伊勢大夢の球種、球速は?どんな性格、特徴を持った選手?

伊勢大夢 球種 球速




 

 

今年行われたドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから3位指名を受けた伊勢大夢選手。(いせ・ひろむ)

 

 

明治大学の伊勢大夢選手は2015年に春・夏と甲子園に出場していて2試合とも初戦で負けてしまいましたが高校生の頃から全国の舞台を経験し、明治大学進学後には1年秋からリーグ戦に登板し、大学3年生の夏には侍ジャパン大学代表(東京六大学選抜)にも選ばれた選手です。

 

 

投手としての実績十分な伊勢大夢選手についてまとめました。

 

 

Sponsored Link

伊勢大夢選手の球種・球速

 

伊勢大夢選手は右投げ右打ちの投手で身長181センチ、体重87キロの恵まれた体から、サイド気味に肘を下げたスリークォーターで最速151キロのストレートを投げ込みます。

 

 

変化球は縦と横のスライダー、カットボール、カーブ、シンカー、チェンジアップを投げ分けます。

 

 

ストレートの最速は151キロですが常時140キロのストレートと130キロ台のスライダーから110キロ台のカーブまでの球速差に加えて、制球力の良さを生かして多彩な変化球で内外に投げ分けます。

 

 

大学時代には先発・中継ぎの両方を経験し、プロのスカウトからは「リリーフ適正がある」と太鼓判を押され、伊勢大夢選手本人も「短いイニングを抑ええることには自信がある」とプロの世界では中継ぎとして戦っていくようです。

 

伊勢大夢 球種 球速

伊勢大夢選手の特徴

 

熊本県出身の伊勢大夢選手は小学4年生から野球を始め、その頃は内野手としてプレーをしていました。

 

 

中学に進学すると学校の軟式野球チームでプレーをし、そのころから内野手兼任で投手を始めました。

 

 

高校は九州学院高校へと進学し、1年生の秋から主戦格としてマウンドに立ち始めました。

 

 

高校2年生の秋には県大会、九州大会の全試合に登板してチームを神宮大会へと導きました。

神宮大会では準決勝で敗退するも、伊勢大夢選手は秋の大会を通じて98イニングに登板して防御率は3.21の好成績をおさめました。

 

 

迎えた春の選抜甲子園では初戦の八戸学院光星と対戦し9回を投げて4失点ながらもチームは敗退してしまいました。

 

 

続く夏にも九州学院は甲子園に出場しましたが初戦で遊学館と対戦し、伊勢大夢選手は9回を投げて4失点し、チームは敗れてしまい甲子園で勝ち星を挙げることができませんでした。

 

 

大学は東京六大学明治大学に進学し1年生の秋からリーグ戦に登板し、秋は2試合に登板しましたが、2年生になってからは春に1試合、01/3のみとなりました。

 

 

入学当初から期待値の高かった伊勢大夢選手ですが、練習の意欲の低下で苦手な長距離練習で手を抜くなどした態度が監督の目に留まり、マウンドに立つことを許されませんでした。

 

 

試合に出れない悔しさから気を引き締め練習にも積極的になり、冬場には体重を3キロ増やすなど根本から見直した伊勢大夢選手は3年生の春からマウンドに戻り、春のリーグ戦では7試合に登板して31敗、防御率は2.64の好成績を収め信頼を戻しました。

 

 

3年生の夏には東京六大学選抜として世界大学野球選手権大会に出場して、国際大会でも2をあげ、3年秋にはリーグ優勝も果たし、この大会で過去最速となる151キロを記録するなど大活躍を見せました。

 

 

4年生の春と秋で11試合に登板し、春の大会では主に中継ぎとして登板し6月にはフォームを少し修正したことで球威が増し、複数のプロのスカウトからも「球威もあり、制球力も上がった」と伊勢大夢選手に高評価をしていました。

 

 

大学時代の通算成績は22試合に登板して44敗、防御率は2.89、奪三振率8.44、四死球率3.13と制球力に安定感があり三振も奪える投手となりました。

 

 

プロの世界ではセットアッパーとしての起用が見込まれますが、伊勢大夢選手がどんな活躍を見せてくれるか非常に楽しみですね!

 

伊勢大夢選手の性格

 

伊勢大夢選手の性格ですが非常に心の優しい持ち主のようです。

 

 

先日、仮契約をした際に契約金の使い道について尋ねられると「親族とかおじいちゃんおばあちゃんにおいしいものを食べさせてあげたい」と笑顔で語っており、家族を大切にしている人だと思いました。

 

 

まだまだ、伊勢大夢選手がどんな人なのかわかりませんが、これから様々な記事も出てくると思いますので伊勢大夢選手の素顔についても知りたいなと思います。

 

 

伊勢大夢選手は結婚しているor独身?彼女はいる?

 

伊勢大夢選手に現在彼女がいるかどうか調べてみましたが残念ながら見つかりませんでした。

 

 

大学時代に相当な努力をしてプロへの道を切り開いた選手ですので野球一筋でやってきたと思いますので、これからいい出会いがあるかと思います

 

 

私生活も大事ですがプロの世界でまずは活躍する姿を見たいですね!

彼女についても応援しています!

 

 

Sponsored Link

まとめ

 

吉田球団代表補佐兼スカウト部長から指名あいさつの時に「1年目から期待している」と声をかけられた伊勢大夢選手。

 

 

今月(11月)8日には年俸1000万、契約金6000万、背番号は13で仮契約を結び、プロの世界では「山崎康晃選手のような選手になりたい」と語っていて1年目から戦力になることを誓いました。

 

 

近い将来DeNAの抑えとして活躍してくれることを期待しています!

頑張れ伊勢大夢選手!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です