早川隆久の球種、球速は?どんな性格、特徴をもった選手?

早川隆久 球種 球速




今井達也選手(作新学院ー西部)・寺島成輝選手(履正社ーヤクルト)・堀瑞樹選手(広島新庄ー日ハム)・藤平尚真実(横浜ー楽天)4名の選手の名前を上げましたが、この選手の共通点がわかる方はかなりの野球好きな人だと思います。

 

上記の4名はいずれも2016年のドラフト会議で1位指名を受けてプロ入りした選手で、今回ご紹介する選手は同学年の早川隆久(はやかわ・たかひさ)選手です!

 

高校生の時にプロ志望届を提出していれば上位で指名される可能性があったと言われながら、大学進学を選び4年生となった今年、再びドラフト候補として注目が集まっています

 

実力と話題性抜群な早川隆久選手についてまとめました。

Sponsored Link

早川隆久選手の球種・球速

早稲田大学に在籍する早川隆久選手は身長180センチ、体重80キロ、左投げ左打ちの投手でスリークォーターから最速151キロのストレートを投げ込みます。

 

常にセットポジションで投げる早川隆久選手はテイクバックが小さめで柔らかい腕の振りから投げ込むボールは出所が見づらく、現・ソフトバンクホークスの和田毅選手に似たフォームです。

早川隆久 球種 球速

試合中にバッターが振り遅れたり空振りするシーンが散見されることから最速が150キロを超していることもあると思いますが、打席に立つと球速以上に速く感じるボールのようです。

 

変化球はツーシーム、スライダー、カーブ、チェンジアップを投げ分け、スライダーは縦と横の2種類を操り、両サイドへの制球が安定していることから多くの三振を奪える投手です。

 

最速150キロのストレートに加え、一番遅い110キロ台のカーブの球速差を生かして三振の山を築き、高校時代の甲子園での奪三振率は6.85でしたが、大学に進学してからは10.52まで伸ばしました。

 

登板イニングより多い三振を奪えることが早川隆久選手の魅力の一つで、高校から大学と年々成長しているので、今後がますます楽しみですね!

Sponsored Link

早川隆久選手の特徴

千葉県出身の早川隆久選手は小学1年生からソフトボールをはじめ、中学校の進学を機に軟式野球、高校は木更津総合高校に進学して入学当初は肘を痛めていたことから外野手をしていましたが、秋からは投手としてベンチ入りを果たしました。

 

秋の大会では12試合中8試合のマウンドに上がり、36イニングを投げて34奪三振、無失点の好投で、チームを千葉県大会優勝・関東大会準優勝に導きました。

 

甲子園には2年春・3年春・夏の3回出場していて、3年生の春・夏ともに甲子園8強入りを達成していて、甲子園での通算成績は8試合に登板して5勝3敗、65イニングを投げて防御率1.92、被安打率5.48、奪三振率6.85の成績を収めました。

 

3年夏の甲子園では2試合連続での完封勝利を収めたことが評価され、U18の日本代表に選出され、2次予選の中国戦で登板し、2回を投げて4奪三振の好投を披露しました。

 

高校生のころからプロのスカウトも注目していた早川隆久選手は高校卒業後の進路をプロ入りか大学進学で悩んでいましたが、上記の4選手たちとの力の差を日本代表の合宿で知ったことから、まだプロ入りは早いと自分で決断し大学進学を選びました。

 

大学は東京六大学の早稲田大学に進学し、1年生の春からリーグ戦に出場すると開幕戦の法政大学戦で救援登板し、1回2/3を投げて4奪三振の好投でデビューを飾りました。

 

高校の時の最速は146キロでしたが、大学2年生の春には最速が150キロにまで成長し、昨年までの6季で安定した投球で登板を重ね、早稲田大学になくてはならない投手へと成長しました。

 

大学の通算成績は44試合に登板して7勝12敗、155回を投げて182奪三振、防御率3.18、四死球率2.54を記録していて、負け越してはいますが、防御率、四死球率ともに安定しているので、4年時の成績に期待したいと思います!

 

3年生で大学日本代表にも召集され、紅白戦で5回ノーヒット、10奪三振の快投で首脳陣・プロのスカウトから評価を高め、4年生でも日本代表に選ばれることが濃厚だと思います。

一冬越して早川隆久選手がどんな成長を遂げたのか気になりますね!春のリーグ戦で好投をする姿を楽しみにしています!

早川隆久選手の性格

早川隆久選手の性格ですがまじめな性格のようです!

 

大学の小宮山監督からは「真面目すぎる性格。常に集中して投げているから終盤に息切れを起こす。ドラフトの目玉なんだから鼻歌交じりで投げれるようにしてもらいたい」と遊び心の必要性を説かれました。

 

まじめな性格はいいことだとは思いますが、その性格が投球内容にも現れているようです

 

真面目だからこそ練習も真剣に取り組み、ここまでの投手に成長できたとは思いますが今後はその先を見据えて、どっしり構えて野球をプレーしてもらえると、また違った一面の早川隆久選手が見れると思います!

 

あまり気負わずありのままでは良いとは思いますが、その面での変化も楽しみに見守りたいと思います!

まとめ

今回は2020年のドラフト会議で指名の期待がかかる早川隆久選手についてご紹介しました。

 

大学卒業後の進路について早川隆久選手は「7割はプロ、3割は社会人野球」と話していて、社会人野球を視野に入れていることを明らかにし、「プロに行くのであれば競合するくらいで」と1位指名でプロ入りすることを希望しています。

 

高校生の時点でロッテ・巨人・DeNA・ヤクルト・阪神・中日のスカウトが早川隆久選手についてのコメントを寄せていて、特にロッテと巨人は高評価をしているため、大学に行ってからも注目していることだと思います。

 

そんな早川隆久選手が最終学年となる今年はリーグ戦で好成績を収め、ドラフト会議で1位指名を勝ち取ってプロのマウンドで投げるのを楽しみにしています!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です