村上頌樹の球種、球速は?どんな性格、特徴をもった選手?

村上頌樹 球種 球速




プロ野球のキャンプも始まって日を増すごとに様々なニュースが入ってくる中で、昨年のドラフト会議で注目を集めた佐々木郎希選手は様々なメディアに取り上げられてブレイクしてますね!

 

そんな佐々木選手に次ぐ、将来のスター候補の2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる選手についてご紹介します。

 

今回ご紹介するのは東洋大学に在籍する村上頌樹(むらかみ・しょうき)選手です!

Sponsored Link

村上頌樹選手の球種・球速

東洋大学に在籍する村上頌樹選手は身長174センチ、体重75キロ、右投げ右打ちの投手でオーバースローから最速149キロのストレートを投げ込みます。

 

制球力があり、肘を柔らかく使ったフォームから投げ込むストレートは球質が良くボールの回転軸が地面と水平であることから「火の玉ストレート」で有名な阪神の藤川球児選手と似たようなボールを投げ込みます。

村上頌樹 球種 球速

そのストレートの威力は試合で証明されていて、特に決め球として投げた時には相手打者が振り遅れたり、空振りをするケースが散見され、非常に力強いストレートを投げていることがわかります。

 

変化球はカーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークを投げ分け、4球種の中でスライダーを一番多く投げていて、縦と横に変化する2種類のスライダーで空振りを奪うことができるため、決め球として使うこともあります。

 

安定して試合を作る先発投手の村上頌樹選手は制球力と投球術の高さからチームの高橋監督から高い評価を得て、3年生の春からチームのエースとして活躍しています。

 

大学進学後に最速を4キロ伸ばした村上頌樹選手が今後、どこまで成長するのか非常に楽しみですね!

村上頌樹選手の特徴

兵庫県出身の村上頌樹選手は小学1年生のころから野球をはじめ、高校は奈良県の智辯学園に進学して1年生の夏から控え投手としてベンチ入りを果たし、甲子園デビューは1年生夏の初戦、明徳義塾との試合で2/3回を投げて無失点の投球でした。

 

1年生の秋からエースとして活躍した村上頌樹選手は2年生の頃は残念ながら甲子園に出場することはできませんでしたが、3年生になると春・夏の2季連続で甲子園出場を果たしました。

 

村上頌樹選手の名を全国に轟かせたのは春のセンバツで、甲子園全5試合を1人で投げぬき、決勝の延長戦を含む47イニング、669球を投げ被安打は33本、12四死球、3失点の好投を披露しました。

 

5試合のうち2試合は完封勝利を収めていて、決勝戦の高松商業戦では延長11回を一人で投げて自らのバットでサヨナラタイムリーを放ち、春夏通じて初の甲子園優勝を決めました。

 

センバツ優勝投手としてブレイクした村上頌樹選手は見事に夏の地方予選を制し、2季連続で出場を決めて甲子園のマウンドに戻ってきましたが、夏の大会は2回戦の鳴門戦で5-2で敗退してしまいました。

 

高卒でのプロ入りも期待されましたが村上頌樹選手は高校卒業後に東洋大学へ進学して1年の春からベンチ入りを果たし、先発・救援投手として登板を重ね2勝、防御率3.66の成績で新人賞のタイトルを獲得しました。

 

1年の春のリーグ戦終盤で肘痛を負ってしまい大学2年生の頃はリーグ戦で勝利を挙げることができず苦しんだシーズンとなりましたが、3年生の春のリーグ戦からエースの座を獲得しました。

 

3年春のリーグ戦では9試合に登板して6勝0敗、70イニングを投げて70個の三振を奪い、自責点6、防御率は0.77の好成績を収め、MVP、ベストナイン、最優秀投手賞を獲得しました。

 

その成績が評価され3年生の夏に日米大学野球選手権大会の代表に選出されて、第4戦に救援として国際舞台で登板を経験し、2回を投げて3奪三振無失点の好投を披露しました。

 

大学の通算成績は3年秋までで31試合に登板して12勝3敗、172イニングを投げて奪った三振は162個、被安打率5.73、四死球率2.24、防御率1.88の安定した成績を収めています。

 

将来の進路はプロ一本で考えていると公表している村上頌樹選手はプロ入りする前に高校の時と同じく大学でも日本一になることを目標に掲げ、大学通算で20勝を挙げることを目指しています。

 

ヤクルトやソフトバンクのスカウトが村上頌樹選手を視察しているとの情報もあり、2020年のドラフト会議で上位指名されることが濃厚だと思いますので、4年生のリーグ戦で好成績を収め、プロ入りを勝ち取ってもらいたいと思います!

村上頌樹選手の性格

村上頌樹選手の性格ですが普段は温厚な性格のようです。

 

マウンド上では強気の投球を見せる村上頌樹選手ですが普段は温厚な性格とのことで、マウンドに上がると性格が変わるタイプなのかもしれませんね

 

中学時代、ヤングリーグの全国大会で春・夏と準優勝に輝いた時に指導をしていた倉本さんは、村上頌樹選手のことを「すごく努力家でチームの練習がない日も毎日自主練をしていたはず」と話しています。

 

以上のことから村上頌樹選手が野球人として優れているのもそうですが、ひとりの人間としても努力を怠らず、目標のために行動できる素晴らしい人だということがわかります。

 

そんな魅力的な村上頌樹選手からますます目が離せなくなりますね!

Sponsored Link

まとめ

今回は2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる村上頌樹選手についてご紹介しました。

 

ここまで大きな怪我もなく順調に成長し、中学生の時は全国準優勝、高校生の時は春の選抜で優勝、大学では神宮大会4強の成績を収めている村上頌樹選手が今年は大学で日本一に輝いてくれると信じています!

 

ここまでの成績や投球内容を見ていても、ドラフト会議で指名されることは濃厚だと思いますので、今後も怪我に気をつけて活躍を重ねていってほしいと思います!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です