桑田真澄の解説の特徴、評判、評価は?話がうまいor下手?

桑田真澄 解説 評価




桑田真澄さんは巨人で活躍した元プロ野球選手ですね。私は巨人ファンなのですが、槇原、斎藤、桑田の3本柱のときくらいから野球を見ていたので、桑田選手も好きでした^-^

 

最近だと息子さんのMattさんがモデル、タレントとして活躍しているということもあり、Mattの父親ということで認知されていたりもするみたいですね。

 

桑田真澄さんは現在は野球指導者、解説者として活躍していますが、今回は桑田真澄さんの解説の評判などが気になったので調べてみました!

Sponsored Link

桑田真澄の解説の特徴は?

桑田真澄さんは現役時代からクールな投球で知られていて、非常に冷静沈着で頭のいい投手でしたね。そこまで速球が速かったわけではないですが、コントロールがよくて、打者の心理もよく読んで投げて抑えるというタイプでしたね。

 

現役のときは野球に対して真摯に取り組んでいたということもあり、プロフェッショナルとして野球関係者からの評価も高かったそうです。練習も自分で考えてしっかり行っていて、体調管理とかも徹底して自己管理していたそうですよ。

 

精神論や根性論ではなく技術論を大事にしている選手でいろんな分析をして頭を使って投げるという投手でした。

 

桑田真澄さんは現役を引退して解説者になっても冷静に打者や投手の心理を分析して、頭脳的に分かりやすく解説しているのが特徴ですね。ソフトな語り口で冷静に論理的に解説しているという印象がありますね。

 

投手ということで投球論の解説とかは本当に面白いですよね。私も桑田真澄さんの解説は大好きですね。感情的にならずに物静かだけど的確に話をしていて落ち着きながら見れるのがいいですね。

桑田真澄 解説 評価

桑田真澄の解説の評判、評価は?

桑田真澄さんの解説の評判、評価は高いようです。けっこう大事な試合とかでも解説を担当していますし、評価や評判がいいからこそ、大事な試合の解説を任されることが多いのではないでしょうか。

 

桑田真澄さんはあまりでしゃばるようなことはしないですし、共演者からの評価も高そうですよね。

 

2016年の6月に桑田真澄さんと立浪和義さんが一緒に解説をすることになった試合があったのですが、そのときも打者論に対しては立浪さんに話を振るなどして、立浪さんをたてるような感じで話を進めていたそうです。

 

知ったかぶりもせずに、視聴者目線での話もできるということで解説者としての評価、評判は高い方ですね。

桑田真澄は話がうまいor下手

桑田真澄さんはとにかく話が上手ですね。WBSとかで日本に感情移入したくなるような状況でも冷静に実況をしていましたし、どんなときも冷静で声を荒げたりしないですよね。

 

私生活でも声を荒げたり怒ったりすることもないと息子のmattさんが「さんま御殿」という番組で話していたこともあるそうですよ。普段から非常に温厚で、よく話を聞いてくれて気配りをしてくれるそうです。

 

そして、ストイックな部分があり、日常生活でもしっかりしていて、mattさんは父親の猫背姿をみたことがないと話していたそうですよ。普段から自分を律していて、周囲にも気配りしているので、解説のときにもあの柔らかい口調が自然と出せるわけですね。

 

落ち着いた柔らかい口調と声で分かりやすく解説してくれるのでプロ野球ファンからの人気もかなり高いみたいですよ。好きな解説者ランキングでは上位になることも多いようです。

 

最近見た、スカパーが行った好きな解説者ランキングでは4位となっていました^-^。ちなみに1位は江川卓さん、2位古田敦也さん、3位掛布雅之さんでした。

 

桑田真澄さんは最近だと片岡篤史さんのyoutubeチャンネルにも登場していろんな話をしていたりもしたようです。PL時代に投手コーチからフォームを強制されてことで調子がくるって大きな挫折を味わったそうです。

 

一時期は投手として見放されて監督から野手に転向を言い渡されて野球を辞めようとも考えていたそうですよ。意外な過去が桑田さんの口から語られて面白いでのぜひチェックしてみてください^-^

↓   ↓    ↓

 

桑田真澄の解説に対するネットの反応は?

桑田真澄さんの解説についてSNSの感想などをまとめてみました。

なかにはちょっとねちねちした解説で嫌いという人もいるようですが、多くのファンは好意的に桑田さんの解説を受け入れているみたいですね。どっちかというと玄人受けする解説と言えるのかもしれませんね。

 

あんまり明るいタイプではないので、とにかく楽しく野球が見たいという方にとっては桑田選手の解説はちょっと物足りないと感じるのかも。

Sponsored Link

桑田真澄は澤村拓一、小林誠司に厳しい?

桑田真澄さんは解説で澤村拓一選手や小林誠司選手にけっこう辛らつなことを言っていたということでネット上で話題になったこともあるそうです。

 

澤村拓一選手についてはコントロールがわるくて、力だけで投げているということで「捕手もリードのしようがないですね」と厳しいことを言っていたそうです。

 

小林誠司選手に対しても、小林が盗塁のアシストとして打席でバットを振らないことを批判したことがあるそうです。

 

巨人の選手で期待している選手に対してはどうしてもちょっと厳しいいい方になってしまうのかもしれませんね。桑田真澄さんはコントロール重視なので、スピード重視でアドバイスも聞かない澤村拓一選手が嫌いというのもあるのかも(^^;

 

桑田真澄さんの解説は聞きやすくて私も好きですが、個人的には将来、巨人の監督とかコーチをやってほしいなと思いますね。頭脳派で分析力も高いし、巨人の野球も変わるような気がしますね。

 

ただ、巨人を自分の意志ででた選手が監督になるのは難しいといわれているようです。桑田真澄さんは巨人を退団してメジャーに移籍するときにちょっとごたついたことがあり、それが影響してるのではないかとも言われているようです。

 

このへんは巨人の掟みたいなのがあるみたいなので、コーチや監督就任はちょっと難しいかもしれませんが、待ち望んでいるファンも少なくないと思いますし、いつかみたいですね^^

 

 

最近はDAZNでプロ野球を見る方は増えているようですね。DAZNの解説者にはどんな人がいるのか紹介した記事も書いていますので興味があればこちらもどうぞ

↓   ↓   ↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です