中村奨吾は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

中村奨吾




ロッテの内野陣の中でも実質リーダー的存在となっている中村奨吾選手。2018年シーズンには二塁手として全試合に出場し、打率.284、8本塁打、39盗塁を記録するだけでなくゴールデングラブ賞を受賞するなど飛躍し二塁手のレギュラーの座を掴みました。

 

昨年オフに内野陣のリーダーとしてチームをまとめていた鈴木大地選手が楽天にFA移籍したことにより、攻守だけでなく様々な面でチームを引っ張っていくことを期待されています。今回はそんな中村奨吾選手の学生時代について振り返ってみたいと思います(^-^)

Sponsored Link

中村奨吾とはどんな選手?小学、中学時代は?

まずは中村奨吾選手のプロフィールについて簡単にまとめてみました。中村奨吾選手は兵庫県三木市出身で、1992年5月28日生まれの現在27歳です。とても真面目な性格で休みでも漫画やゲームをすることもなく、趣味は意外にも人間観察だそうですよ^^

中村奨吾

中村奨吾選手は広角に打ち分けることが出来る打撃技術と、50m6秒0を記録する俊足、遠投115mを記録する強肩が主な特徴の選手です。華麗な守備を見せてくれることも多く、2018年には全試合フルイニング出場しながら失策は6のみと、安定感も抜群です。

 

現在ロッテの監督を務めている井口資仁監督からはトリプルスリーを狙える選手とも言われており、昨年は打撃不振に陥りながらも自己最多の17本塁打を記録しています。今年は打撃不振から復活して、更なる飛躍を期待したいですね♪

 

そんな中村奨吾選手が野球を始めたのは小学二年生の時で、硬式野球クラブの三田リトルというチームに所属していたそうです。野球を始めたきっかけは社会人からプロ入りを目指していた父親の影響だったとのことです^^

 

その後,中村奨吾選手は吉川中学校に進学し、三田ヤングというチームに所属しています。当時から内野手としてプレーしていた中村奨吾選手は、同じヤングリーグの兵庫伊丹というチームに所属していた現ヤクルトの山田哲人選手をライバル視していたみたいですね。

 

山田哲人選手とは小学時代から何度も対戦しており、山田哲人選手も中村奨吾選手のことを化け物だと感じていたとのことですw現在もリーグは違っても、主に三番二塁手としてチームの主力となっている二人のライバル関係にも目が離せませんね♪

中村奨吾は高校時代どんな選手だった?

リトルチームやヤングチームで経験を積んだ中村奨吾選手は中学卒業後、奈良県の名門である天理高校に進学しています。一年秋にはベンチ入りを果たしていますが、内野手ではなく外野手としてベンチ入りしていたそうです。

 

二年春から三番打者としてレギュラーを掴むと、夏には甲子園出場を果たしています。中村奨吾選手は三番中堅手や三番左翼手として先発出場し、打率.714、3打点を記録し2戦合わせて9出塁するなど素晴らしい成績を残しています^^

 

三年春には三番中堅手として春の選抜大会に出場し二季連続の甲子園出場を果たしましたが、無安打に終わりチームも一回戦敗退に終わる悔しい結果となります。しかしその後三年夏にも甲子園に出場し、三季連続の甲子園出場という偉業を達成しています♪

 

三年夏の甲子園では中村奨吾選手は三番三塁手として先発出場しましたが一回戦で敗退しています。その時の相手校は山田哲人選手が所属していた履正社高校だったそうです。ライバル視していた山田哲人選手相手に負けてしまったのはかなり悔しかったでしょうね^^;

Sponsored Link

中村奨吾の高校卒業後は?

その後中村奨吾選手はプロには進まず、早稲田大学に進学しています。一年秋にはベンチ入りを果たすと、二年春には二塁手に転向し一番二塁手として春のリーグ優勝に貢献。秋には二塁手としてベストナインを獲得しています。

 

三年夏には五番中堅手として日米大学野球に出場しており、打率.438をマークしチームの優勝に貢献しています。そして四年夏も日本代表としてハーレムベースボールウィークに選出され四番打者として活躍するなど、国際大会でも素晴らしい活躍を見せています(^-^)

 

四年間のリーグ通算で打率.293、11本塁打、18盗塁、46打点という成績を残し、二塁手として通算三度のベストナインや日本代表にも選ばれた中村奨吾選手は当然プロからも注目を浴び、2014年のドラフト会議にてロッテから一位指名を受けプロ入りを果たしました♪

 

昨年は怪我の影響もあり苦しいシーズンとなりましたが、実績は充分で今年も二塁のレギュラーとして活躍が期待されている中村奨吾選手。今後もライバル関係の山田哲人選手と切磋琢磨して、二人が一緒にトリプルスリーを達成するところを見たいですね(^-^)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です