大道温貴の球種、球速は?どんな性格、特徴をもった選手?  

大道温貴




今回も2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる選手についてご紹介します!

 

今回ご紹介する選手は「快速王子」と称さるイケメン選手で、投げては最速150キロ近いストレートを投げる大道温貴(おおみち・はるき)選手です!

Sponsored Link

大道温貴選手の球種・球速

八戸学院大学に在籍する大道温貴選手は身長178センチ、体重78キロ、右投げ右打ちの投手でオーバースローから最速149キロのストレートを投げ込み、試合中は常140キロ前後のボールを投げ込みます。

 

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップを投げ分け120キロ台の縦スライダー、110キロ台のカーブ、130キロのチェンジアップと緩急をうまく使い、縦のスライダーとチェンジアップを投げ分けて打者と対戦します。

大道温貴

大学の通算奪三振率は8.02とそこまで多いと言える数字ではありませんが、19年の秋だけに絞ってみると奪三振率は10.18を超えていて、数字からわかるように年々、三振を奪う投球ができるようになっているようです。

 

昨年の6月に行われた全日本大学野球選手権大会終了後に痛感した1回から9回まで投げ切れる体力と根性を手に入れるために、シーズン中にも関わらず、オフシーズンと同じように食トレとウエイトトレーニングに励みました。

 

その結果、秋のリーグ戦では自己最速の149キロをマークして平均球速も上がるなど、トレーニングの成果が表れ始めて過去にリーグ戦で完封をしたことがありませんでしたが、トレーニング後には完封した試合が2試合もあるなど大きな成長を見せました。

 

大学3年生で大きな成長を遂げた大道温貴選手がこの冬にどれだけ成長をして、春のリーグ戦でどんな投球を披露してくれるのか楽しみですね!

大道温貴選手の特徴

埼玉県出身の大道温貴選手は小学生の頃から野球をはじめ、高校は春日部共栄高校に進学すると、2年生の秋にエースの座を獲得してチームをけん引しました。

 

秋の埼玉県大会でエース番号を付けていた大道温貴選手ですが制球難から関東大会では背番号を18に変え、関東大会の1回戦で4回を投げて被安打9本、7失点と打ち込まれ敗退しました。

 

3年夏の埼玉県大会では再びエースに返り咲き、5試合に先発して4完投、42回2/3を投げて被安打29本、37奪三振12失点の力投でチームを準決勝進出まで導きました。

 

準決勝ではその年に優勝した花咲徳栄高校と対戦し、8回表までを2失点に抑え込む好投を披露しましたが、味方の援護なく敗退してしまい高校の3年間で甲子園の出場はかないませんでした。

 

高校卒業後は4年後にプロ入りすることを目標にして八戸学院大学に進学して、1年春からベンチ入りを果たし、10試合中7試合、29イニングに登板して2勝1敗、防御率はリーグ3位の1.84をマークしました。

 

大学に入学してから6季で38試合に登板し、27試合に先発で起用され20勝5敗、216イニングを投げて奪三振率8.02、四死球率3.36、防御率は1.99の成績を収めています。

 

防御率はどのシーズンも安定していて6季のうち4季は防御率が1点台と好成績を収めていて、3年生の春には大道温貴選手の活躍もあり11季ぶりの優勝を達成しました。

 

全国大会には3年生の春の選手権に出場していて8回を投げて10奪三振の好投を披露するも後続が打たれて試合には負けてしまいましたが、多くのスカウトが見守る中で実力を発揮しました。

 

大道温貴選手は大学日本代表にも選出されていて、今年は国際舞台でどんな投球を披露してくれるのか注目が集まります。

 

コロナウイルスの影響で選考合宿はなくなってしまいましたが大道温貴選手が選ばれて、国際舞台で圧巻の投球を披露してくれるのを楽しみにしています、そして、その活躍で注目を集めてドラフト会議で指名されると信じています!

大道温貴選手の性格

大道温貴選手の性格ですが野球に対してストイックで目標のために何をすれば良いか考えて行動に移せる人物のようです。

 

大学に進学して4年後にプロになるために、どうすれば良いかと考えた大道温貴選手は選手層の厚い六大学リーグでプレーするよりも1年春から試合に出れる東北で結果を残し続ける道を選びました。

 

そして大学進学をした後に大道温貴選手は東北大学野球連盟の通算最多勝の35勝を上げることを目標にひたすら努力を続けてきました。

 

2018年のドラフト会議で巨人から1位指名を受けて入団した先輩の高橋投手が4年間で挙げた勝利数は17で、すでに20勝を挙げている大道温貴選手は満足をせずに上を見続けています。

 

勝利数で満足しても内容的にまだまだだと語っていて、向上心あふれる人物だと思いました。

 

きっとそんな真面目な大道温貴選手はプロの世界に行っても成長し続け、記録にも記憶にも残る投手になってくれると思うのでこれからが楽しみですね!

Sponsored Link

まとめ

今回は2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる大道温貴選手についてご紹介しました。

 

コロナウイルスの影響で様々なイベントが自粛され、今年のリーグ戦もどうなるかわかりませんが、無事に開催されることで大道温貴選手が数多くの観客の前でアピールできることを祈っています。

 

今年の結果次第でドラフト会議での指名が濃厚だと思いますので、春のリーグ戦から一冬越して成長した大道温貴選手がどんな投球を披露してくれるのか楽しみですね!

 

圧倒的な投球内容でプロの世界の扉を開いてくれるのを楽しみにしています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です