選手だとわかります。

 

東妻純平選手の魅力はもう一つあって、野球脳といわれる野球に対する考え方が非常に高いレベルで考えられることです。プロの世界でも高校生でもそうですが、やはり考える野球をできない選手は大成しません。

 

東妻純平選手の高校時代の試合動画をいくつか見ると、キャッチャーからの牽制球で何度かアウトにしているシーンが見られます。

 

グラウンド上の監督ともいわれるキャッチャーのポジションを現段階で完璧にこなす東妻純平選手がプロの世界に行ってどこまですごい選手になるのか今から楽しみですね。打てる強肩捕手はどこのチームも欲していますし、スカウトからの評価も高かったようですし、プロでの活躍が期待されますね^-^

東妻純平の性格

東妻純平選手の性格についてですが、非常にまじめで物事を深く考えられる性格のようです。

 

高校の練習では部員の最後になるまでグラウンドで練習を続け、どうやったらうまくなるかを考え、監督やコーチに指導を仰いでいたようです。

 

上手くなりたいという一心で真剣に考え行動できるのは、中々思ってもできない人が多いなか、しっかりとやりぬける東妻純平選手は素晴らしいですね。

 

あとは昔は負けず嫌いの気持ちが強くて、自分が思うようにいかないとイライラしていたこともあるそうです。それを監督に注意され、気を付けるようにして、周囲をみるようになって、感情的になることも少なくなっていったそうです。

 

近江高校の捕手でドラフトでも注目されていた有馬諒選手の動きを見て参考にしたりもしたそうです。気持ちが強くてストイックな性格をしていそうですね。

 

高卒でプロの世界に行ったということで、沢山の壁にぶつかると思いますが、ぜひ持ち前の力で乗り越えてほしいと思います。

Sponsored Link

家族について

東妻純平選手の家族についてですが一番有名なのは、お兄さんで千葉ロッテマリーンズの投手、勇輔さんだと思います。

 

勇輔さんも智辯和歌山高校から日本体育大学を経て2018年のドラフトで千葉ロッテから2位指名を受けてプロ入りしました。

 

最速155キロのストレートを武器に即戦力として期待され、2019年シーズンは24試合に登板してまずまずの成績を収めました。

 

お兄さんがプロ野球選手で東妻純平選手も身近にプロの世界を感じられていると思うのでいい刺激になっていると思います。2人の将来の夢はプロのマウンドでバッテリーを組むことだそうで、ぜひ実現してほしいと思います。

 

ちなみにプロ野球で兄弟バッテリーがあったのか調べてみたら、1986年の4月25日に阪神の嶋田宗彦(捕手)、嶋田章弘(投手)の嶋田兄弟によるバッテリーというのが実現したそうです。プロ野球の長い歴史のなかでもかなり珍しいことみたいですね。東妻兄弟で実現したら話題になりそうですね^^

 

東妻純平選手のご両親については、ネット上にはあまり詳しい情報はないようです。ただ、両親とも野球経験者というわけではなく、バスケをしていたそうです。身体能力の高さは受け継いでいるのでしょうね。

 

二人の息子をプロ野球選手にさせたということで、本当にすごいことですよね。ご両親も息子さんたちのことを誇りに思っているのではないでしょうか^^

 

東妻純平に彼女はいる?

東妻純平

2020年5月時点では彼女に関する情報などはないようです。東妻純平選手はいまはプロに入団し、やることがいっぱいありますし、彼女とかを作っている余裕とかない可能性もありそうですね。

 

捕手となると学ぶことは特に多いでしょうからね(^^;。ちなみに好きな女性芸能人は芳根京子さんとのことです。東妻純平はイケメンでかっこいいですし、いろんな女性が寄ってきそうですね。

 

どんな女性と付き合っていくのかも注目したいと思います^-^

東妻純平は2020年活躍できる?

素質が高いということで期待されている東妻純平選手ですが、1年目から活躍できるかどうかは微妙なところですね。高卒捕手で1年目から活躍した選手というのはほとんどいないみたいですね。

 

2001年以降ドラフト1位で指名された、高卒捕手のなかでも1年目から活躍できているのはほとんどいないようです。西武の森友哉選手が1年目から41試合出場し、率.275(80-22)、本6、点15という成績を残しましたが、ほかにはほとんど1年目は活躍できていないようです。

 

最近だと、広島カープにドラフト1位で入団した中村奨成選手も捕手として期待されていましたが、入団から2年間、1軍での出場がないですからね。

 

それだけ、高卒捕手というのは活躍するまでに時間がかかるということですね。東妻純平選手も2~3年くらいは2軍で経験を積んでいくという可能性が高いのではないでしょうか。

 

まとめ

強肩強打を武器にプロの世界で羽ばたこうとしている東妻純平君。

 

お兄さんの勇輔さんが所属する千葉ロッテの球団本部長が高校ナンバーワン捕手の評価をするなど同年代の捕手の中では評価が高い選手ですね2019年ドラフト4位での指名ということでチームからも期待されていると思います。

 

高卒の捕手はすぐに活躍するのは難しいと思いますので、まずは体を作り、しっかり経験を積んで数年後に1軍で活躍できるいい捕手になっていってほしいですね。

 

個人的にはいつか、お兄さんと同じ千葉ロッテに入団して、二人の夢でもある兄弟バッテリーを実現してほしいなと思います!

 

 

横浜ベイスターズの試合をたくさん見たい場合には、スカパープロ野球セットがおすすめです。12球団の試合をすべて見ることができるので、野球ファンにとっては最高のサービスだと思います^-^

 

スカパーは衛星放送ですが、アプリも使えるということで、スカパープロ野球のアプリについて紹介した記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

↓     ↓    ↓


 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です