【横浜】濵口遥大の球種、球速は?どんな性格でどんな特徴を持った選手?

濵口遥大 球種 球速




「ハマのハマちゃん」の愛称で親しまれ、ルーキーイヤーに10勝を挙げるなど実力、人気ともに十分な濵口遥大選手(はまぐち・はるひろ)

 

2016年ドラフトで横浜DeNAから1位指名を受けて入団した濵口遥大選手についてまとめました。

Sponsored Link

濵口遥大選手の球種、球速

濱田選手は左投で身長173センチ、体重80キロと投手としては小柄な体格から、オーバースローから最速150キロのストレートを投げ込み、変化球はスライダー、チェンジアップ、スライダー、フォーク、カーブを操ります。

 

今シーズンの投球データーを見ると、ストレートが47パーセント、スライダーが26パーセント、チェンジアップが25パーセントと、この3球種で主にバッターと対戦しているようです。

 

今シーズン奪った三振は85個で、そのうち67個の三振をストレートとチェンジアップで奪っています。

 

ストレートとチェンジアップの奪三振数はほぼ同数で、ストレートが33個、チェンジアップが34個となっていますが、空振率はチェンジアップが25パーセントに対して、ストレートは5パーセントとなっています。

 

濵口遥大選手のチェンジアップは評価が高く、チェンジアップはストレートとの球速差を利用して打者のタイミングを外して打ち取るボールで、一般的な選手のストレートとチェンジアップの球速差が20キロ程なのに対して、濵口遥大選手のチェンジアップは30キロもあります。

 

成績にも反映されていますが、濵口遥大選手のチェンジアップはまさに一級品ですね

濵口遥大 球種 球速

濵口遥大選手の特徴

濵口遥大選手といえば力強い投球が持ち味で、バッターを力で抑えるために左腕を強く振る事を意識しすぎた結果、コントロールが乱れて「暴れ馬」と称されるほど与四死球が多い選手です。

 

ルーキーイヤーには123回に登板して71個の四死球を与えています。一般的な目安になるとされる一試合平均3個の四死球ですが、濵口遥大選手の一試合平均は5個と倍近い数の四死球を与えていることがわかります。

 

ですが、その強気な投球こそが濵口遥大選手の良いところだという声もあるようです(^^;

 

そんな濵口遥大選手ですが、小学1年生から野球を始めて、ポジションは投手をしていましたが、中学生の頃には体が小さかったことから、投手として通用せず外野をやるようになったそうです。そんなこともあり高校進学後は野球を辞めるつもりでいました。

 

野球はやらないと決めていた濵口遥大選手ですが、高校入学後、中学時代の野球部の先輩に勧められて投手として野球部に入部したそうです。その先輩、中々良い目をしていますね(笑)濵口遥大選手の才能に気が付いていたのでしょうか?

 

Sponsored Link

甲子園に出場することはできなかったものの、チームを県大会の準々決勝に導くなどの活躍があり、高校卒業後は神奈川大学へ進学しました。

 

神奈川大学で才能が開花した濵口遥大選手は、ストレートの球速も150キロまでアップし、1年生の春からリーグ戦に登板し、活躍が認められて大学在学中に野球日本代表に3度も選出されました。

 

2016年のドラフトでDeNAに1位指名を受け入団した濵口遥大選手は、開幕1軍をつかむと、4月9日にはプロ初勝利を挙げるなど、先発ローテーションに定着しました。

 

肩の違和感で1か月ほど1軍を離れた時期もありましたが、DeNAの大卒新人投手のシーズン勝利数記録を更新するなど順調な活躍を見せました。

 

2018シーズンは春季キャンプ中に左肩の違和感から出遅れるも、シーズン中は19試合に登板し、オフには日本代表に選出されました。

 

今シーズンは開幕から1軍に定着し、阪神戦で初完投・初完封勝利を収め、素晴らしいスタートを切りましたが、その後は勝ち星に恵まれず、8月30日の試合では違和感を訴えて2回で途中降板すると翌日には右股関節痛のために選手登録を抹消されました。

 

シーズンも終盤にせまり、巨人との1位争いに目が離せないDeNAですが、濵口遥大選手には早く復帰してもらって、活躍してほしいですね。

濵口遥大の性格は?

濵口遥大選手の性格は人見知りのようです。過去のインタビューで自分の性格について問われたところ、最初は緊張して全く人に話しかけることができないほど人見知りですと回答しています。

 

また、そのインタビューで好きなタイプはと問われると、北川景子さんのような奇麗な年上の女性が好きと答え、その理由が年上ならリードしてくれそうだからとのことです。

 

マウンド上の見た目からは想像できないほど、おとなしく緊張しやすいい性格なのでしょうか。マウンドの気迫を私生活でも活かせるといいですね(笑)

まとめ

ハマちゃんの愛称で親しまれ、今後の成長と活躍が期待される濵口遥大選手。四死球が多いものの、強気のピッチングで最速150キロのストレートと落差のあるチェンジアップが魅力的な投手ということで、これから横浜の主力投手として活躍していきそうですね。

 

股関節の怪我で現在は登録を抹消されていますが、しっかりと治して来年以降のさらなる活躍を期待しています!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です