なぜセリーグはDH制にしないの?できない反対理由がある?

野球




2020年の日本シリーズは圧倒的な強さでソフトバンクが制覇しましたね。

 

巨人はこの日本シリーズは去年に続いて4連敗ということで、巨人の日本シリーズの連敗は9となったそうです。

 

セリーグとパリーグの圧倒的な差を見たような気がしますね。ジャイアンツファンの私としては、本当にみるのがつらかったです( ;∀;)

 

このセパの実力差については、DH制の有無が影響してるのではないかともいわれています。今回はこのDH制についていろいろ調べてみました。

Sponsored Link

セリーグはDH制がないから弱い?

セリーグが弱い理由とこのDH制がないからではないかと言われていますね。

 

現在のセリーグでは、投手がバッティングをして、塁にでたときには走塁もしないといけないということで、負担も大きいと言われていますね。また、野手は必ず守備につかないといけないので、守備の負担もあるといえます。

 

その点、DHならバッティングに集中できますし、投手も投球に集中でいるということで、投手、バッターともにレベルが上がりやすくなるといわれているそうです。

 

たしかに、やることが限られて集中できるとなれば、上達が早いのは当然ですね。あとは、一人多く打者を育てることができるということで、選手層も厚くなりますし、主力選手をDHで守備を休ませることもできて、けがの予防にもなります。

 

必ずしもセパの実力差がDH制だけということはないと思いますが、ファンの多くはセリーグもDH制にすれば、差が縮まると思っているようですし、導入を希望する声が多いようです。

 

それでは、なぜ、セリーグはDH制を導入しないのでしょうか?

なぜセリーグはDH制にしないの?

セリーグがDH制に導入しない理由としては、かつて、NPBの公式に次のようなことが書かれていたそうです。

 

・野球は全員でするものだから

・野球の伝統を守るべき

・DH制でファンが混乱する

・投手に代打を出すタイミングなど戦術的な醍醐味が失われる

・投手から打者に転向して成功するという事例があったが、そうしたきっかけが失われる

・バントが少なくなる

・投手が打席に立たないので、投手はビーンボール(危険球)を投げやすくなる

こういったことがあって、DH制に反対していたみたいですね。現在は、こういった項目が削除されているようですが、いまだに、根底にはこういった考えがあるのではないでしょうか。

パリーグがDH制を導入した理由は?

パリーグがDH制を導入したのは1975年からです。導入の理由としては、得点力のアップにより、集客を増やそうという目的があったそうです。

 

昔はパリーグはあまり人気がなかったために、得点を多く入れることができるようにということでDH制というのを導入したそうです。パリーグ導入の2年前にメジャーのア・リーグで導入され、集客アップに成功したことが導入につながったそうです。

 

「導入前年の観客動員数はセ・リーグの約760万人に対し、パは約350万人」

 

だったということで、2倍以上の集客の差があり、強い危機感をもって導入されたみたいですね。

 

その結果、強打者の出場機会が増えて、それに伴い投手のレベルもアップし、野球全体がレベルアップしていったということですね。

 

結果的にはパリーグの集客もアップしたということですね。現在も観客動員という点ではセリーグのほうが上ですが、それでもパリーグの人気が高まっていて、DH制は成功したといえますね。

 

ちなみに2019年の観客動員はセリーグが約1486万、パリーグが約1166万となっています。

セリーグがDH制にしない、できない理由とは?

セリーグも巨人の原監督などはDH制の導入を希望していて、働きかけているようです。2020年の日本シリーズでも全試合にDH導入することを了承していましたし、DH制を導入したいという強い思いがあるようです。

 

セリーグのファンも同様に、パリーグとの間に力の差が大きくなることに対して危惧していて、DH制の導入を希望している人が多くなっているようです。

 

多くのファンが希望しているのに、なぜ、DH制にできないのでしょうか?

 

その理由としては、ある球団の反対があるのではないかといわれているそうです。

 

その球団というのは広島カープです。2017年に12球団のオーナー会議があったそうですが、そこで広島の松田元オーナーがDH制に反対したと言われているそうです。

 

セリーグにDH制を導入するには6球団の合意が必要ですが、広島カープが反対しているので、それができない状況なのではないかと言われているそうです。

 

もしかして、ほかの球団も反対しているところがあるのかもしれませんが、資金的な理由で反対しているのではといわれているようです。年俸が増えるし、お金を持っている球団が強くなるので、それが嫌ということですね。

 

年齢が上の人ほど、伝統を守りたいとかいう考えが多そうですし、そういう人が球団のトップにいる間はちょっと厳しいのかもしれませんね。

セリーグは今後DH制にできる?

ネット上では最近の日本シリーズの状況や、パリーグにばかり強打者やスター選手が誕生している状況に危機感を持っている人が増えているようですが、肝心のセリーグ球団がどうなのかというと、あまり積極的な声がないみたいですし、難しいかもしれませんね。

 

いまのところ、ファンの声が届くような様子もないですし、セリーグでDHの導入が決まる可能性は低そうです。

 

遅くなれば遅くなるほど、どんどん差が広まっていき、取り返すのに長い年月がかかってしまいそうですね。このままだ、ソフトバンクがV10くらいしそうだし、セリーグが低迷していきそうですね(´・ω・`)

 

個人的には、早くDHを導入してほしいですね。DHにしたほう守備の負担少なくなり、強打者の選手の選手生命が伸びるなどしてプロ野球全体のレベルアップするなど、いいことづくめだと思いますけどね…

 

なんとかセリーグもDH制を導入してほしいなあ。

 

【追記】

2021年のセリーグでのDH制導入は見送られたそうです。巨人ともう1球団が賛同したそうですが、ほかの4球団が反対または先送りを主張したそうです。

 

この反対した球団名については公表されていないようです。こういうのをこそこそとやんないで、各球団の考えとかを公表して、ファンの声を聴いたほうがいいと思いますけどね。

 

プロ野球選手会もDH制導入に賛成の意思を表明しているようですし、選手とファンが望んでいるということで、流れ的にはDH制になっていく可能性が高いと思いますし、下手に抵抗するのはやめてほしいなと個人的には思いますね。

 

こちらも読まれています。

↓   ↓   ↓

パリーグが強い理由とは?いつ頃から、なぜ強くなった?

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です