伊藤大将は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

伊藤大将 中学 高校




2019年のドラフト会議にて福岡ソフトバンクホークスが育成3巡目で指名したのが伊藤大将選手です。指名されたとき、心臓がバクバクして足も震えていたと語る伊藤大将選手。素直な高校生らしい感想が好感度を高めます(笑)

Sponsored Link

伊藤大将の名前の読み方は?

大将と書いて「だいすけ」と読むそうです。最初見たとき普通に「たいしょう」って読むのかと思いました(^^;。すごいかっこいい名前ですね。たいしょうって読まれることが多そうですが、「だいすけ」なのでファンの皆さんお間違いのないように!

 

伊藤大将選手は内野手として指名されたということで、ホークスの今の1軍の内野手は最強だからこそ多くのことを吸収して欲しいですよね。同じ育成から活躍している牧原大成選手の背中を追う決意をしているそうです。

 

そして、伊藤大将選手の出身高校は八戸学院光星高校出身です。野球の超名門高校の出身ですね!ホークスにも八戸学院光星高校から2009年ドラフト3位で下沖勇樹選手、2016年ドラフトで田城飛翔選手が育成ドラフト3位で指名され入団しています。

 

残念ながら下沖勇樹選手は、すでに引退されていますが、田城選手は同じ育成選手で次の支配下との呼び声も高い選手ですので頼れる先輩がいるのは心強いのではないでしょうか。

 

この高校の超有名な先輩といえば、読売巨人軍のキャプテンとしてチームを引っ張っている坂本勇人選手です。伊藤大将選手は坂本選手と同じ内野手ですし期待できそうですよね。

 

そんな、名門高校出身の伊藤大将選手とはいったいどんな選手なのでしょうか?早速調べてみたいと思います!

Sponsored Link

伊藤大将は小学校・中学時代どんな選手だった?

まずは、伊藤大将選手のプロフィールからチェックしてみましょう。

 

伊藤大将選手は、2001年7月27日生まれで18歳です。出身は大阪府です。調べてみましたが、いつから野球を始めたのかについての情報はありませんでした。小学校時代は、茨木ナニワボーイズという野球チームの小学部に所属していたようです。伊藤大将選手は、プロ入りの喜びを小学生からの夢がかなったと語っています。

 

中学時代は大阪府の寝屋川第九中学校に通い、寝屋川中央リトルシニアに所属していました。チームのFacebookには中学時代の伊藤大将選手について本当に練習に向き合う姿勢が素晴らしく、チームメイトへの思いやり優しさと人間性にも優れていたと書かれています。伊藤大将選手の人間性の素晴らしさが感じられるエピソードですよね!

伊藤大将 中学 高校

伊藤大将選手の高校時代は?甲子園の出場歴は?

中学校を卒業した伊藤大将選手は、八戸学院光星高等学校に進学しました。高校1年生の夏の甲子園からベンチ入りした伊藤大将選手。新チームとなってからは1番打者として活躍。1番打者として、塁に出ることに徹底してこだわったそうです。

 

高校時代は、ドラフトでヤクルトスワローズから6巡目に指名された武岡龍世選手と共に内野手を任されていました。伊藤大将選手が二塁手、武岡選手が遊撃手として二遊間を組んでいました。同じ高校からプロに行くレベルの選手がいるとライバルとしてもお互いを高め合える存在になりそうですよね。

 

高校時代は、武岡選手の方が目立っていたそうでもう一度同じ舞台に立てるように頑張りたいと決意したそうです。伊藤大将選手は支配下にならないことには、対戦できる舞台に立てないので共に1軍のステージで活躍してセ・パ交流戦での対戦を見られる日がくるといいですよね!

 

最後の夏の甲子園ではベスト8入りを果たし高校3年間の野球生活を終えました。なんと、この最後の夏まで3季連続の甲子園出場だったようです。さすが甲子園の常連高校ですよね!伊藤大将選手も3年時の春夏共に全試合でスタメン出場を果たしています。

 

伊藤大将に彼女はいる?

現時点では彼女に関する情報はないようです。まだ若いですし、これまで野球漬けで生活をしてきたでしょうから、彼女がいない可能性が高いかも。今後情報があれば追記していきます。

まとめ

調べてみて、これから福岡ソフトバンクホークスの切り込み隊長として、伊藤大将選手にはたくさん活躍して欲しいなと思いました。

 

特に、ホークスの1番2番バッターは器用な選手が多く、3番4番5番と中軸でホームに返すという攻撃パターンが多いので、伊藤大将選手にも器用な活躍を期待したいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です